ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

「カルメン」本番!「海の日のチャリティーコンサート」@藝大奏楽堂

190715 当日の降雨が心配されたが、なんとか降り出さず、この点はラッキーだった。過去15回で、雨天は一度だけというから、これもまたすごい。そう言えば、過去2回参加した時は、暑さにあえぎあえぎ、会場入りしたのを覚えている。

f:id:grappatei:20190716153934j:plain

今年もこの季節になった。'16(ロッシーニの「小荘厳ミサ」)、'17(「モツレク」)に続いて、3度目の合唱団員としての出演を果たした。昨年の演目はカバレリアで、これも歌いたかったのだが、「椿姫」と練習がかぶるため、断念。

4月から15回の練習を重ねて、なんとか聞いていただけるレベルまで来たという感慨がある。指導の先生方も、それは認めていただいていると思う。自分は最終段階でぎりぎり暗譜ができて、本番はほとんど楽譜に目を落とすことなく歌い通せて、かなりの満足感を味わった。

今回、初めてフランス語による歌唱ということで、歌そのものより、多くの団員はフランス語で苦労したようだ。フランス語の発音に精通する指導者も何回か登場し、悪戦苦闘の末、歌えるレベルに仕上げた団員たちの苦労は褒められてしかるべきと思う。

f:id:grappatei:20190716155713j:plain

自分が出演するようになる以前は、4回ほど客席から楽しんだこのコンサートも、出演者が固定化されて新味が打ち出せない印象がある。今回はカウンターテナー村松稔之、ソプラノの相島百子メゾソプラノ佐間野朋美などが初登場で、わずかに新味と言えるが、もう少しこの層を厚くして欲しいものだ。

最後に登場した大御所3人は、まさにこの公演をずーっと担い続けた功労者でもあり、定位置での出演。ただ正直、この先どこまで歌い続けられるか、失礼ながら、いささか疑問符がつく。それでも、ベテランの味わいとでも言おうか、バリバリ歌う若手、中堅どころとは違う”何か”を感じた聴衆は少なくなかったようだ。こういう人たちが加わることで締まりが出るという要素は否定できない。難しいところだ。

歌い終えて、楽屋裏で指導の先生方からの講評を聞く。例年のことだが、たんなる褒め言葉ではなく、いずれの先生方も、特に高齢者には励みになるような一言が嬉しい。これを聞くだけで、また来年も出演したいという意欲が湧くから不思議だ。

合唱団員は、ゲネプロの一部(全体の半分ほど)を聞くことができるのは大きな特典で、その時間になると2階のバルコニー席へ翔ぶが如く急ぎ、1曲も聞き漏らすまいと思う。そんな中で聞く機会のなかった小林大祐による「あんこまパン」が、家人にはえらく評判がいい。日本語だし、笑いの要素たっぷりで、この種の曲をもう少し加えてはどうかと思った。

全体に、一般客が知らない演目が7~8割は占めていたようだが、その辺、選曲にはもう少し工夫の余地がありそうに思われる。

f:id:grappatei:20190715204844j:plain

ナブッコを歌い終わった直後の全体写真。日声協のHPから拝借しました。

f:id:grappatei:20190716160930j:plain

f:id:grappatei:20190716160949j:plain

合唱団、退場。

f:id:grappatei:20190715205523j:plain

終演後、舞台裏で撮影されたもの。目の前でこの光景を見ていた。日声協のHPから。

 

文中敬称略

小学校のミニクラス会@銀座の蕎麦屋

190712 HOTEL MERCUREの裏側の殺風景な一角におしゃれな蕎麦屋がぽつんと。

f:id:grappatei:20190713111608j:plain

銀座の裏通りにひっそりと

f:id:grappatei:20190713111638j:plain

その日のそば打ち人を掲示してる。

コースで注文、最後にお蕎麦で締めるのは、やはりオツなもの。@¥5,200は充実のコスパ

 

f:id:grappatei:20190713111712j:plain

クラス会のメンバーは今のところ、十数人だが、飲める人は3人しかいないのが寂しい。

 

「田園の守り人たち」

190712 LES GARDIENNES (守る人、管理人)脚本・監督:グザビエ・ボーヴォア 音楽:ミシェル・ルグラン

f:id:grappatei:20190713085500j:plain

朝から日が暮れるまで、牛の乳搾り、大きな牛2頭を操りながらの畑の耕起に汗を流し、作物の刈り取り、種まき、合間に洗濯、料理、アイロンがけ等々、なんでもこなし、雇い主からも期待以上と気に入られ、一月だった契約も少しずつ延長してくれ、やがて来年もぜひいておくれとまで言われ、有頂天。なのに突然の解雇宣告とは!

大きな農場をきりもりする老齢のオルタンス(ナタリー・バイ)は、二人の息子(コンスタンとジョルジュ)と、一人娘ソランジュ(ローラ・スメット)のつれあいクロヴィスと3人もの頼みの男手を戦争に取られ、とてもこれまで通りの作業をこなせないと思い悩む日々。

そこで村長から若い娘、フランシーヌ(イリス・ブリー)を紹介され、さっそく雇い入れることに。すると無駄口一つ叩かないで、黙々と細かい作業から力仕事までこなしてしまうフランシーヌを気に入り、契約期間の延長まで提案するほど。

そこへ次男ジョルジュが一時帰休で戻ってくることで、事態は一変する。年頃の男女が一つ屋根で生活し、農作業も一緒にこなすことになれば、なにかが起こらないわけがない。たまたま村には前線へ送られる前に一時滞在するアメリカ兵が駐屯して、農場にも手伝いに。

この中の手の早い男とソランジュが間違いを起こし、気づいたオルタンス、濡れ衣をフランシーヌに着せて、ジョルジュのフランシーヌへの思いを断ち切り、同時にソランジュの名誉を口さがない村人から守ろうとしたことから、急展開、やがて・・・

まるでミレーやコローの絵のような世界が広がる大地を舞台に、第1時世界大戦の荒波に翻弄される農村一家の日常風景や、一家の次男とよそから手伝いに入った若い女との瑞々しい恋愛を、ミシェル・ルグランの美しい調べに乗せて綴る秀作。

f:id:grappatei:20190713100325j:plain

オルタンス(ナタリー・バイ)とソランジュ(ローラ・スメット)は実の母娘である。

この二人、実の母娘だけあって、演技の息の合うこと!ちなみに本作がフランスで公開された、その日にナタリー・バイの連れ合いであり、ローラ・スメットの父であるジョニー・アリデイ(Johnny Hallyday)が亡くなったというのは妙な因縁。

f:id:grappatei:20190713100825j:plain

Johnny Halliday

f:id:grappatei:20190713100850j:plain

えらく若作りのナタリー・バイ(現在70歳)

f:id:grappatei:20190713101621j:plain

フランシーヌ役は新人、イリス・ブリー。体型もがっちり、顔のつくりもいささかごつくて、この役にはぴったり!

f:id:grappatei:20190713101732j:plain

森の中のジョルジュの秘密の場所にある巨石で、二人が愛を確かめ合うシーン。

f:id:grappatei:20190713101831j:plain

絵のような種を蒔く場面。ゴッホを思い出した。

他にもフランシーヌが盥で湯浴みする後ろ姿は、まさにロートレックの絵、そのもの。監督もそれを意識したように思われて仕方ない。

ところで、この監督だが、脚本、監督より出演の方が多いという変わり種。「永遠のジャンゴ」(2017)にも出ていたが、「マリー・アントワネットに別れを告げて」(2012)では、ルイ16世を演じていた。⬇︎はその時のワンシーン。

f:id:grappatei:20190713102328j:plain

左に立つのがルイ16世のグザビエ・ボーヴォア

#44 画像はIMDbから

「パリ、テキサス」

190711 PARIS, TEXAS 1984年 146分 西独・仏合作 脚本:サム・シェパード、監督:ヴィム・ヴェンダーズ 音楽:ライ・クーダー

f:id:grappatei:20190711203917j:plain

ま、今頃になってやっと見たという感想。1984年製作だからねぇ〜。35年もかかったわでだ。たまたま近くの映画館にかかったので、見ることになった次第。まあ、どれだけの秀作かと思ったのだが・・・。ロードムーヴィーの傑作と言われれば反対はしないが、どうもしっくりこない。

主演のハリー・ディーン・スタントンが素晴らしい。それとナスターシャ・キンスキーが見たくもあった。最近、テレビで見た「テス」(1979)から5年後だが、まだ25歳だから、一番輝かしい時の作品。これだけでも見る価値はあるだろう。

トラビスの弟役のディーン・ストックウェル、若い頃はちょっと憂いを帯びた美男で、一時はジェームス・ディーンの再来、とか騒がれたけど、年取るごとにブスになっていったから、分からないものだ。

この主人公たるトラビスがなぜ妻子を置いて4年も姿をくらまそうとしたのか、何故延々、登場から30分近くも押し黙ったままなのか、終盤の独白で多少それらしい説明があるものの、ここが一番弱いなぁ。ここがしっかりしないと全体が崩れやしないかな。

もう一つ、ご都合主義と感じたのは、息子と二人でカミさん探しに、ヒューストンまで行き、たちまち見つけてしまうという展開。いささかリアリティに欠けるなぁ。

最後、妻と子供が感激の対面を果たすのはいいのだが、なんでここでも、一人去らなくてはいけないのか、ストンと腑に落ちる人はよほどヴェンダースと相性がいいのだろう。

蛇足ながら、妻の乗ってた赤い車の中に、初代のウォークマンが。あれは1979年発売で、愚亭もすぐに買ったので、よく覚えている。

#43 画像はALLCINEMA on lineから

 

「COLD WAR あの歌、二つの心」

190710  ZIMNA WOJNA ポーランド/英・仏合作 監督:パヴェウ・パヴリコフスキ

f:id:grappatei:20190711110506j:plain

製作本数は限られているとは言え、ポーランドは良質な映画をこれまで世界に問うてきている。まっさきに思い浮かぶのは、なんと言っても「灰とダイアモンド」('59)と「地下水道」('56)で、どちらもアイジェイ・ワイダ監督作品。

その後も多くの話題作を生んでいるが、本数自体多くはないし、日本公開となるとさらにほんの一握りになるのが残念である。また、ポーランドだけでは資金面、宣伝面、あるいは配給面で厳しいらしく、概ね英仏独あたりとの合作製作となる。本作も同様。

第2時世界大戦終結後、さんざん国土をソ連ナチスに踏みにじられた新生ポーランドソ連に押さえつけられながらもなんとか自立しようと立ち上がりかけた1949年から物語はスタートする。

ポーランドの民族舞踊団を立ち上げようとピアニストのヴィクトル(トマシュ・コット)は、養成所でのオーディションで一人の有望な若い女性を見つける。ズーラ(ヨアンナ・クーリク)は、歌唱、舞踊に優れた才能を発揮し、ヴィクトルの期待に応える。

いつしか二人は恋仲に。しかし当時の共産主義体制は、立場も育った環境もまったく異なる二人が自由に恋愛できる環境ではなく、次第に息苦しさから亡命を考えるようになる。幸い舞踊団の海外公演という絶好の機会があり、ヴィクトルはズーラに仕掛けるが・・・。

舞台はワルシャワから東ベルリン、ユーゴスラヴィア、パリと移り、音楽も民族音楽、クラシック、ジャズ、ロックなどめまぐるしく、時に騒がしいほど響く流れに、二人は翻弄されながら、別れてはまた一緒になりを繰り返し、13年後、ヴィクトルの刑期明けに再会を果たす。

全体のストーリーは、監督自身の両親の実体験をベースにしているとされる。

同じ敗戦国でも、日本始め他の第2次大戦敗戦国と異なり、国土を完膚なきまでに荒廃させられ、国の形まで変えられたという点で、我々の想像を超える悲惨さを味わったポーランド。そこを舞台に繰り広げられる男女の愛憎劇を描くにはカラーでなくモノクロ、スタンダードサイズを選んだ見識は評価されよう。

主演のヨアンナ・クーリクの演技にも目を瞠るものがある。この人、きれいなのか、そうでないのか、場面により、カメラアングルにより、まるで別人のように映るから不思議だ。

#42 画像はIMDbから