ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

グルメ

雪中貯蔵酒にありつく

170503 珍しいお酒が手に入ったからと知人宅にお呼ばれ。それがこの日本酒。 説明文を読むと・・・ 清酒「荒澤岳」は毎年、12月頃に奥只見にある荒澤岳で取水した水を洗米や仕込みの水として使用し、お酒を造ります。豪雪地として知られる奥只見は雪で行き…

二子玉川での昼食会、その後、国立西洋美術館へ

170428 元の職場の先輩方に誘われて、玉川高島屋SC南館10階にある「鎌倉山」へ。ここはローストビーフの店。そう言えば、ローストビーフを食べるのは随分久しぶりだ。 最近は、滅多に撮らないのに、あまり美味しそうなので、つい。 味も量も程よい加減でし…

羽根つき餃子の店へ

161216 今日は地元合唱団の忘年会。練習をいつもより三十分ほど短縮して、京浜蒲田駅近くのアーケードにある元祖羽根つき餃子の店、「金春本店」へ。そもそも羽根つき餃子は蒲田が発祥なのだとか。 羽根つき餃子は、他でも食べたことがあるが、これとはまる…

護国寺のおでん屋さん

161102 6年前にモロッコへツアーで行った際に気の合った仲間で、年2回ほど都内の食べ歩きをしている。今回も最年少のNさんに会場選定をお願いしたところ、護国寺駅至近のおでんやさんに。 なかなか予約が取れないほどの繁盛店、それもそのはず、メニューが…

久しぶりのバローロ

161027 麻生十番在住の学友と、近所のイタリアンへ。二人とも酒量も落ちたし、食べる方もそれなりということで、それなら、少しはいいワインでも頼もうということで、オーダーしたのがこれ。 フォンターナフレッダ社のバローロ 2011年もの。市価約¥3,800。レ…

銀ぶら

160505 昔の職場仲間、3組で昼食会。銀座5丁目の「懐食みちば」を利用。懐石料理にビール小ジョッキと白ワインKOHSHUを1本取って、締めて@¥4,900と、内容からして、すこぶるコスパ高し。 折からこれ以上望めないほどの好天の中、銀ぶらを楽しんだ。今日は…

ある絵画倶楽部作品展へ

160317 兄が所属する絵画倶楽部作品展が銀座で開かれ、姉と共に覗いてきた。 今回、兄の作品は1点のみ。 「古典機整備のボランティア」F8号 生涯ヒコーキ野郎の面目躍如の作品。 ⬇︎講師のお一人、田巻先生から神妙に講評を聞く兄。縦横斜めの線が、画面に適…

退院した友とノヴェッロを

151119 親しい学友が、無事手術を生還したので、快気祝いを彼の住むマンション近くのイタリアン、GIANICOLOで。彼の家で、つまみを少々いただき、白ワイン(フラスカーティ)を半分を開けてきたので、オーダーはごく控えめ。 いきなり、ドーンとこんなのを見…

久しぶりのロシア料理

151110 関西圏からの友人夫妻を迎えて、嘗ての職場仲間が新宿西口のロシア料理店に集合した。 この店、確か20年ぐらい前に一度、今回のメンバーの一部と来て、最後に飲んだウォッカで散々酔っ払った記憶があるが、どうも当時とは店の作りを変えているよう…

昼食会@プラザサンルート新宿

151029 仲良しグループの昼食会があった。会場は、ホテルサンルートプラザ新宿のヴィラッツァ。奥の個室で、12時から延々3時過ぎまで。年に数回会うのだが、話題が豊富で、あちこち飛びながら、とどまることを知らない面々ばかり。 次回は1月末というこ…

江ノ電に乗って

151026 江ノ電に乗ったのは、何十年ぶりだろうか。多分、60数年ぶりのこと。素晴らしい天気に恵まれて、藤沢から七里ガ浜へ。そこで、今は鵠沼海岸在住の、かつての職場同期生と、その妹と待ち合わせ。向かった先は、 江ノ島が正面に見えるとあるイタリア…

バン蔵という名前のメキシコ料理屋@神田

151023 毎月1回、職場仲間との夕食会、今回は珍しくメキシカンと洒落込んだ。神田駅界隈の手頃な居酒屋は行き尽くしたようだ。ガード下周辺のごちゃごちゃした一角だから、飲み放題を付けて、@¥3,000はお父さんたちのお財布にめっぽう優しい。 この一角は、…

Gianicolo@麻布十番

151002 麻布十番在住の親友を見舞ってから、近くのイタリアンへ。彼が贔屓にしている店の一つ。以前にも何度か来たことのある「ジャニーコロ」。偶然だが、彼がローマに40年ほど住んでいた最後の居宅の近くに、この丘がある。ローマ7丘には含まれないが、…

チーズと豆腐の店@神田

150626 久しぶりに職場仲間との懇親会に出席。 月当番幹事が、あちこち吟味して、店を選定するが、神田駅周辺は幸いなことに、多種多様の店がゴマンとあるから、毎回、面白い店が楽しめてありがたい。しかも、安く!毎回概ね2時間で、3500~4500円で収まる。…

中目黒のガレット屋さん

150512 カミさんが歌仲間から紹介され、いい店らしいからとさっそくお昼を食べに出かけた。QU'IL NOUS TENTE(キルヌタントゥ)という、小難しい名前の店。ちょっと凝りすぎて、日本人だと店名、覚えられないのではないかな。意味は、意訳で「みんなで彼のと…

韻松亭で

150414 「ラオス会」の船友たちと上野の韻松亭で会食した。創業はなんと明治8年!「鐘は上野か浅草か」と謳われる寛永寺の鐘楼に隣接することから、当時の博物館館長・町田久成が「松に韻(ひび)く」さまを愛で、韻松亭と名付けたとパンフレットにある。そ…

神田で蛤鍋

150408 数年前にモロッコ旅行で知り合った仲間と、毎年数回食事会を開いている。一番若いN嬢が幹事役を引き受けてくれることが多く、それも旬な店を紹介してくれるのが嬉しい。 んで、昨夜は神田岩本町にあるこの店。「むらた」は看板に「すきやき、とんかつ…

久しぶりに赤羽へ

150115 久しぶりと言っても、前回は何十年も昔のこと。駅に降り立っても、まったく当時の記憶がない。 職場仲間に誘われて、駅近くにある老舗の飲み屋「まるます屋」へ。ここは、知る人ぞ知る名物的存在。なにせ、朝9時から開いているというから、驚く。つ…

京都へ

141220-21 オペラ「椿姫」を見るための京都一泊旅行。応援している江口二美さんが出る舞台で、京都春秋座に出かけたのは昨年夏の「マダム・バタフライ」に続いて二度目のこと。 土曜日、お昼の「のぞみ」で京都へ。駅近くのセンチュリー・ホテルへ投宿。駅に…

ひさしぶりにタジン鍋

141202 歌仲間とタジン鍋で旧交を温めた。初めて行った店はRigoletto Short Hillsと、やや覚えにくい名前。西銀座のコリドー街にあるRigolettoの姉妹店で、恐らくちょっとした坂にあるので、こんな名前になったんだろう。 中目黒から徒歩7分ぐらい。恵比寿…

ガレットで新年会

140204 嘗てのカルテット仲間とその連れ合い、4組で新年会。場所は目白駅前のガレット・クレープ専門店「ル・モンサンミシェル」。折から雪が本降りになっていたから、駅から30秒の立地はありがたい。 メニューは、個別に選択するのも面倒なので、ディナー…

五反田のビストロ

140107 仲の良い学友と新年会。会場に選んだのは五反田に最近出来たビストロ。 まったくビストロの風情が感じられない、近代的な構えは予想外。 五反田は何十年にも亘って、通過ポイントになっているところだが、東側の目黒川沿いがかくも見事に整備されてい…

「W 表参道 セラー・グリル」

131218 表参道の駅を出て5分のところにあるので、雨に濡れることもない。路地裏の地下だけど、ボトル型の看板が出ているから迷うことはない。 入口を入るといきなり両方の棚にワインがぎっしり。なかなかの壮観である。中は案外広く、カジュアルな雰囲気。…

「古径と土牛展」@山種美術館

131211 展覧会の詳細は、同美術館のサイトによれば: 「古径が画家として出発した明治30年代から大正初期は、日本画家が東洋と西洋、写実と装飾、伝統と革新の狭間で揺れ動いた時代。そんな中、安田靫彦(ゆきひこ)、今村紫紅,速水御舟らとともに日本画の…

「マラケシュ会」秋の夕食会@DA PEPPINO

131113 数年前にモロッコへ行った折に仲良くなった連中との会食、今回は幹事のMS氏がここを手配してくれた。 有楽町のマロニエゲート10階にあるイタリアン、ダ・ペッピーノ。 選んだメニューは@¥4700円のコース。(飲み放題込み)料理、質量共に申し分なし。…

グランルーフでクラス会

131107 完成した丸の内側と対照的に、工事が継続中の八重洲側も大きな庇が完成、グランルーフ・ブランドで商売を始めている。一階部分はまだ工事中。 2階デッキに面した明るい店舗の一つが今回利用したイタリアン、ヴォルプタス。余り聞かない名前ゆえ、辞…

忙しい秋の一日

131106 ここのところ、案外多忙で、この日はとりわけ慌ただしい日に。 まずは大田区の我が家から2時間近くかけて新所沢まで。自由が丘から急行で所沢まで直行できるのは便利。新所沢駅改札口で待ち合わせて、駅至近のイタリアン、"RO-se"(ロゼ)へ。嘗ての…

久しぶりにガレット

130719 お芝居の始まる前に、軽く夕食ということで、カミさんと久しぶりにガレットを賞味。新宿タイムズスクエア13階にあるBREIZH CAFE CREPERIE(ついブライツって読みそうだけど、これ、ブルターニュ方言(ケルト系)でブルターニュのことを指すらしい。ん…

「和伊の介」日比谷店

130628 大学時代の親友と、お互いに帰りが便利という理由で内幸町日比谷国際ビル地下にあるこの店へ。「激得プリフィクス・メニュー」@¥1980也で、すっかり腹一杯に。 自家製のパン。店のサービスだから、コペルタはなし。先日の「ナポリ・スタカ」とは違う…

「ピッツェリーア・ダ・ペッペ ナポリ・スタカ」@虎ノ門五丁目

130626 以前から一度行ってみたいと思っていた店。最寄り駅(神谷町)から結構遠く、必ずしもアクセスはよくないけど、内容的には、最近トライしたイタリアンでもベスト3に入るような店だった。もちろん、ピエッツェリーアだから、あくまでもピッツァの話。…

スペイン料理に舌鼓@LA BODEGA(日比谷)

130619 2011年春、モロッコ旅行で一緒だった旅仲間が時折集まっては、いろんな料理を食べ、ワインを呑みながら旅談義に夢中になる。今回は、スペイン料理の番。 パエリャは最後に登場するが、その前に出て来たイベリコ豚のグリルもなかなか。 お店のサービス…

東京二期会新年懇親会へ@L'Alliance神楽坂

130115 毎年恒例の新年会に参加。昨年から千駄ヶ谷の二期会本部を離れての開催。昨年は二番町のイタリア文化会館が会場だったが、今年は神楽坂のフレンチレストラン「ラリアンス」。年々、運営がグレードアップしている。昔のスタイルも懐かしいが、このレス…

代々木のイタリアンで大学のクラス会

121206 最近、半年に1回開いている大学のクラス会、今回は代々木のイタリアンが会場。話題は例によって病気がどうしてもメイン。途中で何度ももっと明るい話題にしようぜ、となるのだが、いつも間にか、また病気やエンディング・ノートなどに逆戻り。Mちゃん…

マラケシュ会の忘年会

121203 3年前にモロッコに一緒に行った仲間との夕食会。一番若いNさんに今回もお願いして、会場設営を。選んだところは、神保町の「ボンヴィヴール海」と、やや覚えにくい店名。 店内はこんな感じで、割とサッパリ。厨房も入れてスタッフは全員男性。きびき…

L'ATLIER DE JOEL ROBUSHONへ

121128 昔の職場仲間男女7名で、六本木ヒルズ1階にあるアトリエ・ロビュションへ。仲間の一人がジョエル・ロビュションと親しいということで、普段なら高過ぎて尻込みするところだが、思い切って出かけることに。 店のコンセプトとしては、レストランとビス…

ビストロで絵画鑑賞会

121108 中高時代の同期生、建築家のI君が、旅先で描いた作品展が市ヶ谷のビストロ・カシーヌで開催中。仲間と出かけ、鑑賞かたがた旧交を温めた。 いずれもはがき大で、何百点か知らぬが、膨大な量を一挙公開。本人によると、平均7分でその場で概略を普通の…

久しぶりにスペイン料理

121022 有楽町国際ビルB1 「本場スペイン酒場 BAR ESPAÑOL LA BODEGA」親しい学友と二人で。開店時間17時に行ったので当然ガラガラ。場所柄、7時過ぎには賑わうかと思ったら、とうとう最後までガラガラ。店員も月曜であることを考えても、納得が行かない…

銀座SONYビルへ

120828 昔の職場仲間との昼食会が、このビル7階に入っているSabatini di Firenzeで。恥ずかしながら、ここへ来るのは初めてのこと。 例によって、この時期、ビルの前に大きな水槽を置いて熱帯魚が涼しげに遊弋。ほんとにきれいな色だ。 1時半から特別メニ…

コレド室町でイタリアン

101213 モロッコ旅行仲間と忘年会。三越前に出来たコレド室町内のイタリアン「ケ・ヴォッリア」へ。 お洒落でスタイリッシュな内装で、スタッフも気持ちの良いサービスを心がけているようで、感じ、すこぶる良し。 ↑愚亭が大好きな生ハムの乗ったピッツァ。 …

みちば和食 「たて野」でのランチ

仲好し家族3組で、秋の会食。珍しく銀座でランチを楽しんだ。 嘗ての職場仲間3組で年3回、持ち回りで会場設定をして会食を楽しむようになって、既に久しい。今回はY夫妻の当番。銀座は花椿通りのビル6階にあるみちば和食「たて野」という、いかにも値が…