ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

「女王陛下のお気に入り」

190215 THE FAVOURITE 120分 アイルランドアメリカ・イギリス合作 監督:ヨルゴス・ランティモスギリシャ人、45歳)

f:id:grappatei:20190216133508j:plain

キャプションの文字が面白い。ちょっと見にくいが。

まったく飽きることなくぴったり2時間、画面を見続けていた。実に多数の部門で主要映画賞にノミネートされ、かつすでに受賞もしている。作品賞、監督賞、美術賞、主演女優賞、助演女優賞・・・・etc.

f:id:grappatei:20190216144258j:plain

議会では権威をもって堂々と振る舞うが、次第に実力には翳りが。

この監督、まだ若いが、なかなかの敏腕!そして、3人の人気女優の競演が実に素晴らしい。コスチューム他、宮殿内のさまざまシーンの豪華絢爛さには目を奪われる。

ほぼ実話にそって作られているようだ。日本では、エリザベス1世やスコットランドのメアリーに比較すると、アン女王はそれほど知られていないが、案外あの時代の君主としては立派であり、また優れた実績を残していたことが分かる。

f:id:grappatei:20190216134501j:plain

本物の宮殿を使って撮影されただけに豪華さもひときわ。これも見どころの一つ。

ただ、プライベートな面では恵まれていなかったようだ。17度も妊娠して、早産、死産を繰り返し、まともに成人した子供はいなかったというから、壮絶な人生とも言える。

f:id:grappatei:20190216134608j:plain

アン女王を演じたオリヴィア・コルマン、本作のために16kg増量したそうだ。

そんな彼女が宮廷の奥でひっそりとなにをしていたかを、本作は想像を多彩に組み込みながら描いていく。

撮影したのはロンドン郊外のハットフィールド・ハウスとか。自分も行ったことがあるが、内部がこれほど豪華だったという知らなかった。一般公開しているのは、ほんの一部だったから、仕方がないが。

f:id:grappatei:20190216134903j:plain

エマ・ストーン、31歳と3人の中では一番若い。

彼女、他の二人が純粋の英国人に対し、アリゾナ生まれのアメリカ人だけに、やはり発音では苦労したのではないかな。がんばっていたけど、どうしても米語風に。

f:id:grappatei:20190216135133j:plain

広い庭園で、バードシューティングに興じる。

レイチェル・ワイズは、さすがの貫禄を示した。卓抜する演技は相変わらず。容貌は、すこし劣化したかも。

アン女王(1665-1714)(オリヴィア・コールマン)とは幼馴染のモールバラ公爵夫人、サラ(レイチェル・ワイズ)は、女官として宮廷内のさまざまな事務をテキパキこなすという腕利きの御側用人。時に、女王でも叱りつけるほどの実力の持ち主で周囲からも恐れられる存在。

実は、女王とはベッドでもっと深い仲にあるのだが、ある日、今は没落しているが、元は貴族でサラの従姉妹筋に当たるアビゲイルエマ・ストーン)が登場すると事態は次第に大きく変わっていく。

当初は殊勝に振る舞うが、次第に頭角を現し、やがて・・・・。なにやら、1950年のヒット作「イブの総て」を彷彿とさせる内容になっている。どこまでが真実か不明なれど、まことに見事にドラマ化した手腕には唸らざるを得ない。

映画の中では、サラの暗い運命を予感させるような終わり方ではあるが、彼女の子孫が後に英国を窮地から救う名宰相(ウィンストン・チャーチル)になり、未来の国王、ウィリアムになろうとは!

f:id:grappatei:20190216144151j:plain

豪華なスリーショット!

#7 画像はIMDbから

この

 

「ファースト・マン」

190208 FIRST MAN 米 138分 監督:デイミアン・チャゼル  製作の一人でもあるが、脚本を担当せず、監督だけというのは、本作が初めて。

f:id:grappatei:20190208201343j:plain

家族との絆を確認する部分が少々長すぎて、前半、正直眠くなる。肝心の打ち上げから月着陸までの部分はさすがにうまく撮れていて緊張感が一気に高まる。手持ちカメラを多用しての臨場感には完全にハマる。そこにいるかのような感覚に捉われてしまう。ただ、当然ながら、大画面でブレが連続するから、目が疲れるし、繊細な人は気分が悪くなるかも。

f:id:grappatei:20190208202354j:plain

月面の映像の緻密さには息を呑む

奇跡の生還を果たした「アポロ13」(ロン・ハワードトム・ハンクス、1995)や「ゼロ・グラヴィティー」(アルフォンソ・クアロン、サンドラ・ブロック 2013)を凌ぐ特撮効果は必見に値する。

それにしても、冒頭から凄まじいいばかりの音響効果も加わり、おそろしいほど。生還の確率の方が圧倒的に低いあのような恐怖のミッションにまさに命がけで臨んだ飛行士たちの強靭な精神力には、ひたすら圧倒された。アメリカはあれだけの犠牲を払ってまでして遂行する意義はあったんだろうか、大きな疑問符だ。

最初に月面に降り立った時のあのセリフだが、当時の録音音声では、That's one small step for man, one giant leap for mankindとなっていて、manの前には大事な不定冠詞のaが入っていない。しかし、当の本人は、a manと言ったはずと主張しているとか。歴史的にも大事なセリフ、しっかり言わんかい!

#6 画像はIMDbから

 

「いつだってやめられる 闘う名誉教授たち」

190207 原題:SMETTO QUANDO VOGLIO(いつでもやめてやる)イタリア 原案・脚本・監督:シドニー・シビリア

f:id:grappatei:20190207191835j:plain

三部作の最終章。したがってこれだけ単独で見でも、本作の面白さは、残念ながら伝わってこない。まばらな観客から、ほとんど笑い声は聞こえてこなかった。

教育関連予算削減で大学を追われた教授陣が主人公。自らの専門知識を活かして、合法ドラッグで一儲けを企むが・・・現在服役中の身。奇天烈な方法で脱獄を決行するが、果たして目論見通り一発逆転となったのか。

f:id:grappatei:20190207193304j:plain

イタリアでは大ヒットしたらしいが、日本人の感覚には正直合わないので、イタリア映画祭出品作ながら、ほとんど話題にならなかったのはイタリア映画ファンとしては残念至極。

f:id:grappatei:20190207193329j:plain

この分野、すなわち古典芸能に通暁する教授がいて、アドリブで急場をしのぐ。

獄中オペラが一つの見せ場。この辺りがいかにもイタリア映画らしい。オペラ大好き人間の看守長が、今年はロッシーニの「セヴィリアの理髪師」公演を目指す。囚人たちが女役も含めて歌い演じる訳だが、珍妙ながらも音程も正確で、長いシェーナを淀みなくこなす場面が笑える。監視が手薄になったスキに脱獄というよくあるパターンだが、大体は国民が熱狂するサッカーの試合、野球、アメフト、競馬の中継が多い。そこをオペラに仕立てたところがなかなか。

#5 画像はIMDbから

自分が罹るとは!

190131 インフレンザが猛威を振るっていることはもちろん知っていたが、まさか自分が罹るとは!

朝、起きたらなにか喉がいがらっぽいので、近所の総合病院の耳鼻咽喉科へ。もともと眼科の定期検診があるので、立ち寄ったのだが、眼科と耳鼻咽喉科は同じ受付でもあり、まさについでに耳鼻咽喉科もという程度のかるい気持ちで受診。

鼻の奥の粘膜から綿棒状の道具で粘液採取、10分ほど検査した結果は、「はい、インフルエンザA型です!」と事もなげに宣告されてしまった。その後、眼科診療のつもりだったのだが、事の次第を確認したスタッフが、急に腰が引けた姿勢になり、「今日は眼科は無理です」と。

遠い昔を別にすれば、今までインフルエンザに罹ったことがない。予防接種も受けたことがない。それだけに、今回のご託宣には、相当なショックを受けた。周囲に菌を撒き散らさないためにも最低5日間は外出禁止、当然家人に感染る可能性が一番高いゆえ、睡眠はもちろん、飲食も別の部屋でとるよう念を押された。

5日間の外出禁止令はともかく、相手が流感ではジタバタしても始まらないのだが、その間予定されている4回の合唱練習に出られないことがきついねぇ。さらに飲酒も禁止だから、この上なく手持ち無沙汰!

予防接種、帰宅後のうがい、手洗い、そして外出時のマスク着用、、どれも実行していないんだから、罹っても文句は言えない。でも、どれもやってても罹る人は罹るからね、とこれは負け惜しみ。

初めて札響を聞く@サントリーホール

190130 昔のカルテット仲間から誘われて、初めて札響を聴きに。

f:id:grappatei:20190131214148j:plain

こじんまりとして、なにか雰囲気がとてもよいオケという印象。コンマスが笑顔を忘れず、多分極めて厚い信頼を団員から得ている様子。

マティアス・バーメルトというマエストロ、初めて聞いた。かなりご高齢。なにせあの偉大なストコフスキーの助手を務めたというのだから。枯淡の境地というか、淡々と振っている姿と豊かな表情が印象的。

モーツァルト、ベートーベン、そしてブラームスと、ずらりと大御所を並べた。どれも暖かみのある響きで、昨夜の睡眠不足で居眠り覚悟だったが、そんな気配は微塵も。ブラ2もなかなか聞かせる。1番、3番、4番などに比べると、耳馴染みがそれほどかと思ってたらとんでもない。これも聴き慣れたメロディーが結構出てくる。

ピアノの岡田 奏(かな)、チャーミングでダイナミックで繊細なサウンドを縦横に響かせてくれ、万雷の拍手だった。音楽家になることを運命付けられた命名だ。

7割ほどの入りだったのが惜しまれるが、素敵な演奏会だった。

#8 文中敬称略