ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

嵐のごとき65分、バッティストーニが振る第九@めぐろパーシモンホール

170924 午前中、地元合唱団の練習を終えて、都立大へ向かった。嘗ての合唱仲間も出演する第九を聞くためだ。一般公募には自分も応募したのだが、目黒区民優先ということで、あえなく落選。 なにしろ、この顔ぶれだもの、出たくてしようがなかったが、目黒区…

ニューシティー・オーケストラ第71回定期演奏会@アプリコ大ホール

170923 今回はどちらかと言えば、地味な選曲になっているようだが、滅多に聴けないグラズノフの大曲などが含まれていて、たっぷり楽しめた。 このマエストロ、上のように、かなりユニークな経歴の持ち主のように見える。15歳で渡米して、ニューヨークはマ…

”船友”とスペイン料理屋へ

170921 53年前の航海でいっしょだった”船友”、ここ数年で何人かが旅立ってしまった。残ったメンバーで時折会っているが、今回は長老格のY氏からお誘いがあって、銀座のスペイン料理屋に4人が集った。 食前酒のCAVAで乾杯、また食後にはイタリアのグラッパに…

兄のグループ展@東京交通会館

170920 兄の所属する美術団体が開催する年2回の美術展に行った。今年はスペースに余裕があるのか、3点も出展。 1階にあるギャラリー、シルバー・ルームは、小ぢんまりだが、段差がある会場。立体的で面白いが高齢者には、この段差が辛いかも知れない。 一…

「あしたは最高のはじまり」

170919 原題:DEMAIN TOUT COMMENCE(明日は何もかもが始まる)仏 117分 脚本・監督:ユーゴ・ジェラン おかしくて、時々ホロリとさせられる作品。 南仏、カランク(崖)の目立つ地域だから、多分コート・ダジュールよりプロヴァンスと思われるところが舞台…

J.S.バッハ ミサ曲 ロ短調@東京オペラシティコンサートホール

170918 地元の合唱団仲間が出演するので、久しぶりにロ短調を聞きに行った。 初めてこの曲を聴いたのは11年前のベルリンの、例のカラヤンホール、旅の疲れから、うつらうつらしながら聴いていた記憶がある。したがって、どんな曲だったか、ほとんど覚えてい…

IL CONCERTINO

170917 さて、本日最後のイベントは、浜離宮朝日ホールで開催中の通称イルコン、IL CONCENTRINO(コンチェルトに縮小語尾を付したイタリア語、まあ、ミニコンサート)。川越から築地までの結構な移動。築地についても、まだしつこく降っている。 ちょうど、…

おんがくフェスタin川越

170917 台風が近づきそうな気配を感じながら、初めての土地、川越へ。今日は午前中、合唱練習があり、終わるや否や電車に飛び乗って、ちょうど開演時間に間に合った。 しょっちゅう音楽会の会場では顔を合わせているのに、まだ一度もその歌声を聴いたことが…

SAWAKAMI OPERA クラシック コンサート@アニェッリホール(九段)

170916 急な告知だったためか、せっかくの素晴らしい演奏会だったのに、客席はまばらで、まことに残念なことだ! 投資家である澤上篤人が主宰するシステム。有望な若き音楽家を選出して、海外で一定期間研修させて鍛え上げるというもの。研修先はトリエステ…

「ワーニャ伯父さん」

170914 久しぶりに芝居を見に、新国立劇場小劇場へ。上階のオペラパレスや中劇場にはこれまで何度も足を運んでいるが、小劇場が初めて。地下にあるが、とてもよくできた造りだ。この規模の劇場としては、大変気に入った。 普段からロシア文学など無縁だが、…

「三度目の殺人」

170913 原案・脚本・編集・監督:是枝裕和 これぞKORE-EDAワールドって言うやつかな。実に緻密な構成で、画面に観客を強引に引きずり込み、なおかつ、見終わっても、なにかモヤモヤ感が漂いながら出てくる典型的な作品。 「そして父になる」と同様、外では優…

ダンケルク

170911 原題:DUNKIRK (これは英語表記、発音はダンカーク、一方、ダンケルクのあるフランスでは、DUNKERQUEと綴る)英米仏合作 106分 脚本・監督:クリストファー・ノーラン(「ダークナイト」、「インセプション」、「インターステラー」などなど、ほぼ全…

パーシモンのオープンデーで二期会マイスタージンガーを聞く

170909 合唱仲間から無料コンサートの耳寄り情報を得て、ジリジリ照りつける中、めぐろパーシモンホールまで出かけた。 お目当は、応援している高橋絵理が登場する第二部。二期会マイスタージンガーはバリトンの松本宰二が主宰するユニットで、結成して多分…

「禅と骨」

170908 こういう人がいたとは知らなかった。上に書かれている通りで、ヘンリー・ミトワ(Henry Mitwer)は粋人であり、変人である。 日本人の母(新橋の芸者だったらしい)とドイツ系アメリカ人の父の間に横浜生まれ、横浜育ち。外見は全く外国人ゆえ、スパイ…

「関ヶ原」

170906 149分 脚本・監督:原田眞人 原作:司馬遼太郎 テレビドラマでは、何度か見た記憶があるが、映画では初めて見る。さすがに今時の作り方だと、戦闘シーンなど、とてつもない迫力で、思わずワクワクする。 監督は司馬ワールドにずーっと強い憧れがあっ…

「新感染 ファイナル・エクスプレス」

170905 原題はハングルで表記不能。参考までに英語タイトルはTRAIN TO BUSAN(釜山行き列車)114分 韓国 監督・ヨン・サンホ この邦題は秀逸!新幹線の中での新感染という、語呂合わせみたいな具合だ。舞台になっているのは、ソウル発釜山行き韓国版新幹線、…

「ワンダーウーマン」

170905 原題もWONDER WOMAN 米 141分 監督:パティー・ジェンキンス(「モンスター」2003) ギリシャ神話の世界の話だが、冒頭シーンは現在のパリ。空撮で、徐々にルーブル博物館にズームしていき、ピラミッドの真上から内部へという導入部。 映画は、古代(…

「コウモリ」@川崎市民館

170903 旧知の歌手が何人か出演するので、合唱練習の後、登戸へ駆けつけた。初めて行くホールなので、途中、道を間違えたりしながら、それでも開場時間ジャストに到着。前から4列目に陣取った。オケ・スペース確保で前列4列ほど潰しているから、実際には8…

加藤康之テノール帰国記念リサイタル@伝承ホール(渋谷)

170902 こういう優れたテノールがいること、まったく知らず、企画したフランコ酒井から聞いて初めて知ることとなった。ルッカをベースに活躍されていたわけだから、日本で存在が知られてないのも宜なるかな。 興味津々で第一声を聴いて、思わず仰け反りそう…

青山 貴独演コンサート@日暮里サニーホールコンサートサロン

170901 日声協主催の独演コンサートシリーズ、今年度の第5回は、バリトンの青山 貴。歌唱力もさることながら、この方の自然で、人柄を感じさせる温もりのある笑顔に惹きつけられるファンが多い(特に高齢女性)。 ご本人からも最後に説明があったが、このシ…

「パターソン」

170831 原題:PATERSON 米 118分 脚・監:ジム・ジャームッシュ(64歳、日本公開作品、多数だが、これまで一本も見ていない) パターソン(実際の発音はパタスンで、アクセントは最初に来る)は、ニュージャージー州の、何の変哲もないありふれた地方都市の…

DOLCE MUSICA Vol.7@アルテリーベ

170830 いつもはこの店のスタッフとしてチロル衣装を身にまとい、キビキビ動き回っている姿しか知らない店の看板娘、佐藤 祥を初めて聞きに行った。 この人、強靭な声帯をお持ちのようで、低く力強い音色が持ち味。メゾソプラノと言っても、かなりアルト寄り…

初めてマルタ料理を

170829 今から30年ほど前に一度だけマルタに行ったことがある。仕事だったので、あまり街は見ていないが、期待したほどの印象はない。もっとじっくり滞在すればまた違った印象が得られたと思うのだが、観光で行ったわけではないから、それはそれで仕方ない。…

 「エル ELLE」

170828 原題:ELLE(彼女)131分 仏 監督:ポール・ヴァーホーヴェン(Verhoevenと綴るオランダ人、本来はフェルホーフェンとカタカナ表記すべきだろう。「氷の微笑」、「ブラックブック」)原作:フィリップ・ディジャン まあ、よくこんなストーリーを考え…

創作オペラ「セヴィリアの理髪師の結婚」

170827 タイトルから分かるように、二つの名作オペラをくっつけちまった、奇天烈な創作オペラ!上のチラシにもある構成・演出:田尾下 哲/家田 淳の仕業である。 もともと、ストーリーの展開は「セヴィリア・・・」があって、その続きが「フィガロの・・・」…

實川 風(かおる)ピアノ・リサイタル@銀座ヤマハホール

170826 この新進のピアニストを聞くため、2年ぶりにヤマハホールへ。久しぶりの客席の座り心地は上々。チケット購入がかなり出遅れたために1階最後列から二番目の、しかも左端で、見づらい、聞きづらいだろうことはある程度覚悟してたが、これがどうして、…

オペレッタ「ボッカッチョ」@文化シャッターホール

170825 先日ある音楽会の幕間でばったりお会いしたソプラノの三宅理恵からたまたま入手した演奏会情報。ご本人の演奏会にはこの1年、まった行っていないこともあり、行くことを即決。 音楽監督から出演者のほぼ全員を存じ上げており、楽しみに春日まで出かけ…

創作オペレッタを観に

170824 かつて、7,8回は通ったことのある神田岩本町で営業していたオペラサロン「トナカイ」、何年か前に浜松町に舞台を移して主催公演をしている。イタリアンレストラン「サン・ミケーレ」という、やや目立たぬ場所のビルの5階だから、あまり立地がいいと…

ハイドリッヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦

170822 原題:ANTHROPOID (類人猿)チェコ・仏・英合作 120分 製作・脚本・撮影・監督:ショーン・エリス(47歳、英国) この時代(1942年)前後のナチが絡む作品はどうしても見たくなる。よくできた作品だけに、関東地方1館上映は実にもったいない。 第二…

二期会サマーコンサート2017 @さくらホール(渋谷)

170818 恒例のイベント。以前は銀座のヤマハホールで開催されていたように思う。それと抽選制だったから、最近は行く機会が減っていた。今回からは渋谷のさくらホールでの開催。抽選制もなくなり、普通のコンサートになった。 この会場は、舞台の空間が広く…