ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

「カヴァレリア・ルスティカーナ」、「道化師」@杉並公会堂大ホール

170722

f:id:grappatei:20170723101852j:plain

f:id:grappatei:20170723102105j:plain

定番ヴェリズモオペラの2本立て公演。前から12列目だが、4列分、オケが平土間を占有しているから、実際には8列目と言う、至極見やすいポジション。オケピットがない悲しさで、これだとオケの音が結構鳴るから、時折舞台で歌う歌手の声がかき消されることも起きる。

f:id:grappatei:20170723110852j:plain

f:id:grappatei:20170723110955j:plain

 

P席を舞台の一部にする方式は珍しくないが、今回、舞台から斜めに階段を作り、上りきった踊り場を教会の入口にする設定で、これが両舞台ともに大いに生きる結果となったのは喜ばしい。ただ、演じ手は、段差のあるところを上り下りするわけで、エネルギーの消耗もハンパではなかったろう。

 

岩田演出は、すでに何度も見ており、まったく違和感は感じなかったが、特に昔からの高齢のオペラファンには、正統派の舞台を見慣れているだけに、批判的な見方をする人もいない訳ではない。

 

舞台の中央に大きな十字架が一本、周囲に大小の十字架が重なり合っていて、中に朱塗りの一本が置かれている。これは2年ほど前に、同じ岩田演出で箪笥町ホールでの舞台と似た設定。今回、目についたのは、そこから太い真っ赤なロープが真上に伸びていることで、カヴァレリアもパリアッチにも同じ装置をそのまま使っていて、登場人物が苦境に立たされたりすると、このロープに触れたり縋ったりしているから、天に通じる願掛け綱のような位置付けなのか。

 

このロープに見向きもしなかったのが、カヴァレリアのアルフィオで、サントゥッツァからトリッドゥとローラが密会を重ねていると知らされ、憤怒の形相物凄く、片っ端から十字架を蹴り出し、投げ捨て、大きな十字架まで根こそぎにしただけでなく、最後は意味ありげな赤い十字架を膝でへし折ると言う狼藉ぶり。このシーンは見応えがあった。

 

サントゥッツァが冒頭から舞台所狭しとばかり手前、奥、上手、下手と走りまくるのだが、ちょっと意図を図りかねた。そういえば、以前も同じ演出を見たことがあるが、それがやはり箪笥町ホールだったかも知れない。その時もそんな感慨を持った。散々走り回された小泉詠子、愚亭は初めて聞いたが、しっとりとした高音が特に耳に残った。

 

高田トリッドゥも、雰囲気的によく合っていたと思う。古い因習が強く残るシチリアの小さな村社会、他人の女房と昵懇になればたちまち町中の噂になる土地柄、いくら女たらしとは言え、これで身を滅ぼすことになるのは、あまりに頭が悪すぎ。

 

パリアッチの演出も素晴らしかった。コスチュームも冴えていたし、特に最後のシーンは、真っ赤なドレスのコロンビーナ(ネッダ)、白とグリーンのパリアッチョ(カニオ)、グリーンのテーブルクロスなど、イタリアン・トリコローレを意識したかのようなカラースキームは目に楽しかった。

 

日本語版はいいとして、「衣装をつけろ」は、普段からVesti la giubba聞き慣れているし、歌う青栁カニオもさぞ大変だったろう。こう言う名曲中の名曲はイタリア語で長年刷り込みができているだけに、日本語歌唱は歌手泣かせだ。カニオの、ややオーバーとも言えるこの慟哭シーン、見事の一言。場内から待ちきれずブラーヴォが飛び交った。

 

ネッダ役の塩田美奈子、いつもながらチャーミングで品がある。歌唱こそ、全盛期には届かないかも知れないが、存在感はピカイチ。コロンビーナのおかしさもたっぷり表現していて、言うことなし!

 

トニオに扮した武田直之、今回はなかなか美味しい役どころだったようで、拍手も結構来ていた。ケチをつける意図は、まったくないのだが、前口上では、もう少し低音を響かせて欲しかった。とは、言えこの歌、バリトンにはきついかなりの高音も出てくるから、これはないものねだりのようなものかも。

 

オケも合唱も立派だったし、特に子供達の歌も演技も可愛らしいもので、よほどの練習を重ねたことが窺われた。

 

演出にケチをつける気はないのだが、カヴァレリアでのお祭りシーンで、紙コップが使われているのには驚かされた。せめてプラスティックでもいいから、透明なものにして欲しかった。ついでに、ワインが泡立ってとかいう日本語歌詞、シチリアでスパークリングワインは、あまり聞いたことがないのだが・・・。ま、どうでもいいことだが。

 

#34 (文中敬称略)

 

第53回日伊声楽コンコルソ@東京文化会館小ホールへ

170721

f:id:grappatei:20170722144816j:plain

10人が残った本選を聞きに東京文化会館小ホールへ。

 

f:id:grappatei:20170722152500j:plain

f:id:grappatei:20170722144914j:plain

愚亭が存じ上げている歌手は数名。ほとんどの方は初めて聞かせていただく。それぞれ3曲ずつ、概ね15分ほどで、10名、途中20分の休憩が入るから、2時開演で、終わったのが5時ちょっと前。そして審査中に、ミニコンサートが組まれていて、今回は17歳のヴァイオリニスト、森山まひるシベリウスのヴァイオリン協奏曲ニ短調。あまりこれまで聞いたことのない作品。30分を超える曲で、しかもかなりのテクニックを要する難曲だと思った。のびのびと弾きまくって、大喝采。17歳にしては、やや幼さの残る、可愛らしい姿。比較は無意味なれど、あの15歳の棋士藤井聡太くんがどれだけ大人びていたかということだろう。話が逸れた。

さて、コンクールだが、前半最後の二人のテノールは、どちらもよく知っていて、応援していたが、果たして大賞を取れるのだろうか。特に小笠原一規は選曲ミスでは?と思われるほど、低い曲を最初に持ってきて、彼の輝かしい高音を封印しているかのような印象。

澤崎一了(かずあき)は、馬力のある高音を次々に繰り出し、これでもかというほどの歌いっぷりで、場内からのブラーヴォが凄かった。ただ、やや一本調子の観は免れない。

後半、2番目に登場した別府美紗子、のっけから華やいだ雰囲気で歌い上げ、審査員の印象もきっと悪くないはずと期待したが。

9番目に登場した工藤和真、登場するなり、オーラのようなものを感じて、こりゃやりそうだという予感。なんとなくホセ・クーラを彷彿とさせるような雰囲気がある。果たせるかな、まあうまい!!こんな新人、今までどこで何をしていたんだろう。この時点で、彼の入賞は間違いないと踏んだ。強弱のつけかたや、間の取り方、バランス、ヴォイスコントロール、完璧なまでに見事だ!さらに、彼の自然な振りは、日本人ではないかの印象を与えた。とにかく声に凄まじい深みを感じたし、そこに嫌味もなければ、わざとらしさも何にもなし。

最後に登場した糸数 知(ちか)もうまかった。ひょっとして、工藤と争うのかと思わせたほどだったのだが、所詮は素人の耳、審査員は違った評価をしたようだ。

ということで、結果は、

第1位 テノール 工藤和真

第2位 テノール 澤﨑一了

第3位 ソプラノ 内田千陽

歌曲賞 工藤和真

五十嵐喜芳賞 澤﨑一了

第1位が一体どれだけ凄いかと言うと、次々に賞状授賞者が登場して、10枚以上の賞状と副賞をもらったようだ。

f:id:grappatei:20170722150642j:plain

挨拶する工藤和真。感涙にむせんでいる。そりゃそうだろう、こんな場で、これだけ表彰されるんだから。

f:id:grappatei:20170722150740j:plain

ひょっとしたら自分も、と思ったであろう入賞者。無念の表情、諦観の表情、やり遂げた充足感の表情、いろいろ。

主催者発表では、今回の応募者は131名に上るとか。内訳は、

ソプラノ     79

メゾソプラノ    7

アルト       8 

バリトン       23

バス・バリトン 2

バス      1

その中から本選に出られただけでも、これは凄いことなのだ。そのことをどうか入賞者も肝に銘じてほしいと思った。

講評の中で、高 丈二審査員長が「発声と言葉との関係が大事だ。聴衆に言葉が通じなければ、意味がないし、発声のいい人ほど、言葉も明瞭である。大きな声を張り上げすぎないように・・・・」などが印象に残った。

審査員、賞・賞金・賞品、過去第一位受賞者一覧

f:id:grappatei:20170723085754j:plain

そう言えば、8番目の内田千陽の演奏中(16:20 C.A.)に、グラっと来て、一瞬場内がざわついた。後から知ったが、千葉北西部を震源とする地震で、東京は震度1ぐらいだったようだ。もし震度3以上だったら、演奏中断になっていたかも知れないし、この程度で済んで幸いだった。

#33   (文中敬称略)

「甘き人生」

170719 原題:FAI BEI SOGNI (いい夢を見るのよ!)伊仏合作 130分 脚本・監督:マルコ・ベロッキオマッシモ・グラメッリーニの自伝的小説を映画化したもの。

f:id:grappatei:20170720120525j:plain

1969年のトリノと90年代のローマが何度か交錯する。主人公のマッシモは、9歳の時、突如最愛の母が姿を消す。周囲の大人に聞いても誰も心臓病による急死としか教えてくれない。あんなに元気だった母が亡くなるはずはないと言い張り、マッシモには、どこか遠くできっと生きていると自分を納得させるしかない。

f:id:grappatei:20170720121408j:plain

当時放映されていたフランス製スリラー「ベルフェゴールは誰だ」を恐る恐る母と見ていたのを、その後も何度もトラウマのように思い出す。

今は、ローマの新聞「スタンパ」の新聞記者として依然、マンマ・ロスを抱えたままひっそり生きている。

f:id:grappatei:20170720121639j:plain

トリノFCのサッカースタジアムがアパートの目の前にあったことで、父親はよく試合に連れて行ってくれたものだった。その父も母の死については、語らないまま、若い女性と一緒になり、その後、全財産をマッシモに譲って亡くなった。(父親を演じたグイド・カプリーノは、成人したマッシモの前にも登場するが、実年齢で、一つ年下だから、ややリアリティに欠けるのは仕方ない。)

残された遺産整理で、収拾がつかなくなり、深夜にもかかわらず、叔母を電話で呼び出す。整理の手伝いは口実で、母親の死をどうしても叔母に確認しておきたかったのだ。観念した叔母は、書棚から古い新聞記事の切り抜きを探し出してマッシモに見せる。いつか自分で知ることになるから、敢えて何も言わなかったと言い訳しつつ。恐れていた通り、カトリックでは禁じられている自死だった。覚悟はしていたが、衝撃を覚える。

伏線として、家にあったナポレオン(この一家は王党派で、ナポレオンを崇拝していた家柄か、やたらにナポレオンの像や絵がある)を9歳のマッシモが窓から落とすシーンや、テレビドラマ「ベルフェゴールは誰だ」で、窓から飛び降りるシーン、エリーザがプールで高飛び込みをする場面など、暗示する場面、少なからず。

その後、コソボ紛争の取材でサラエヴォに仲間のフォトジャーナリストと最前線へ。そこで見た凄惨なシーンに、パニック障害を引き起こすマッシモ、帰国してたまたま行ったローマの病院の女医エリーザ(ベレニス・ベジョ)に母親の面影を見る。

f:id:grappatei:20170720122143j:plain

彼女の親戚主催のパーティーに呼ばれたマッシモ、尻込みしながらも、ダンスを始めると、9歳の時に母と踊りまくった情景が蘇り、いつのまにか輪の中心で踊り狂っている自分に呆然とする。

f:id:grappatei:20170720123038j:plain

まあ、言って見ればマザコンの情けない中年男が、やっと生きていける自信のようなものにたどり着いたような幕切れ。時代感覚の描写が得意な監督だけに、うまく映画化できたのかも知れない。

主演のヴァレーリオ・マスタンドレア、こういう影のある暗い役を演じさせると、右に出る者がいないほど巧みである。アルゼンチン出身(フランス国籍)のベレニス・ベジョ(ベホ)は、何度も書くが、色浅黒く、特別美人でもないのだが、目力と存在感はたっぷり。不思議な女優だ。

劇中に何度も登場するテレビ映像の「ベルフェゴールは誰だ」は64年、フランス国営テレビが制作、65年にはテレビ朝日で日本でも放映されて、自分も見ていた。シャンソン歌手のジュリエット・グレコが出ていたことをよく覚えている。

ところで、この邦題は残念ながらいただけない。いい歳をして、何やってんだと主人公を揶揄しているのだろうか。

#48 画像はIMDbから

国際芸術連盟音楽賞受賞コンサート@伝承ホール(渋谷)

170718

f:id:grappatei:20170719095028j:plain

この音楽団体、昨年末の第九の合唱団で杉並公会堂の舞台に立った時の後援団体であることを思い出した。(主催は指揮者自身)そこの音楽賞を受賞されたお二人の記念コンサート。

f:id:grappatei:20170719102406j:plain

ピアニストの栗原ひろみは初めて聴かせていただいたが、華奢なお姿からは想像がつかないようなダイナミックな響きが身上なのか、スケールの大きな演奏を披露された。

声楽家星 由佳子は、すでにここに何度か登場しているので、改めての紹介は不要だろうが、今回もそれぞれジャンルの異なる楽曲に挑戦、すでにどれも自分のものにしているであろう、確固たる自信が伺えた。

前にも書いたが、どのようなプログラム構成にするか、演奏会には実に悩ましいところだろう。主催者側の希望もあるだろうし、自分の意に沿わない構成は回避したい、かと言って、自分の歌いたい曲オンパレードでは、聞く側はどうなるんだろう、etc. 

多くの聴衆にとって馴染みの楽曲は少数だったが、結果は、大変意欲的な構成になったと思う。常に偏らず、今回もスペイン、日本、ドイツ、ロシアという、まことにチャレンジングな内容で、太く、低く響く超低音から、ソプラノばりの輝かしい高音まで、存分に響かせ、大喝采を浴びた。

前半は、黒基調のシックなドレス、一転、後半は自らどこかで探したらしい和服風のコスチュームで、色合いも今の季節にふさわしいアクアマリーン基調のもので、これが伝承館という和風の舞台によく映えていた。

f:id:grappatei:20170719101341j:plain

フォアイエにある千住 博の大作の前で。滝の背景に涼しげな衣装がよく映っている。

#32 (文中敬称略)

 

 

海の日のチャリティーコンサート、合唱団員として参加の顛末記

170717

f:id:grappatei:20170419112308j:plain

4月から15回の練習を経て、とうとう当日になった。合唱団の集合時間は1145分。ちなみに開演時間は19時。予定より早めに会場着。男性は奏楽堂の楽屋の一室をあてがわれるが、女性は数が圧倒的に多いこともあり、別棟の第6ホールが控え室になる。

 

昨年同様、控え室に入るなり、そそくさと着替え、ボウタイまで締めてしまう人がほとんどで、かく言う愚亭も手早く着替えてしまった。ギリギリまでラフな格好で過ごす者もいるが少数派。(女性は全員、集合時には着替えていた)

 

12時半頃、舞台へ出て、並びと「入り」「ハケ」の練習。なぜか、去年ほどスムーズに運ばないので、イライラする団員、少なからず。愚亭は前から4列目の中程に。うまい具合に互い違いに顔が見えるような配置になっている。指揮者が見えないというのは、致命的だから、当然の配慮だが。

 

その後、独唱者のゲネが始まり、合唱団員も希望者は2階バルコニー席で、その一部を聞くことができるが、今年は、早めに戻れとの安全策(?)で、前半では、許昌(シュウチャン)の歌うドニゼッティの「連帯の娘」の有名なアリア「友よ、今日は楽しい日」(ハイC9連発でも驚くがこの人は、最後、ハイDまで上げたからねぇ)の途中から、高橋絵理の「チャルダッシュ」までのたった3曲!

 

その後、自分たち合唱のゲネだ。ソリストたちと声合わせは昨日すませているが、やはり緊張する。ソリストを後ろから聞くことになるので、声量としては、半分ぐらいになるのは仕方ないとして、それでもソプラノとバスの響きは格別だった。

 

舞台裏に戻り、指導の先生方から細かいダメ出しがあり、一旦、解散。ゲネを聞きたい人は再び2階席へ。後半は、甲斐栄次郎の「闘牛士の歌」から、手嶋真佐子の「ドン・カルロス」の一番のアリア、「おお不幸な賜りもの」までの5曲まで聞くことができて、まずまず満足。とりわけ直野 資(たすく)の「祖国の敵」(アンドレア・シェニエ)を聴くことができたのは、最近、さほど歌う機会が減っている大御所だけにラッキーだった。

 

その後、一旦解散なので、合唱団控え室に戻り、早めのお弁当をいただく。月村謹製のお弁当は、悪くない。食後は、1時間ほど手持ち無沙汰となる。そこで、控え室と控え室の間にある、モニターやソファの置いてあるロビーでくつろいでいると、旧知のソリストたちが出入りするので、ついおしゃべりすることに。何と言っても、このひと時は断然楽しい。

 

尤も、事務局からはソリストには声がけするな、写真は撮るな、と事前に厳しい注文が出されている。撮影はともかくとして、目が合えば、挨拶もするし、これは仕方ない。大目に見てもらうしかない。

 

開演時間1時間前になると、第6ホールへ移動して、最後のダメ出しをされての声出し。どこに座っても構わないというから、敢えてソプラノとソプラノの間に座ったのだが、さあ大変。特に右側はトラさんだから、ひときわ大きな声で、自分を見失うほどだったが、良い経験になった。

 

さて、いよいよ出番となる。歌い始めてみれば、練習におよそ40時間以上もかけたのに、30分はアッという間で、呆気ないこと!家族が録音しておいてくれた演奏を聞くと、ほぼ期待以上の出来栄えで、一安心。

f:id:grappatei:20170718225700j:plain

 モツレク、終演。⬆︎⬇︎FACEBOOKから拝借した画像です。

f:id:grappatei:20170718225721j:plain

ただ、ラクリモサの最後、アーメンはなぜもっとフォルテにしなかったのか、あそこが一つの聞きどころなのにとの指摘も。そう言えば、打ち上げに参加した歌仲間でリーダー格の人物からも同じ指摘を受けていた。念のためにYouTubeでいくつかの演奏を聴くと、確かにフォルテで終わる例がほとんど。その点については、練習を通じて、特に指導者からは何の説明を受けなかった。こちらから質問すべきだったのかも知れないが、後の祭りだ。

f:id:grappatei:20170718140406j:plain

モツレクソリストを便乗撮り。左から小野和彦(バス)、鎌田雅子(メゾ・ソプラノ)、大久保陽子(ソプラノ)、布施雅也(テノール

そして、第3部が終わり、アンコールのナブッコからの「行け、我が思いよ、金色の翼に乗って」を歌いに、再び舞台へ。我々の前にはすでに独唱したソリスト全員が勢ぞろい。これだけの人気プロ歌手たちと同じ舞台に乗って演奏できるのは、滅多にないこと、その喜びを胸に秘め、合唱団員は暗譜で、(ソリストたちは一応譜持ちで)大合唱の締めくくりとなった。

f:id:grappatei:20170718140945j:plain

終演後、指導の荒牧小百合先生、竹内雅拳先生から講評を聞く。「来年はさらに上手くなりましょう」と結んだ。

f:id:grappatei:20170718225809j:plain

(⬆︎Va pensieroを全員で。⬇︎ソリスト陣勢揃い、どちらも日声協の写真をお借りしています)

f:id:grappatei:20170718225851j:plain

当初出演予定だった人気ソプラノ歌手、小林沙羅が体調不良か、突然出演できなくなり、そのぶん、いくらか終演時間が早まった。おかげで打ち上げを少しだけ早く始められたが、それでもも9時半は回っていたから、盛り上がっているうちにラストオーダーになり、集合写真を撮る間もなく、「終電、終電!」と叫んでみんな駅方向へ散っていった。愚亭も深夜0時半の帰宅になった。不思議に疲れても酔ってもいない。むしろ独特の空虚感だけが残った。

(文中敬称略)