ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

「ロダン カミーユと永遠のアトリエ」

171116 原題:RODIN 仏 120分 脚本・監督:ジャック・ドワイヨン

f:id:grappatei:20171117114018j:plain

没後100年(1917.11.17没)を記念して作られた作品。「地獄門」の制作に追われるロダンの、愛弟子であり、愛人であるカミーユ・クローデルとの奔放な生き方を描く。

f:id:grappatei:20171117114227j:plain

彼女の彫刻家としての技が一流であることを早くから見通しているロダン。それを自覚するカミーユは、ロダンを師として尊敬する一方、ロダンからの熱烈な愛も受け入れているが、内縁の妻ローズの存在が許せない。結局、二人の仲は破綻するしかない。

f:id:grappatei:20171117115249j:plain

エミール・ゾラロダンと同じ1840年生まれ)が会長を務めるフランス文芸家協会の依頼で、オノレ・バルザック像を制作するも、あまりにも奇抜な出来栄えに受け取りを拒否され、作り直さざるを得なくなる。そして、今、ロダン美術館はもとより、パリのバヴァン広場⬇︎ほか、地下鉄駅などあちこちに見られる傑作が生まれることに。映画では、ラスト近く、箱根の森美術館に屋外展示されているバルザック像と、周辺を遊びまわる子供達を捉えている。

f:id:grappatei:20171117115730p:plain

それにしても、カミーユと別れてからのロダンは若いモデルに異常なほど執着し、制作のかたわら、入れ替わり立ち替わり、モデルとの愛欲に耽っている姿が描かれ、ここらあたりはいかにもフランス映画であることをいやでも思い知らされる。中には花子と称する日本人モデルまで登場する。

映画には描かれていないが、別れたカミーユに対する愛情は生涯持ち続けたようだし、一方、カミーユロダンと別れ、制作が続けたものの精神に異常を来し、療養施設で一生を終えたようだ。

映画作品としては、凡庸だが、ロダンを演じたヴァンサン・ランドンの演技が素晴らしいが、冒頭の写真にも見られる目力たるや、凄まじいものがある。

#75 画像はIMDb、およびALLCINEMA on lineから。

「欧州 歌の旅コンサート」

171111

f:id:grappatei:20171113120251j:plain

ご存知、博覧強記のフランコ酒井が手がけるコンサートゆえ、今をときめく人気オペラ歌手が多数登場する。この人、これを本業としているわけではないのだが、毎年素晴らしい公演をいくつも企画してくれて、われわれオペラファンにはまことにありがたい存在である。

f:id:grappatei:20171113120524j:plain

今回は、特にフランス在住歌手にスポットが当たった印象のコンサート。パリ在住、伊藤真矢子は、偶然昨年末、杉並第九で同じ舞台に乗った縁があり、ちょっとした珍事が起きたことで、終演後、その話でちょっと盛り上がった。とても澄んだ高音にとりわけ魅了される。

ボルドー在住、藤純子は、かねがねフランコ酒井から抜群のうまさは散々聞かされていたので、今回、最も楽しみにしていた歌手。噂にたがわず、その実力のほどには圧倒された。単なる美声ではなく、喉を自在にコントロールできる技がハンパでないこと、実感した次第。

そのほか、登場した歌手たち、いずれも人気・実力を兼ね備えた名手ぞろい!あっという間の2時間だった。中でも進化の著しい村上公太が久しぶりに聴けたのは嬉しかった。また鳥木弥生カルメンは、もはや日本オペラ界における至芸だろう。

ロシアものとシュトラウスを歌った与那城 敬、端正でそつのない歌いっぷりには、とりわけ女性からの喝采が大きかったように感じた。

マダムバタフライ、第1幕のシェーナに登場した野田ヒロ子、そして日本オペラ界の最長身(多分)のテノール古橋郷平も、それぞれの持ち味を発揮、聴衆を魅了しきっていた。古橋郷平は、つい先日も二期会本公演で同じ役を演じたばかりで、動きも堂に入っていた。

 #78 (文中敬称略)

ゲヴァントハウスを聞くのは、初めてかな。

171111

f:id:grappatei:20171113111022j:plain

世界最古の市民レベルのオケ、ライプツィッヒのゲバントハウスを聞く機会が。切符を買っていた姉が体調不良のため、譲ってくれたもの。

f:id:grappatei:20171113111212j:plain

オペラや歌舞伎ならいざ知らず、オケ演奏で、この値段は払った記憶がない。昔から姉は音楽大好き人間ではあったが、ここまで出してでも聞きたいとする同楽団、あるいはブロムシュテットに対する思い入れの凄さに驚嘆。

@¥22,000のB席でも、2階最後列の中央セクション左端に近い位置。でも、よく聞こえるし、舞台への登場人物の顔に興味がなければ、ここで聴くのになんの不満もないどころか、大満足!

f:id:grappatei:20171113130433j:plain

ヘルベルト・ブロムシュテット(ドイツ語風の発音だが、スェーデン人。スェーデン語ではちょっと違う発音のようだ)が90歳、独奏バイオリンのレオニダス・カヴァコス(名前ですぐギリシャ人と分かるが、アテネ出身で、現在は本業のほか、指揮者としても活躍中。間もなく、ロジャー・ノリントンの後釜としてカメラータ・ザルツブルクの音楽監督就任予定とか)が50歳と、二人ともに節目の年の演奏会を東京で開催するというのも何かの縁か。

f:id:grappatei:20171113112254j:plain

年齢からしても、ブロムシュテットはこれが聞き納めの演奏会になるかも知れず、聴衆の大拍手はいつ果てるともなく続いた。

f:id:grappatei:20171113130918p:plain

カヴァコスが弾いたブラームスのV協も素晴らしく、何度カーテンコールが繰り返されたろう。アンコールにはバッハ無伴奏パルティータ#2からサラバンドを絶妙な弓技で披露した。この人、190cmもありそうな巨体、肩まで垂れる長髪と、かなりの異相というか異形のヴァイオリニストだ。

f:id:grappatei:20140731185932j:plain

今日はヒゲをきちんと剃っていたから、この写真のようにはむさくるしくはないが・・・。

f:id:grappatei:20171113113242p:plain

さて、ゲバントハウス管弦楽団、昔ライプツィッヒが東独に属している時代に研修ツアーで外観だけは、見ているが、聴く機会がないままこの日を迎えた次第。なにせ1743年に出来たというから!かのウィーン・フィルが登場するのがちょうど100年後の1842年、さらにベルリン・フィルはその40年後というから、その凄さが分かろうというもの。

もちろん古いから素晴らしいというものでもないが、演奏の伝統というものは脈々と受け継がれるものだから、よく分からぬが、演奏スタイルもやはり世界でも抜きん出た存在ということは、今日の演奏を聞いても十分納得。何がどうという風には書けないが、とりわけ弦の音色に圧倒されっぱなし。普段、安い演奏会やただの演奏会しか聴いていない耳には恐ろしく新鮮に響いた。

管も負けてはいない。2番目の演目、シューベルトの「ザ・グレイト」の冒頭部分、ホルンが短いが印象的に響かせるパッセージがあるが、やすやすと美しい音色を出していたかと思うと、オーボエがそれを引き継ぎ、以後、特に首席奏者は全楽章をほぼ出ずっぱりという、大変な役回り。2番の女性奏者もよく頑張っていて、面白いことに、二人とも上下動が激しく、これがまた息があった動きで、見ていて楽しかった。

当然、終演後、ブロムシュテットはまっさきにオーボエの二人にスタンディングをさせるかと思いきや、指2本立てて、ホルン奏者を指したのには驚いた。結局、オーボエ2番は立たせてもらえず、ちょっと気の毒。

普通、プレイヤーが両サイドからわらわらと出てきて、頃合いを見計らって、コンマスがえらそうに登場して喝采をもらう図に慣れているが、この楽団の場合は、まずコンマスが真っ先に登場。それから他の団員が登場して全員揃うと、お辞儀をするというスタイルで、これは自分にはとても新鮮だった。

「ザ・グレイト」はあまり聴く機会がなかった演目だが、とにかく3楽章までが実にすばらしい。4楽章は、あまり変化がなく、かなり冗長に感じてしまったが、それでもこの楽団でこの曲を聴けたというのは、かなり刺激的なことだった。姉に感謝である。

 ⬇︎ゲヴァントハウスのCDを買う人でごった返すロビー。これまた珍しい光景!

f:id:grappatei:20171113130502j:plain

#77 (文中敬称略)

秋のティータイムコンサート@ジャルダン・ドゥ・ルセーヌ(原宿)

171110

f:id:grappatei:20171110194643p:plain

滅多に来ないところなのに、1週間後にまた来ることになろうとは!渡邊清美二期会所属のソプラノで、その昔、結構聞きに行っていたが、結婚、出産、移転(現在岡山在住)などですっかり疎遠になっていたところ、突如連絡があり、8年ぶりに東京でリサイタルを開くので是非!ということに。

その後、メールもなく、またチラシが送られてくるわけでもなく、日時会場以外の詳細不明のまま、なんと二日前に確認の電話!まあこの人らしいというか、なんとも破天荒な流儀で押し切られて、今日会場に行ってみたら、おやまぁ結構集まっている!圧倒的に自分のようなオールドボーイズが多かったが、この集客力には呆れるやら驚くやら。

f:id:grappatei:20171110195754j:plain

⬆︎目の前の女性が邪魔で、どうしようもない。

f:id:grappatei:20070626184921j:plain

⬆︎こちらは2007.6.26の画像、同じ会場だが、外が暗いので、映りがよい。

そしていよいよ本人登場!これがまあ、ほとんど変わっていないので、二度目のびっくり。今日のためにシェイプアップしたのだろうか。さすがに声は昔のまんまというわけには行かないが、それでも最も得意とする「ルサルカ」から『月に寄せる歌』、そして「ファウスト」からの『宝石の歌』はほぼ昔通りで、名手、徳永洋明の華麗なピアノ伴奏にのせて大いに会場を湧かせた。

f:id:grappatei:20171110195820j:plain

演目:

鱒        シューベルト

歌の翼に     メンデルスゾーン

献呈       シューマン

日本の歌から:「紅葉」、「里の秋」、「落葉松」、「鳩笛の歌」

星に願いを    ハーライン「ピノキオ」から

モリー     ロイド=ウェバー「キャッツ」から

ムーンリバー   ヘンリー・マンシーニ 「ティファニーで朝食を

月に寄せる歌   ドボルザーク「ルサルカ」より

宝石の歌     グノー 「ファウスト」より

f:id:grappatei:20171110201201j:plain

蛇足ながら、この店の名前、以前から気になっていたので、店員に尋ねると、どうやらルセーヌというのはこの店に関わった人の名前らしい。Luseineならリュセーヌと発音の筈。念のため、Yahoo Franceで検索してもまったくヒットしない。依然、謎のまま。

#76 (文中敬称略)

 

 

「パリグラフィック ロートレックとアートになった版画・ポスター展」@三菱一号館美術館内覧会へ

171109

f:id:grappatei:20171110102857j:plain

いやはや、とても一度では覚えられない長い名前の展覧会の、ブロガー対象内覧会に当選して昨夜行って来た。内容を正確に伝えるタイトルは必要だが、ここまで長くしちゃうと覚えてくれないので、いささか逆効果かと心配になる。

f:id:grappatei:20171110103123j:plain

版画とポスターを展示するけど、何もロートレックに限らないよ、ということと、版画・ポスターもいわゆる街角に貼られる広告媒体という意味合いから脱して立派な芸術作品になった、ということを主張すると、こういう長いタイトルにならざるを得ないのだろう。主催者の苦労が偲ばれる。

f:id:grappatei:20171110103426j:plain

いつものように、18時に受付をすませると、自由に見学し、さらに特別な許可により写真撮影ができるのがありがたい。ただし、一点撮りとフラッシュ撮影が禁止なのは当然のこと。その辺は来場者は何度もきている人が多く、心得たもの。

18時半にいつものように、一番広い画室で主催者側が用意したトークショーが始まる。今回の学芸員野口玲一氏、そしてモデレーターとして、お馴染みのブログ「青い日記帳」主宰の、TAKこと中村剛士氏が登場、軽妙な振りを入れながら、詳しくて面白い解説が30分ほど。

f:id:grappatei:20171110104945j:plain

この一番広い画室にはこの種のポスターで最も有名と言っていいロートレックの「ムーラン・ルージュ」が展示してある他、上の画像のように当時のパリの街角を偲ばせる大きな写真パネルが背景として使われ、さらにはこのELDORADOというポスターに描かれている当時のボードビリアン、ブリュアンの歌声が流れるという、なかなか粋な趣向。

f:id:grappatei:20171110105004j:plain

当初、単にキャバレーやカフェ・コンセールの宣伝として使われていたこうしたポスター画や版画(木版、石版)だが、やがて純粋にこうした作品を好む愛好家が登場、しばらくは街角に貼られているものを引っ剥がして蒐集していたようだが、徐々に彼ら用に作られるようになり、街角から書斎へという流れが出て来たようだ。

f:id:grappatei:20171110105031j:plain

会場の一角に、当時実際に使われていた石版の一つが展示されていた。多くは大理石を用いていて、当然重いし、大きさも限定される。前出のロートレックの「ムーランルージュ」などは、三つに分けて刷られたという説明があり、確かに境界線がそれとなく分かる。

f:id:grappatei:20171110105101j:plain

私事ながら、こうした大きなポスター、パリ駐在時代に結構買い集め、帰国後自宅に貼って楽しんでいた時代もあったが、その後、人にあげたり、捨てたり、今は一点も残っていない。

f:id:grappatei:20171110105120j:plain

ここでの展示作品の解説の精度、分かりやすさには、毎度感心するが、今回は版画・リトの展示ということで、それに合わせたオシャレなデザインになっている。

f:id:grappatei:20171110105251j:plain

アムステルダムゴッホ美術館からの出展。ゴッホが所蔵していたという浮世絵が数点、展示されていた。こうした作品をゴッホが生前、手元に置いて日々眺めては日本に思いを馳せてたのかと思うと、何かいじらしく感じてしまう。

f:id:grappatei:20171110105608j:plain

この展覧会は、来年1月8日まで。単なるロートレックとその時代展でなく、その時代性をたっぷり感じさせる心憎い演出が随所に窺える貴重なもので、美術愛好家は当然として、パリに興味のある人にも必見。

mimt.jp