ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

音楽

オルガン演奏会@東大駒場キャンパス

180620 こういう素敵なコンサートが無料で開催されていたことは、まったく知らなかった。すでに138回というから驚く。 ついでに、900番教室とは一般的には講堂という風情なのだが、そこにこのようなパイプオルガンが設置されていることにも驚くし、羨ましい…

「万華響」という和太鼓集団のエンタメ@オールタナティブシアター(有楽町)

180619 以前所属していた会社の子会社が主催するイベントに行ってきた。出演のDRAM TAOについては、まったく知識ゼロのまま出かけた。ちまたではかなり知られた存在らしい。 女3人、男11人の若者たちが繰り広げる舞台はかなりの迫力があり、日本人はもと…

コバケン@ミューザ川崎

180611 舞台後ろのP席も満員で、演奏者、オケ、演目、いずれも人気が高いだけにこれも当然。前半、後半ともにたっぷり堪能し、大喝采と拍手、鳴り止まず。田部京子もなんどもステージに呼び戻されていた。 コバケンは、いつものように終演後の”セレモニー”に…

至高のKING'S SINGERSを聴きにミューザへ。

180601 噂には聞いていたが、これほどとは! 暗闇の舞台に、ロウソクの明かりほどの光量を顔に受けて、6人がしずしず登場。すでに割れんばかりの拍手。手にしているのはマックのタブレット。そのまま歌が始まる。歌い終わるとやっと舞台が明るくなり、一番日…

第28回 ozart ORCHESTRA展〜小澤一雄・小澤文代 音楽ひとコマ漫画と陶芸2人展〜

180523 今年も楽しい時期がやってきた。元勤務先の先輩に誘われて初めて行って以来、10年ほど毎回駆けつける展覧会の季節。現在の会場は千駄木の団子坂の路地を入ったところにある、いかにも下町風の長屋である。 名の知れた西洋音楽の作曲家はほぼ網羅して…

村上敏明、初プロデュース公演@ティアラこうとう大ホール

180506 すでに20年も応援しているテノール、村上敏明が初めて手がける公演に出かけた。1998年、大田区アプリコホールのオープニング・ガラコンサートに登場した彼の声に魅了され、以来、熱心なファンを続けている。その彼が自身でプロデュースしたのがピアノ…

三田フィル定期演奏会@めぐろパーシモンホール

180504 面白いキャッチは、毎年この時期に有楽町・丸の内で開催されるラ・フォル・ジュルネ(熱狂の日、発祥はフランスのナント)を意識したもの。 今日は中央よりやや後方、左寄りの席で楽しませてもらおう。 三田フィルはアマオケだが、見事な演奏ぶりはこ…

横浜シティフィル定期演奏会

180429 懸念通り、前半は居眠り続出。その分、マラ5はしっかり聴いた。この曲、5楽章まであり、けっこう長い。3楽章までは金管がガンガン鳴りっぱなしで、この躍動感がたまらない。4楽章は一転、金管とパーカッションはほとんど出番なく、弦楽だけが流麗…

A LA CARTEシリーズ第10弾 オペレッタ「こうもり」

180427 今や、大変な売れっ子ピアニスト、吉田貴至(たかゆき)の主宰団体、都路アートガーデンが9年前から毎年開催しているシリーズも今回で10回目という節目の開催となった。年々人気が高まり、今回は昼夜2回公演で満員だから、175席X2で350人は動員した…

アプリコ・アフタヌーン・サロン2018

180417 藤原歌劇団と二期会という、日本のオペラ界二大組織の実力・人気ともにトップクラスのお二人の共演で、超有名な曲を並べ、しかもこのお値段というのに、平日の午後という開演時間ゆえか、入りがもう一つだったのは、ちょっと残念だった。 前半は「椿…

ロッシーニ「スターバト・マーテル」@東京文化会館

180416 このコンサートのことを気づくのが大幅に遅れたため、初めて5階で聞くことに。 初めての体験で、すこしワクワク感も。最前列で、しかも特製の腰高の椅子に座ると、角度が急で、怖いほど。上手1/4ほどが隠れるが、独唱者、合唱団全員も見られたし、オ…

戴冠ミサ+「ルチア」by 大田区民オペラ合唱団

180414 昨年もほぼ同時期に開催された定期演奏会、歴史ある合唱団なのに第2回とあるのは、多分、大田区民オペラとして過去オペラの本公演に出演していて、定期演奏会を開催する余裕がなかったのではと勝手に想像している。その大田区民オペラは主宰者の都合…

二つのミサ曲を杉並公会堂で鑑賞

180401 地元合唱団の団員が出演することもあって、行くことになった。聴く機会も割りに少ないし、合唱で歌ったこともないので、興味、大ありの舞台。マエストロ砂川の米寿記念コンサートでもある。豪華なソリスト陣も知っている方々ばかりで、それも楽しみだ…

「ロッシーニとその時代」@東京文化会館小ホール

180325 ロッシーニのマラソンコンサート。午前11時から夜の8時半までだから、5部全部出演する合唱の歌手たちには、実にハードな一日だったはず! 愚亭が聞いたのは午後7時からの最後の5部のみ。ちなみに、5部にも出演予定だった天羽明恵は、2部まで…

結構楽しめた林 美智子の『フィガロ』!@第一生命ホール

180321 このチラシを見てすぐ予約したが、それほど魅力満載企画だ。だいたい、これだけのキャスティングはそもそも望めないし、いかにも楽しそうなチラシではないか。林 美智子が日本語台詞・台本・演出・出演とひとりで四役をこなすほどの才人とは、まさか…

この時期に「復活」を歌える喜び!

180320 開花はしたものの、一気に気温の下がったこの日、文京区関口町にあるカトリック関口教会(通称、東京カテドラル聖マリア大聖堂)で、マーラー交響曲2番「復活」、そしてアンコールとしてヘンデルの「ハレルヤ・コーラス」を合唱団の一員として歌った…

「ロッシーニ<音楽の夜会>」@日本橋三井タワーアトリウム

180319 無料のミニコンサートへ。 たまたま出演者のツイッターで知った演奏会。伴奏者まで入れて、ほぼ全員知っている方々ばかり、しかもありがたいことに無料なので、夕方から雨の予報の中、日本橋まで出かけた。 この三井タワーのアトリウムでの演奏会は初…

被災地復興支援チャリティ・コンサートへ

180311 応募していたところ抽選の結果、運良く当選。もちろん、上にも書いてあるように、それなりの寄付を求められている。そうでないとチャリティにならない。 東日本大震災のみならず、その後の熊本地震被害者への支援も含まれているが、大地震発生時刻の1…

ヴェルディのレクイエムをコバケン指揮で聞く@サントリーホール

180307 なにやらおどろおどろしい色彩とデザインのチラシだが、当日配布プログラムの解説によれば、主催した武蔵野合唱団が、自分たちの目指すレクイエムを表そうとしたらしい。真っ赤に燃え盛る紅蓮の炎と、静謐さの中により高い熱を秘めた青い炎なんだそう…

ひさしぶりのアルテリーベ

180305 昨年、フォーレクをめぐろパーシモンで一緒に歌った仲間の一人が、ヴォイストレーニングを受けている先生が出演するからと以前から誘われていたコンサート。土砂降りの中、アルテリーベへ。 海野美栄(うみの みえ)先生は、偶然自分が地元合唱団で指…

マーラー交響曲2番「復活」の合唱練習再開

180303 先月の25日にすみだトリフォニーホールで歌い終わったばかりの「復活」を、それが縁で、再び今月末に東京カテドラル聖マリア大聖堂として知られるカトリック関口教会(文京区関口町)で歌うことになった。 今日はそのオケ合わせ。合唱団は、いくつか…

リリカイタリアーナオペラの発表会@駒込地域活性化センター

180303 今日は午後、今月末、再び合唱団で歌うことになった「復活」のオケ合わせが江東区教育センターであるのだが、その前に、浅草線/三田線/南北線を乗り継いで本駒込へ。初めて利用する駅である。 そこで、リリカイタリアーナオペラという、素人のオペラ…

マーラー2番「復活」、初挑戦

180225 地元合唱団所属ソプラノから誘われ、時間不足や練習会場(大久保)などを理由にして、当初はその気はなかったのだが、名門合唱団の特別枠で歌える、しかも参加費の@¥5,000に惹かれて、参加することに。本番は暗譜というのが不安の種だったが、申し込…

マーラー「復活」、最終オケ合わせ

180220 今日は、ソリスト初参加でのオケ合わせ。体調、万全ではない中、江東区の森下文化センターまで出かけた。 今日は初めてソリストも参加しての最終オケ合わせ。ソプラノ高橋薫子は、1992年、新宿の旧グローブ座で「魔笛」のパパゲーナを見たのが最初だ…

フィルハーモニックアンサンブル管弦楽団@サントリーホール

180212 「復活」の合唱練習の前に、すでにチケットを購入済みだったコンサートへ。久しぶりにコバケンをP席から見ることになった。 P2-33という席からの眺め。最前列は下手側に3席、上手側にも3席だけ飛び出しているが、上手側は撮影機材が専有している。…

<フレッシュ名曲コンサート>@めぐろパーシモンホール

180203 公益財団法人である東京都歴史文化財団が毎年主催する生オケシリーズで、都内各地のホールを1年巡回するようにして開催される。しかも格安なのがミソ。毎年、うちの近くのアプリコか、品川のきゅりあん(大井町)、今回はめぐろパーシモンと、ちょっ…

平井秀明プロデュース ニューイヤーサロンコンサート2018@代々木の森リブロホール

180121 年明けにNHKニューイヤーオペラに出演した嘉目真木子を生で聴くのは久しぶりだが、金山京介はついせんだってアプリコ小ホール開催の「歌唄い」(吉田貴至企画)で聴いたばかり。 この二人は2年前の魔笛で初共演だったことや、そこで起こったハプニン…

初めてのホールで初春のハーモニーを堪能

180118 今、日本で実力、人気ともトップクラスの男女4名のユニットで、結成はもう10年も前らしいが、自分が聞いたのは2011年の銀座YAMAHAホール、そして翌年の二期会週間(サントリー・ブルーローズ)の2回。昨年は行きそびれた。 大変息のあった個性豊か…

府中で「カヴァレリア」を楽しむ

180114 応援している青栁・江口夫妻から誘われて、合唱練習の終盤こっそり抜け出して、蒲田から府中へ向かった。 開場時間の20分前に着いたら、20mぐらいの行列が。それでも2,000を超える客席数のどりーむホールだから、ゆうゆうといい席を確保。今回は演…

「ヴィルトーゾ・フィルハーモニー第45回定期演奏会@アプリコ大ホール

180113 このアマオケ、もう10回ぐらい聞かせていただいている。今日は割に珍しい演目ばかりで、特にドボルジャークの交響詩「野ばと」は初めて聞いた。 フィンランディアはうっとりするほど美しい旋律で、初春の幕開けにぴったりの選曲。今日は、そういう…