ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

音楽

公開リハ@ミューザ川崎

190926 今回も抽選で当たったので、昼からの公開リハへ。 全部で200名ほどか。場所は2階の前方周辺に限定だが、とても聴きやすい席を確保。 エルガーはほんの序盤だけで、ほとんどの時間をブラームスに費やした。 これまであまり聴いことがないが、さす…

長月シンフォニエッタ第6回定期演奏会、「愛の妙薬」演奏会形式@浜離宮朝日ホール

190921 このアマチュア・オケ+合唱団、概ね9月に演奏会を開くことが多いので、この名前になっているらしい。シンフォニエッタというように、小編成の管弦楽団。それでも団員は40名ほどはいそうだ。なかなか洗練された音を出し、アマオケでも相当上手い方だ…

オペラ・オードブル・コンサート@日生劇場フォアイエ

190828 メイン・ディッシュである本公演に先駆けて、さわりを聞かせて宣伝する当企画も9回目。半分以上は出ていると思う。中にはオードブルだけでメインを食べずにすますことも。今回はきちんと11/9の本公演もすでにチケット入手済み。 粟国 淳の解説は手慣…

第17回東京音楽コンクール本選

190826 赤丸印は本選出場者、計5人 このプログラムは2次予選と本選を兼ねているからこうした編集になっているのだろうが、本選に進めなかった出場者の本選で歌う曲も掲載されている。この辺は駆け引き要素もあるだろうが、本選で予定していた曲をその前の…

ユニコーン・シンフォニー、第10回記念定期演奏会

190825 以前合唱団でお世話になった指揮者、神成大輝はまだ22という若さで、しっかり指揮者への地歩を固めつつある。その後も何度か彼の演奏会に我が合唱団員たちと出かけている。 今日、普段聴く機会があまりない演目が並んだ演奏会が、晴海のトリトンスク…

二期会サマーコンサート 2019@さくらホール(渋谷)

190824 恒例の二期会サマーコンサート。今回は2日間公演。初日は合唱練習が重なり、2日目だけ聴くことになった。 毎度のことながら、なんとも豪華なラインナップ!全員がBraviだから、何を書くか悩ましい。 そんな中で、初っ端に登場した佐藤優子、ずーっ…

夏祭ヴェルレク@ミューザ川崎

190817 知り合いが二人も出演するので、一番暑い時間に出動。自由席で人気の演目だから、開場時間の30分まえに到着。列はそれほど長くはなかった。幸い、目指す2階の最前列、やや左寄りに陣取る。 ややゆっくりめのタクトだったか、90分近い演奏時間だっ…

すみだストリートジャズフェスティヴァル、クラシック部門を聞きにトリフォニーへ。

190816 我が合唱指導の猪村浩之がジャズフェスティヴァルに出るというので、さっそく錦糸町へ。 この企画、まったく知らなかったんだが、やるねぇー、墨田区も。例の国技館での5000人第九はもうすっかり知られているが、ジャズフェスの方はそれほど知名度高…

東フィルでしめくくり

190811自分にとっては今年のフェスサマミューザも今日が最終日。一昨日と打って変わって超満員。パイプオルガンの横までぎっしり人で埋まっている。今日も1階の定位置で鑑賞。 日本最古(1911)の交響楽団、東フィルだが、日フィル、読響、東響などに比べると…

若い情熱が溢れる「新世界より」を楽しむ

190809 今日もほぼいつもの定位置で楽しめた。1階左ブロック7列目右端だと、ソリスト演奏も割に近くで楽しめるのと、オケの聴きやすい位置でもあり、さらに、中段、後段の木管、金管、パーカッションまで、奏者の表情も読み取れるので、自分にはベストポジ…

コバケン+藤田真央@ミューザ川崎

190807 今日は1階中央セクションのほぼ真ん中。真央くんの手の動きがよく見える位置。 さすがにチャイコフスキーコンクールで2位取っただけある技量を示した。彼、現在20歳らしいけど、かなり小柄で、とびっきり童顔だから、日本人が見ても中学生にしか見え…

驚異のジョヴァンニ・ソッリマ!

190806 最も好きな演目のひとつ、ドヴォコンが聞けるとあって、楽しみにミューザ川崎まで。しかも、話題のチェリスト、Giovanni Sollimaの演奏で聞けるので開演までワクワク。今日の席は1階左セクション5列目右端で、ソリストまで手の届く距離。こんな素晴…

大田区コーラスフェスティヴァル@アプリコ大ホール

190804 今年は会場の関係から例年よりかなり遅い開催となった。43団体が日頃の練習成果を披露した。秋の合唱祭と比べると、参加団体数は約2/3だが、それでも終演が6時過ぎとなった。残念ながら、聴衆もパラパラという印象で、毎回、もう少しなんとかなら…

KHC第2回演奏会@すみだトリフォニーホール(小)

190803 自分が所属する地元の合唱団の一人が出演するというので、クソ暑い中、錦糸町まで出かけた。このお値段で、立派な演奏を聴かせてもらって、なんだかすごく得した気分でさきほど帰宅した。 得した気分というのは、合唱団のうまさもさることながら、ソ…

フェスタサマーミューザ 2019 洗足学園音楽大学 オケとバレエが織りなす夢物語

190801 愚亭にとってのフェスサマ2019初日。 オケはぎりぎり奥まで引っ込んで、手前に広いスペースが用意されている。1階8列12番は、左セクションの右端最後列。バレエを見るのがメインだから、なぜもっと前を取らなかったのか後悔しきり。 開演となり、…

練馬混声合唱団定期演奏会@練馬文化センター

190727 自分の所属合唱団の指導者の一人がヴォイストレーニングをされている老舗合唱団の定期演奏会を聴きに行った。50回目というのも凄いのだが、指揮者の高瀬新一郎が50年前の団創設時から一貫して指導に当たってきたというのも凄いことだ。 男声16…

「ホフマン物語」(演奏会形式)@五反田文化センター

190723 知った出演者が多数であること、会場が割に近い、値段が手頃と三拍子揃ったので、見に行った。 今年は2月に一度「ホフマン物語」は見ているが、今回、演奏会形式ということで、これは初めての経験。実は、今回、新たな発見があった。それは、視覚要…

「カルメン」本番!「海の日のチャリティーコンサート」@藝大奏楽堂

190715 当日の降雨が心配されたが、なんとか降り出さず、この点はラッキーだった。過去15回で、雨天は一度だけというから、これもまたすごい。そう言えば、過去2回参加した時は、暑さにあえぎあえぎ、会場入りしたのを覚えている。 今年もこの季節になった。…

ドゥオコンサート@ソフィアザール・サロン駒込

190707 今度、大田区の文化振興協会主催の「こうもり」で同じ舞台に乗ることになったソプラノ、種谷典子のドゥオコンの情報をFB上で知って、さっそく予約して、合唱練習の合間に雨中、駒込まで。立派な名前の付いたこのホール、民家の2階にあるミニホールで…

「ミサ・ソレムニス」フィルハーモニック・コーラス第7回定期演奏会@アプリコ大ホール

190630 初めて生でというわけではないが、随分長いこと聞いていないミサ曲で、今回はじっくりと堪能。この作品の素晴らしさをたっぷりと味わい尽くした感じがする。 ベートーベンは若い頃にハ長調のミサ曲を作曲していて、ソレムニスの方は晩年、亡くなる4…

読響Xアプリコ 大友直人 歓喜のブラームス+ショパンP協No.1by 牛牛

190629 この牛牛という若手がすごい演奏を聴かせてくれて、場内、興奮の渦。ブラーヴォが飛び交ったと言っても過言ではない。ガタイがまずでかいのに驚く。182cmぐらいの印象。手足が長く、それだけでも抜群の安定感と思わせる。果たせるかな、そのきらびや…

マーラー・交響曲2番「復活」@サンパール荒川

190609 MAXフィル演奏会で舞台に上がるのは昨年末の第九以来2度目。マエストロ古澤は、下の略歴にもあるように、元々はコントラバス奏者で、現在は指揮と二足のわらじ活動を継続している様子。人柄も大変さっぱりしていて、楽団員、合唱団員からもよく慕われ…

「ちょっと気軽にこんさあと」@入間市

190608 首都圏にある会場で、自宅から片道2時間以上かけて聞きに行くのは、多分今回が初めて。 オペラ界では人気者同士のドゥオ・コンで、しかも一人は、うちの合唱団の指導者であれば、遠距離もなんのそのということに。 工藤は、昨年7月、大田区アプリコ大…

「ドラマティックな午後」〜トーク付きコンサート〜

190530 音楽工房ミッレ・メルチェとは加藤千恵子が主宰する団体 最初に村上敏明の美声に注目したのが1998年のアプリコだから、実にもう21年も前のこと。以来、ずーっと聴き続けているが、最近は、地元日野周辺でリサイタルなどを開催することが多く、いつし…

「ペラペラオペラ in 東京文化会館」

190626 7月、ここ東京文化会館での本公演が予定されている「トゥーランドット」のプレイベント。 よく分からないタイトルだが、レクチャー主体のプログラムなので、ペラペラと題したのか。その割にはそれほどの感じではなかった。トゥーランドットをよく知ら…

三田フィル第28回定期演奏会@アプリコ大ホール

190526 毎回聞きに行っているシリーズ。今回は事情があり、前半しか聞けなかったのが残念。 いつものバルコニー席からの眺め 前半はメンデルスゾーン作曲交響曲第5番「宗教改革」と、タイトルからして、珍しいもの。初めて聞く曲だ。 冒頭から、結構管楽器…

狛江フィル第43回定期演奏会@エコルマホール

190511 かつての職場の先輩が、創設に深く関わった管弦楽団で、当時から何度か聴いているアマオケ。定期演奏会はおそらく年2回だろうから、およそ創立から20年以上が経過しているはずだ。顔ぶれも当時とは一新、知っている顔はゼロ・・・と思ったら、1ST VIO…

谷中オペラ寺劇場(てらこや)第6回を観て

190512 シリーズ6回目ということは、初回は2013年か。数回、観に(聴きに)来ている。 コスパの高い演奏会というと、失礼になりそうだが、やはりこの充実した内容のコンサートを@¥3,000で楽しめるのは、そうとしかいいようがない。 今年は、日声協恒例の「海…

横浜シティーフィル第67回定期演奏会@みなとみらい大ホール

190506 高橋絵理をまた聴けるとはありがたい!ただ、今日歌うのはワグナーだからなぁ。近くから聞くなら1階前列と思ったが、後半はチャイ5なので、2階バルコニー席最前列に陣取る。 最前列は手すりのバーが少々目障りだが、仕方ない。 今日の弦楽器の配置は…

「音楽が紡ぐアラビアンナイト」@国際フォーラム ホールA

190505 無料でラ・トラヴィアータを見るために購入した演奏会がこれ。 タイミングがぴったりだったというのがその理由。別にリムスキー・コルサコフが聞きたいとか、このオケに興味があったわけでもない。 だが、素晴らしい演奏で、この若きロシア人で構成す…