ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

「在りし日の歌」

200403 地久天長 中国 脚本・監督:ワン・シャオシュアイ

f:id:grappatei:20200404124316j:plain

中国東北部の地方都市、1970年の終わり頃から30年に渡って、一人っ子政策に翻弄される普通の夫婦の軌跡をたどる。183分と長い作品だが、飽きることなく画面に見入ってしまった。どうでもいい挿話もあるにはあるが、全体によくできている。

f:id:grappatei:20200404125401j:plain

主演の二人がいい。取り立てて美人でもない女房と、じゃがいも顔の亭主、似合いの夫婦だ。このキャスティングが成功の第一歩。こういう気配りがいい。ここに美女やイケメンを投入されたら、ぶち壊しだ。

f:id:grappatei:20200404125909j:plain

時代感たっぷりの光景

隣人たちには恵まれて、ほとんど親戚づきあい。楽しい日々だっただけに暗転の辛さに耐えかねた二人は、住み慣れた土地を後にする決心を。

f:id:grappatei:20200404125539j:plain

一人息子シンシンを事故で亡くした夫婦、紆余曲折を経てもらい子をするが、結局いつかず、出て行ってしまう。2度めの別れだ。

f:id:grappatei:20200404130307j:plain

死んだシンシンとは生まれた頃からの幼馴染みのハオハオ、立派に成人して・・・。

出て行ってしまった二人目の息子(養子)が、その後成人して父親が経営していた工場を継ぐという突然の知らせをケータイで聞いて涙する二人、そしてゆっくりエンドロール。

どれだけこうした悲劇を産んだかわからない天下の愚策「一人っ子」政策!確かにあの時代は放置しておけば人口爆発は目に見えていたので、やむを得なかったのかも知れないが、やり方が下品、というかいかにも一党独裁国家がやりそうな、人権もへったくれもないもので、慌てて修正しようとしたが、もう間に合わない。今度は日本以上の少子高齢化に悩むわけだ。

それにしても映画を見ていると、中国の近代化のスピードには改めて目をみはらざるを得ない、と同時に日本は逆に停滞しっぱなしという体たらくで、その差をまざまざ見せつけられもする作品。

チェロが折々に奏でる中国版の「蛍の光」のメロディーが効果的に使用されていて、深く印象に残る。

f:id:grappatei:20200404132018j:plain

主演の二人はベルリン国際映画祭でそれぞれ最優秀賞を受賞するという快挙。

f:id:grappatei:20200404132126j:plain

映画祭での集合写真

#16 画像はIMBdから

「シェイクスピアの庭」

200327 ALL IS TRUE 英 101分 製作・監督・主演:ケネス・ブラナー

f:id:grappatei:20200328200636j:plain

サー・デイムの称号を持つ3人のシェイクスピア俳優による競演が見もの。

f:id:grappatei:20200328202530j:plain

1613年、ロンドンにある劇場グローブ座が舞台装置の不手際で焼け落ち、20年ぶりに故郷のストラトフォード・アポン・エイヴォンに戻ったシェイクスピアの晩年を描く。

まだ幼児だった期待の一人息子を亡くし、悲嘆にくれるシェイクスピアは連日、繰り言に明け暮れる。老妻アンは淡々としているが、二人の娘、とくに嫁入り前の次女はそんな父親にあからさまな反抗心と、死んだ弟に対する嫉妬心から、激しく父親を詰る。

美しい風景の中で、あの偉大な作家がごくありふれた家族問題で悩む姿が、どこか物悲しくもおかしく、親近感をもたらす。

ともあれ、3人の演技が見られるだけでも、本作は見る価値がある。アン・ハザウェイは実際にはシェイクスピアより8歳年上だったそうだが、ジュディ・デンチケネス・ブラナーより26歳も上とは知らなかった。

f:id:grappatei:20200328202556j:plain

監督兼主演だから、こういうことになる。撮影は大変だったろう。

撮影はストラトフォードではなく、バッキンガムシャーにあるドーニー・コート。ここは、これまでも数々の歴史ドラマが撮影された土地ということだ。

#15  画像はallcinemaとIMBdから

「三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実」

200423

f:id:grappatei:20200323194733p:plain

こんな記録が残されていたとは!1969年5月、あの悲劇的な事件からおよそ1年半前のこと。愚亭は社会人になって3年目。当時の学生運動のことはもちろん知ってはいたが、殊更関心を持って動向を注視していたほどでもなく、こんな熱のこもった激論を戦わせていたことは、チラっと人づてに聞いた程度。

この時44歳の三島は、千人の学生が待つ駒場へ向かった。今や遅しと彼を待つ900番教室は異様な熱気に包まれ、なにかが起きそうな気配も。現に最前列には、もしもに備えて、楯の会幹部も陣取っていたほど。

なにしろ当時の三島と言えば、現在では凡そ匹敵する者がないほどの人気と実力をほしいままにしていたいわば天才。それを相手に全共闘の猛者たちが議論をふっかけようという企画だから、猪木vsアリどころの騒ぎではない。

いうならば完全アウェイの状態で、三島は並み居る学生のなかでもとびっきりの論客たちを相手に威風堂々、終わって見れば、まあ大人と子供のようでもあり、学生たちを寄せ付けなかったのはさすがというべきか。いくら挑発されようが、泰然とし、学生達にある種敬意までも払いながら、自説を曲げることなくきちんと対応していたのにはただただ恐れ入る。

論客たちの中でとりわけ異彩を放っていたのが芥 正彦。彼と三島の論戦は息をのむほど凄まじい。いわば天才vs.天才のぶつかり合いだから、凡人にはなかなかついていけないが、まことにスリリング。

ただ学生たちがの中には、大先輩である天下の三島に対して、言葉遣いといい態度といい、終始無礼かつ非礼な者、少なからず。あるいは、三島がしゃべっているのに、やじを飛ばす学生も。それでも、三島は余裕で、一つずつ丁寧に答える姿が、ある種感動を見るものに与える。

全共闘の戦いもやがて自ら瓦解して、世の中の趨勢に飲み込まれて行く。当時の猛者たちのその後も映画では紹介されているが、最も先鋭的だった芥 正彦は、三島が自決したことにたいし、大願成就、よかったんじゃないの?と一言。

討論の中で、三島が仮に自分が君らと同様、非合法で暴力をもってして世間を騒がせ、官憲に拘束されるようなことになれば、その前に自決するなりして、潔く身を処すると、まるで1年半後の事件を暗示するようなことをさらりと言い放っている。そして最後に、「他はともかく、君たちの熱情だけは信じる」と。

f:id:grappatei:20200323221319j:plain

終わって見れば、学生たちとは「対決」というよりむしろ「共鳴」「共感」のような形となったのが、良し悪しはともかく、何かホッとしたようなものを感じた。

#14

 

「彼らは生きていた」

200321 THEY SHALL NOT GROW OLD (直訳だと「彼らに歳は取らせない」か?)英・NZ合作 99分 製作・監督:ピーター・ジャクソン

f:id:grappatei:20200321185607j:plain

 予告編を何度か見て、これは絶対に見逃せないと感じた作品。驚愕の作品だ。愚亭も一度行ったことがあるロンドン市内の戦争博物館の地下深くに、ずーっと眠っていた第1次大戦時に撮影された膨大な量の未公開フィルムを、この監督は1年がかりでチェックし、製作に取り掛かる。彼自身の祖父がこの大戦に参加していた因縁もどこかで感じたのだろう。

f:id:grappatei:20200322181430j:plain

当時自分たちが撮影されるのが物珍しいらしく、ほとんどがカメラ目線である。

冒頭から30分は、終戦後生還を果たした元兵士たちの証言が、標準サイズの白黒画面で延々と続くから、少々眠気を催す。しかし、突如画面が拡大、さらにカラー画面となると、迫力が一変する。その瞬間が素晴らしい!

先日見たばかりでしかも絶賛した「1917 命をかけた伝令」が絵空事に思えてしまうほど、ずっしりとした重みを感じるのは実写しか持ち得ない真実がそこにあるからだろう。

f:id:grappatei:20200322181545j:plain

英軍が世界に先駆けて開発したマーク戦車、1916年、ソンム戦で初登場。

兵士たちの生の声、これは画面に登場する兵士たちの口動きから発した筈の言葉を読み取り、できるだけ出身地に近い人物に喋らせるという気の遠くなるような作業を続けたという。また、ズシンと響く砲声、乾いた銃の炸裂音、etc.も、当時のものにしてはあまりに生々しいので、後からコンピューターで合成したものと思う。

f:id:grappatei:20200322181731j:plain

毒ガスが使用されたのもこの大戦。独軍が使用した。目をやられた兵士たち。

いわゆる塹壕戦の、あまりに過酷な様子が、本作で赤裸々に映し出され、胸が悪くなる。好天ばかりでないのは当然で、塹壕内はジメジメと不健康そのもの。横穴をわずかばかり掘って思い思いに寝ぐらにしている。

着っぱなし軍服、履きっぱなし軍靴、臭気は放ち放題、さらに便所があるわけでないから、その辺に穴を掘り、適当に木を渡して、その上に尻を乗せて一列に用をたす姿など、時折ユーモラスにも映るが、ほとんど目を背けたくなるシーンの連続。

1918年11月11日午前11時、ついに休戦が成立。むしろ優勢だった独軍側からの提案だったらしい。前線に厭戦気分が横溢したのは、両軍共だが。そりゃそうだ、なんのためにこんなむごたらしくも惨めなことを続けなくてはいけないか、両軍兵士、上から下までの共通認識だったろう。戦塵に散った兵士は両軍併せて百万人というから、驚く。

かくして命からがら祖国に生還できても、ほとんどの若者に暖かい出迎えが待っているわけではない。第2次大戦時と異なり、英国本土はほとんど被害を受けていないし、英軍兵士たちがどれだけ辛い思いをしたことも一般市民は知らされてないから、帰還兵に信じられないほど冷淡に接したらしい。

そうした真実が今明らかになるという点でも、本作を世に出したピーター・ジャクソンは称賛されて然るべきだろう。

#13 画像はIMBdから

オペラ「わが町」

200319

f:id:grappatei:20200320100806j:plain

このチラシも、実にオシャレだ。(素晴らしい作品で、なんでも褒めたくなってしまう)

上演が危ぶまれる中、ゴーサインを出した主催者の勇気には恐れ入る。こちらもギリギリまで半信半疑。(ちなみに高齢の姉は、チケットは買ってあったが、さすがに断念)

f:id:grappatei:20200320101728j:plain

粒ぞろいのキャスティングで成功の主因であることは間違いない。

チラシ裏面のキャプションにある通り、アメリカの平凡な地方都市に生きる市井の人たちのありふれた日常生活を14年というスパンで描き出した物語を、日本人がオペラに仕立て上げ、さらにチェルケット・ドールと称する小歌劇座が、その旗揚げ公演として取り上げたという次第。

舞台はシンプルそのもので、両側に椅子が並び、奥にベーゼンドルファー。登場人物もモノクロ衣装で、一切の無駄を省きました!という主張を感じた。ピアノが刻む単調な旋律がしばらく続いた後、進行係が町の様子を、よく通る歌唱と巧みな話術で観客に紹介し、物語が始まる。

演奏会形式ゆえ、全員が楽譜を持ち、移動など動きは最小限、わずかに表情などで感情を伝えていく程度。日本語だから、しっかりと筋が追えるのはありがたい。正味120分強と、実は意外に長いのだが、それを感じさせなかったのは、構成、演出、もちろん演者たちの歌唱・演技の妙だろう。

終幕は、結構哲学的な展開に。平凡さの中にキラリと輝く大事なものが潜んでいることに人間は気づかないもの、そしてそのまま生を終えていくのだ、というような人生観のごときものを進行係に語らせる。そういえば、先日、某朝刊に古代ローマの哲人セネカの言葉が紹介されていた。「時間だけが、これぞ自分のものと言えるものだ。これこそがどんなに感謝してもし足りないほど値打ちのある唯一つのもの」

こんな時期だけに、久しぶりに上質な音楽会が楽しめたのはラッキーだった。

#10