読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

「これぞ暁斎!」@Bunkamura ザ・ミュージアム

美術

170323 ブロガー対象の内覧会に参加した。

f:id:grappatei:20170324123115p:plain

⬆️⬇️は配布されたチラシから抜粋

f:id:grappatei:20170324124749j:plain

f:id:grappatei:20170324124814j:plain

河鍋暁斎がどれほど凄い画人だったか、人並み以上の情報は持っていたつもりだったが、本展で展示されている173点にも及ぶ作品群を見て、しばしボーゼンという体たらく!いやはや、凄まじいまでの画力・筆力を備えた画家がいたものと、今更ながら呆れると同時に、同じ日本人として誇らしく感じさせられた展覧会と思った次第。

暁斎の略歴を展覧会ホームページでは、以下のように紹介している。

f:id:grappatei:20170324124012p:plain

内覧会は7時半にスタート。まずは中村剛士さん(⬇︎右端)×チバヒデトシさん×黒田和士学芸員(同じく左端)によるギャラリー・トーク。ここで展覧会概要の解説があり、その後、厳選された代表作を巡りながら、詳細な説明が入るという、ありがたい趣向で進行。あとは自由鑑賞と撮影タイム(1点撮りは厳禁)となる。(以下に掲載する画像はすべて主催者から特別な許可を得て撮影したものです。

f:id:grappatei:20170324124151j:plain

世界屈指の暁斎コレクターという触れ込みのイスラエル・ゴールドマンのコレクションの一部らしいが、まあよくぞここまで収集したと驚くしかないが、収集のきっかけ、第一歩となったのが、この小さな作品だったというのも面白い。

f:id:grappatei:20170324135730p:plain

『象とたぬき」(1870)という小品。大きな象と小さな狸がユーモラスに描かれている。対象物に対する優しい眼差しを感じることができる作品の一つである。

f:id:grappatei:20170324140838j:plain

入口付近のちょっとしたスペースの三面にずらりと掲げられているのはカラスばかり。全部で14枚。暁斎は全部で30点ほどはカラスの作品を残しているということなので、展示されているのは、ほぼ半分程度ということになる。

f:id:grappatei:20170324140650j:plain

彼の作品群の中で、極めて特異な位置を占める枝にとまるカラス。ものすごい筆のスピードが実感できる作品群だ。

f:id:grappatei:20170324141624j:plain

鍾馗さんも彼が得意としていた題材のようだ。上の三枚は、依頼主がいたので、真面目に描いているが、左側には⬇︎鬼を崖上から吊り下げてみたり、サッカーボールのように空中高く蹴り上げているなど、自分の好きなように遊び心でユーモラスにのびのびと描いていて、この辺りにこそ、これぞ暁斎!の面目躍如たるところが感じら、みている方もつい笑みがこぼれる。

f:id:grappatei:20170324145926j:plain

f:id:grappatei:20170324141827j:plain

おそらく自分で実際に見ることがかなわなったであろうに、こうした大型動物たちをも見事な筆騒ぎでものにしている。

f:id:grappatei:20170324142712j:plain

f:id:grappatei:20170324142725j:plain

f:id:grappatei:20170324142735j:plain

右側の作品にも描かれているが、彼の作品にしばしば登場するのは、こうした骸骨や髑髏、幽霊など。来世をごく身近に捉えて、それを見るものに伝えたかったのだろうか。

f:id:grappatei:20170324144222j:plain

出口に近い位置に掲げられているのは、六曲一双の屏風絵、「百鬼夜行」。可愛らしい妖怪たちが右から左へと行進していき、左端の大きな火の玉を見て、慌てて逆行する姿を描いている。

彼の作品に心酔した人の中に、英人建築家ジョサイア・コンドル(1852-1920)がいる。政府のお雇い外国人として来日、日本の近代建築に大いなる貢献をした人物だが、趣味人としても有名で、やがて暁斎に師事し、暁斎から画号を贈られたりしている。もちろん自身、多数の絵画作品も残し、また英国では暁斎を詳細に紹介する本を出版している。そのような事情もあり、国内以上に、暁斎の名は欧米で広く知られるようになった。

会期は4月16日まであと三週間あまり、本当の暁斎を知る絶好のこの機会を逃す手はないと思うが。

 

「ラ・ラ・ランド」

映画

170322 アカデミー賞は、主演女優賞(エマ・ストーン)、監督賞(デイミアン・チャゼル)ほか、4部門を獲得したのも十分うなずける作品。それにしても、この監督、32歳というから驚く。「セッション」を撮った時は20代だからね!

f:id:grappatei:20170323125028j:plain

いやぁ〜、久しぶりに味わうアメリカらしいミュージカルで、大満足(ちょっとハッピー・エンディングでないのが・・・)

f:id:grappatei:20170323131507j:plain

幕開けで繰り広げられる「これぞアメリカン・ミュージカル」と唸らせるシーン!

f:id:grappatei:20170323125618j:plain

主演のこの二人のうまさには、参った!このキャスティングのうまさには感動する。こうした歌や踊り、楽器演奏を伴う欧米系作品の主演者は、徹底的に特訓をして、自分で演じてみせることが多いが、本作でも、ダンスシーンはもちろん、ライアン・ゴスリングのピアノ演奏シーンも、ほぼほぼ自分で演奏したようだ。あらかじめ吹き込まれた演奏を聴きながら、毎日2時間、週6日のペースで8週間以上猛稽古を積んだという。

一緒に演奏している本職のジャズ・プレイヤーも舌を巻いたというから、やはりゴスリングのは只者じゃないのだ。

f:id:grappatei:20170323131423j:plain

女優を目指しながら、何度も挫折するミア(エマ・ストーン)、自分のライブハウスを持ちたい夢を持ちながら、とても無理と諦めているセブ(ライアン・ゴスリング)が、互いをよく知らないまま、いつしか恋に落ち、やがて彼女は女優の仕事でパリへ。時は流れ、5年後・・・。

f:id:grappatei:20170323131441j:plain

数多のハリウッド映画の舞台になってきたハリウッドの丘が本作でも重要な舞台になっている。また、数多くの名作、「カサブランカ」、「理由なき反抗」、「パリのアメリカ人」、「ミッドナイト・イン・パリ」etc. へのオマージュ的場面が次々に登場するが、こうした作品を見ていれば、余計に楽しめるという仕掛け。

f:id:grappatei:20170323131605j:plain

チャゼル監督⬇︎の「セッション」で名演を見せたJ.K.シモンズ、出番は少ないが、存在感は抜群。

f:id:grappatei:20170324094528j:plain

また登場する楽曲が素晴らしいし、エマ・ストーンの歌唱にもしびれる。文句なしに楽しめる作品!

#14 

古楽器の伴奏で、小編成モツレクを聞く@浜離宮ホール

170319

f:id:grappatei:20170320152752j:plain

今年の海の日のチャリティーコンサートで、モーツァルトのレクイエムを歌うことにしているので、大いに参考になったこの演奏会だが、まずは古楽器の群れにびっくり!博物館から借りてきたのかと思うほど、不思議な格好の、超珍しい楽器も登場、もうこれだけでも、今日聞きに来た意味があったかと思うほど。

f:id:grappatei:20170320153310j:plain

使われたオルガンがこれ!一般にポジティフオルガン(1段手鍵盤チェストオルガン)

と呼ばれるもので、ご覧のように小さいながらもパイプを並べて、下からふいごのように風を送って音を鳴らす仕組み。当然、大きい音は無理だが、大変典雅な味わいで、このような演目にはぴったり。

弦楽器も、中には何丁か古楽器も混じっていたし、弓も古楽器仕様のものを使っている団員がいた。

管楽器にはピストンなしのトランペットや、かなり形の違うトロンボーンオーボエ、そして、冒頭に書いた、名前も知らない、途中で折れ曲がったリード楽器らしきものも2丁。古楽器ゆえに音量は小さいが、いかにも古楽器という風情に大いに魅了された次第。

合唱団は全部で25人ほどで、男女半々。モツレクを歌うにはかなりの小編成だが、古楽器との音量のバランスを考えれば、これがちょうどいいのだろう。

ソリスト陣も素晴らしかったし、見事なアンサンブルを聞かせていただき、大満足!

#14

勅使河原マジックの「魔笛」@神奈川県民ホール

170318

f:id:grappatei:20170318182610p:plain

こうして改めてチラシを眺めると、ほんとうに凄い顔ぶれのキャスト陣なのだ。それ以上に凄かったのは、やはり勅使河原三郎が創り上げた世界だろう。演出、装置、衣装、照明、etc. 、どこを切り取っても、楽しくなければオペラじゃない、と言わんばかりだ。

この舞台、昨秋名古屋での公演で、すっかり日本オペラ界の話題をかっさらった観ありで、実際にその時の舞台を見た友人たちから随分聞かされており、愚亭も首都圏での公演を待ちかねていた一人だ。

本公演のキーワードの一つは円だろう。本人も「演出ノート」に書いているが、さまざまなサイズの輪っかが登場する。神の世界と人間の世界を取り持つきっかけの一つとしたかったのか、まあ観る人、それぞれに解釈は委ねられているんだろうが、愚亭にはそんなメッセージ性が感じられた。

ところで、後半、それまでのものより圧倒的に大きな、直径10メートルはあろうかと思われる輪っかが登場し、これが舞台の進行に合わせるように、角度や高さが変化するのだが、天井裏で人間が操作するのか、コンピューターが使われているのか、舞台そっちのけで、あらぬ方へと興味が湧いてしまった。

ついでに、色彩的効果についてだが、今回の基調は白!それに黒と赤が交じり合い、それ以外の色彩はことさら排除していたように思う。通常、鳥刺しパパゲーノと言えば、派手なグリーン系のコスチュームが使われるが、今回は白一色。当然、パパゲーナも同様。

さらに意外なのは、一般的には黒で表現されるモノスタトス(青栁素晴)だが、これまた真っ白け。しかも、足元までのだるま風の被り物で全身が覆われ、野球のグローブのような大きな手を持つ2本の腕が胴体からニョキッと突き出ていて、もうそれだけで笑ってしまう。

ザラストロ(大塚博章)も白、頭部には連獅子を思わせるようなフサフサの長い髪が垂れているという趣向。神官も、頭だけ出して、首から下は円錐形という具合で、次々と異様な風体の演者が現れる。

もう一つ、字幕の他にナレーションが入る。それをダンサーが舞台上でやるのだ。進行役だが、解説が入る分、振りが省略されることがある。パパゲーナは老婆姿で現れ、パパゲーノと老婆の声でのやり取りが入るのが一般的だが、それらは一切なし。老婆風から、いきなり若いパパゲーナが登場。この役の醍醐園佳は楽だったろう。

パミーナの嘉目真紀子は一層安定感を増している。夜女の安井陽子、さすがの地獄の炎だ。パパゲーノの宮本益光は、最近、出演よりプロデュースに重点を移しているような活動ぶりだが、久々のこの役を存分に楽しんでいるようだった。

長丁場ゆえ、途中で必ず睡魔に襲われることになる魔笛だが、今日は襲われずに済んだのは、やはり勅使河原マジックだったのだろう。

#13 文中敬称略

 

 

iPhone6の空き容量を一気に増やす

170316

2年前の購入時に、あまり深く考えないまま、16GBの機種を買ったのだが、次第に容量が足らなくなり、とうとう1GBを下回ることに。そのせいで最近では、写真を撮るのも一苦労。

そこで、この際、一旦初期化してみることに。あらかじめ、データをiCloudにバックアップし、その後、初期化。もしバックアップがちゃんと取れてないと、大変なことになるなぁと、いささか不安になるが、決行!

心配していた復元も、画面に出てくる指示通りにやってれば、何の問題もなく復元終了!一気に8倍近い7.5GBまで空き容量が増えた上に、それまでより動作もサクサク。期待以上の結果に大満足!