ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

オペラ・ブーフ「エトワール(星占い)」@新国立劇場 中劇場

190915

f:id:grappatei:20190916120915j:plain

10年前の本邦初演時のポスターと同じデザイン

本邦初演はちょうど10年前となる2009年10月で、会場は我が家近くのアプリコ大ホール。当時、すでに応援していた江口二美が出演ゆえ、もちろん見に行っている。▶️(その時の記事

ウィキペディアによれば、世界初演は1877年、パリのブッフ・パリジャン座(後述)である。エマニュエル・シャブリエ(1841-94)が36歳の時の作品。この人、前半生がサラリーマンで、作曲期間が14年と短ったため、狂詩曲やとくにピアノ曲は多数作っているがオペラについては、喜歌劇3本、歌劇1本と寡作である。セザンヌや、モネ、マネと親交があったというのが興味深い。それゆえ、印象派絵画的な色彩の作品が少なくないと表する批評家も。そういう風に聞けば本作にもその香りが若干しないでもない。

10年前の舞台は、実はあまり覚えていないのだが、同じ演出家とは思えないほどの違いを感じた。どちらがどうということではない。歌は原語(仏語)、それ以外は日本語であるのは前回同様で、この方式だと、歌にはオリジナルのよさを感じつつ、それ以外は日本語での自由なプロットを用意できるという利点がある。今回も随所にパロディーや隠喩的表現を取り入れて、楽しい舞台に盛り上げていた。

セットはなにやら童話風の可愛らしいもので、同じものではないが、前回のブログ記事にある写真を見る限り、似たようなものだったようだ。割に簡単なセットで、3幕とも同じものを使用。

前奏は6分ほどだが、木管を主体にした軽快なメロディーでこれから始まる楽しい舞台を予告している。これは全編を通してだが、木管とホルンの出番がすこぶる多く、その点はきわめて特徴的である。

青年(今回もソプラノ)ラズロと、最後に結ばれる王女のラウラを軸に王様のウーフ1世や側近のシロコが絡んで進行していく。ごく単純な物語で、この辺は喜歌劇のいいところであり、楽しい部分と言っていいだろう。

ラズロの醍醐園佳、見目麗しくタッパもあり、まさに本役にぴったりのソプラノで、歌唱もしっかりしていて、申し分ない。ラウラ姫の江口二美は、このブログには最多登場なので、今更付け加えることはない。醍醐と江口の声質が実はかなり似ていて、わずかにヴィヴラートだけが異なるというほどで、二重唱の相性は完璧である。

王様役の青栁素晴は、かなりひょうきんな王様という設定で、全編、「ホッホッホ!」という奇声を発し続ける。ややアイゼンシュタイン風で、衣装もどこか共通しており、こういう役柄は青栁が最も得意とするものになっているような気がする。テノールだが、下の声がかなりバリトンにも通じるという、今の日本では得難いテノールの一人だろう。

それにしてもフランスでもあまり上演されることのないオペラに取り組むオペラプロデュースという団体は大したものである。これからもこうした目立たないが傑出する作品の上演をぜひとも続けて行って欲しいと、オペラファンとしては願わずにいられない。

この中劇場だが、響きのいいホールだが、気に入らないのは、客席スペースの割に前後を結ぶ通路が2本しかないから、中の方に座ったら悲劇だ。着席客を掻き分け掻き分け移動しなければならず、えらいことになる。必ず通路側の席か、最前列に陣取るしかない。先日行った築地の映画館、東劇ほど足回りの空間を広く取っていれば、問題ないのだが、やはり計算上そうは行かなかったらしい。

蛇足ながら、前出のブッフ・パリジャン座だが、何年かまえにパリへ旅行した際、宿泊したホテルの隣に今でも存在する。ジャック・オッフェンバックの「天国と地獄」などもここで上演されたことのある名門劇場の一つだ。偶然隣に宿を取ったまでで、当時、この劇場がそれほど由緒あるものとは気づかなかったのが我ながら情けない。

f:id:grappatei:20190916140615p:plain

ブッフ・パリジャン座正面

f:id:grappatei:20190916140756p:plain

右側に見えるのがホテル・アスコット。

#60(文中敬称略)

「ディリリとパリの時間旅行」

190910 DILILI A PARIS 94分、仏・ベルギー・独合作 脚本・監督:ミシェル・オスロ

f:id:grappatei:20190911110330j:plain

アニメ作品を映画館で見ることは稀だが、予告編を見ていて無性に大きな画面で見たいと思った。それと先日放映されていた故高畑 勲についての番組にオスロ監督が登場して高畑にたいするオマージュを語っていたのを見たことも本作を見たくなった一因。

f:id:grappatei:20190911113352j:plain

ヴァンドーム広場

日本やアメリカのアニメとは明らかに一線を画した製作法に興味をそそられた。背景は実写を主として使い、そこに陰影のないペタッとした画法でフィギュアを乗せ、更にそこでは、フランス人らしい色調感覚やら誇張したデフォルメによる人、動物などが奇妙にマッチしていて、実に独特の世界が創られている。

f:id:grappatei:20190911111243j:plain

外観、内装ともに世界に冠たるパリ・オペラ座ガルニエ宮

ストーリーは、ニユーカレドニアから来た少女ディリリが仲良くなった配達人オレルの案内でパリの名所めぐり、途中、怪しげな男たちの集団に襲われ、逃亡しつつ反撃するという他愛のないもの。

f:id:grappatei:20190911113050j:plain

坂だらけのモンマルトル界隈も克明に描かれている。

だが、バトー・ラヴォアール(洗濯船)では、ピカソマチス、モジリアニ、アンリ・ルソー、シュザンヌ・ヴァラドンなどが自作の絵と共に登場したり、ムーラン・ルージュでは制作中のロートレックと親しくなったり、オペラ座の地下水路から脱出する際は、歌姫エマ・カルヴェ(歌声はナタリー・ドゥッセー)が助っ人で登場したり、ロダンのアトリエを訪ねて、カミーユ・クローデルを紹介されたり、キュリー夫人、パストゥール、プルーストなどなど多数似顔絵で登場するから、それだけでも面白さが倍加する。

f:id:grappatei:20190911113131j:plain

エクトル・ギマールの作品らしい建物がディリリが仮住まいしている館。

また、街角には一見してそれと分かる、サラ・ベルナールを扱ったミュシャロートレックのポスターを貼った広告塔が目立つ。音楽関係では、エリック・サティが登場して自作のグノシエンヌを演奏してみたり・・・

f:id:grappatei:20190911113233j:plain

今もこのままの姿のパサージュ・ジュフロア。今もパリ市心にこのようなアーケードが数多く残っている。

まあ、この調子で、実に楽しい映画に仕上がっている。美術、音楽、パリ好きには必見の作品。

 

#55 画像はIMDbとオフィシャル・サイトから。

エウテルペ楽奏団第30回定期演奏会@練馬文化センター大ホール

190908

f:id:grappatei:20190909094316j:plain

日舞台に乗る合唱団の一人から急なお誘いがあって、台風が近づく中、蒲田での地元合唱団の練習を終えて、練馬へ急行。練馬はさすがに遠い。

演目の中ではメンデルスゾーンカンタータ、「最初のヴァルプルギスの夜」に興味津々。普段それほど聞くことの多くない作曲家だけに、滅多にない機会だけに、楽しみも倍加。合唱とソリスト(それも珍しくソプラノ不在)の掛け合い演奏にもワクワク感が。

f:id:grappatei:20190909101039j:plain

キャリア20年のこのオケ、見事な響き。ホルンのうまさが際立っていた。橘 直貴は初めて聴くが、巧みな棒さばきで楽団員からの信頼も最強の印象。

幕間にマエストロトークとゲストとして榊ララという大学院生が登場、卒論にメンデルスゾーンのこの曲を取り上げたというから、余程のメンデルスゾーン狂と見た。いささか子供っぽいいでたちで登場したが、中身はなかなか立派で、解説振りも堂に入っており、場慣れしている感じがした。最後に、マエストロにこの曲に対する意気込みはいかがかと逆に質問するなどして会場の笑いを誘ったほど!

彼女の説明を聞いたからという訳ではないが、前奏の弦の響きの泡立つようなザワザワっとした感じがこれからいい曲を響かせるという予告のようにも聞こえた。

短期間でここまで持ってきた合唱団も素晴らしいと思ったが、ソリスト陣との対話が実に心地よく、配布された対訳を見ながら眠気も催さずしっかり最後まで聴いた。

ヴァルウルギスと言えば、まっさきにベルリオーズ幻想交響曲を思い出す。ドルイド(Druid)教を信奉するケルト族集団(古代フランスやイギリスにも存在)と対峙するキリスト教徒が登場する。狂宴する集団の騒ぎにキリスト教徒たちがおびえるところで終わる。

おどろおどろしい内容だが、曲そのものはむしろ淡々としていて、最後まで小気味好く自分の耳には響いていた。今日のソリスト陣、全員過去なんども聴いている。

f:id:grappatei:20190909110834j:plain

ソプラノ不在で、紅一点の向野由美子はベテランのメゾ。アルトという表示があるが、確かにこの曲では低音域がほとんどで、ちょっと向野には歌いづらかったのではと勝手に想像する。アンコールではバッハのマタイ受難曲からNr.47をコンマスの独奏バイオリンと共演。

土崎 譲は日声協の合唱団で何度か指導を受け、また吉田貴至主宰のA LA CARTEシリーズでも聴いているテノーレ・リリコ。籔内俊哉は、わが地元合唱団の定期演奏会でも客演してもらったことがあるが、最近では二期会本公演「魔弾の射手」のオットカール役を射止めるなど、進境著しい。

成田 眞には今年のヴェルレクでお世話になったが、深く沈んだ低音からハイ・バリトン領域までカバーする本格派バス・バリトン。アンコールでのメンデルスゾーンのオラトリオ「エリア」Nr.26でも本領をいかんなく発揮。

しめくくりのアンコールは、バッハのカンタータNr.147、「主よ、人の望みの喜びよ

f:id:grappatei:20190909112512j:plain

右端、土崎 譲、左へ向野由美子、籔内俊哉、成田 眞。籔内と成田の間に見えるのが独奏ヴァイオリン奏者、コンマスの酒井文章。

f:id:grappatei:20190909112852j:plain

舞台上で見た感じとは大違いの、まるで少女のようなマエストロ!

#59 文中敬称略

METライビビューイング「カルメン」2009 アンコール上映

190907 今年3月に2018-2019シリーズの「カルメン」を見ている。➡️その時の記事 

演出・振付・指揮は今回とまったく同じで、さらにドン・ホゼ役もロベルト・アラーニャ、大きく異なるのはのはカルメン役が今回はエリーナ・ガランチャというところで、彼女のカルメン見たさにわざわざ暑い中、東劇まで行った次第。

やはりガランチャ(44歳)の偉大さがよく分かる。演技のキレが全然違う。これを見ると、2019ヴァージョンでタイトル・ロールを演じたフランス人クレモンティーヌ・マルゲーヌ(35歳)が、歌唱はともかく演技にぎこちなさが目立っていたことがよく分かる。ガランチャと比べるのは気の毒過ぎるが。

f:id:grappatei:20190907194715p:plain

f:id:grappatei:20170119193903j:plain

同じ衣装を着ているが、マルゲーヌはご覧の通り、かなりポッチャリ型。

今回のアンコール上映は、今からちょうど10年前の公演だ。この時、ガランチャは34歳、妖艶な演技は堂に入ったもの。これほどのカルメンは滅多に見られないと思う。顔立ちもラトビア出身だが、彫りが深くスペイン風で、体型も締まっている。どうしても、前出のマルゲーヌは分が悪い。

ホセ役のアラーニャ、10年前はこんなにも艶やかでよく通る美声だったんだと改めて10年の重みを知ることになった。

f:id:grappatei:20190907194914p:plain

ラストシーン近く、ホセが手にしていたのはなんと本物の短剣で、カルメンの顔面近くの床に突き立てた迫力が凄かった。実際にカルメンを刺すシーンでは、正面からは死角にして、うまく刺したように見せていて、巧みな演出だ。

今回、ミカエラ役には名手、バルバラ・フリットリ。10年ほど前に東京で聴いていて、巧さは確認済み。この方、かなりししおきが立派なので、通常の清楚なミカエラではなく、いかにも田舎から出てきたおっかさん風で、絵的にはそれはそれでいいのかもと無理やり自分を納得させた。

エスカミリオを演じたテディー・タフ・ローズは3時間前に急遽代役依頼があったと、幕間のインタビューで明かしていたが、その割には十分稽古していたようで、大きな破綻はなかったものの、やや地味なエスカミリオで、さらに高音にいささか問題があるような印象。珍しくN.Z.出身で、地元クライストチャーチで32歳まで会計士をやっていたという異色の経歴の持ち主。

今回、3月の時より興味深く見られたのは、7月に日声協の合唱団で「カルメン」を歌ったいたので、自分たちが歌った場面を世界最高の舞台で合唱がどう歌うか実に興味深かった。

指揮のヤニック・ネゼ=セガン(何国人か分からないような名前だが、カナダ人、45歳、この撮影時は35歳!)の振り方は緩急がすごくはっきりしていて、タバコ工場の場面では遅く、しかも静かに歌わせているが、ラスト近くの合唱場面では俄然超特急となり、それについて行った子供達が素晴らしかった。

久しぶりに東劇に来たが、広々していて快適そのもの。とくに前の座席とのスペースが大きく取ってあり、後から来た客でもすんなり通れるのは素晴らしい!小学校時代、一時豊洲に住んでいて、この劇場が一番近く、結構足を運んでいた。「絶海の嵐」(セシル・デミル監督、ジョン・ウェイン主演)や「歌劇王カルーソ」(マリオ・ランツァ主演)などを見た記憶がある。

 #54

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

190905 ONCE UPON A TIME IN HOLLYWOOD 161分 米  製作(共)・脚本・監督:クエンティン・タランティーノ

f:id:grappatei:20190906101355j:plain

1969年のハリウッド、落ち目の西部劇スター、リック・ダルトンレオナルド・ディカプリオ)と、相棒で彼のスタント役、クリフ・ブース(ブラッド・ピット)の二人が主人公。

一応、ハリウッドの豪邸に住んでいるものの、隣に売れっ子監督ロマン・ポランスキーと、これまた今をときめく女優シャロン・テート夫妻が引っ越して来たことから、いやでもいっそう凋落感を味わうことに。

なんとか這い上がろうと二人で策を練るが、西部劇全盛時代が終焉に向かう流れは止めようがない。名プロデデューサーからの勧めもあり、マカロニウェスタンに出演することにして、なんとか活路を見出すのだった。

時はベトナム戦争末期で、特に若者の間には厭戦気分横溢、ヒッピーが跋扈し、その流れをうまく利用した、怪しげな宗教教祖的チャールス・マンソンなども登場し、全米を震撼させたシャロン・テート事件が起きる。こうした当時の世相や事件を背景にし、実在の人物も取り込みながら構成していく術はタランティーノらしく、冴えている。

本作では、マンソンに巧みに操られた若者がリックたちの家に殺人目的で忍び込んではみたものの、たまたまヒッチハイクで乗せたヒッピーからもらったLSDを飲んでラリっているクリフが相手では、どうにもならない。さらに、クリフに飼いならされた猛犬に攻撃され、そこに駆けつけたリックが、以前撮影に使った火炎放射器を持ってプールで暴れまわる女を焼き殺すシーンはいかにもタラちゃんらしく、笑ってしまった。

リックにはモデルがいるらしいが、愚亭にはマカロニウェスタンと聞いて、こりゃクリント・イーストウッドに違いないと思った次第。

それにしても走っている車、街並み、人々の服装などなど、時代感がたっぷり、ついでにMrs. Robinson(Simon&Garfunkle)など、当時のヒット曲が次々に出て来て、あの時代の郷愁に浸れる。

それになにより、ディカプリオブラピという贅沢な共演は、タラちゃんだからできたのだろう。この二人、普段から仲が良く、息もピッタリだし、今後も共演作が生まれる可能性がある。

シャロン役のマーゴット・ロビー、確かにどことなくシャロンに似ているかも知れないが、やや上品さに欠ける。「アイ、トーニャ、史上最大のスキャンダル」2017、「二人の女王 メアリーとエリザベス」2018 ほかでも見ているが、あまり好きなタイプではない。

撮影所でブルース・リーと思しき東洋人が登場し、例の奇声を発しながら、クリフと格闘するが、あっさり倒されてしまうのには正直がっかり。あのシーンはなんのために入れたのか。ブルール・リー役を何人かめぼしい東洋武術家に話に行ったらしいが、内容を知って、断られたという。そりゃそうだよ、こんな役、誰がやるかって。

さて、触れておきたい俳優がもう二人。一人はダコタ・ファニング。現在、NETFLIXで見ている「エイリアニスト」では、かなり肉付きのいい婦人警部役を見ているところだが、本作では、マンソンのアジト、ヒッピーたちの根城である郊外の牧場で若い子たちを束ねるやり手ババアのような役を演じていて、よく見ないと分からないほど。ほんの端役だが、なんでも演じ分けられる才能はなかなか。

ついでに、子役のトゥルーディ役のジュリア・バターズが単に可愛いだけでなく、見事な演技を見せる。撮影時8歳らしいが、末恐ろしいほど。寝たきり老人としてほんの一瞬しか出てこないが、ブルース・ダーンが見られたのも嬉しいね。

エンド・クレジットの出し方も、当時はやりのスタイルと色彩を踏襲している。ところで、ONCE UPON A TIME IN・・・は「昔々、あるところに」であり、かつて、タラちゃんが尊敬するセルジョ・レオーニ監督のONCE UPON A TIME IN THE WEST,それとONCE UPON A TIME IN AMERICAがある。もちろん、このタイトルを借りたのだ。

#53 画像はIMDbから