読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

TRE TENORI@伝承ホール(渋谷文化総合センター大和田)

音楽

151227

f:id:grappatei:20151228143936j:plain

 Tre Tenoriは、むろん、パヴァロッティドミンゴカレーラスの3人を意識して結成されたのだろう。これまですでに何度かこのユニットで演奏会を開いているらしい。

今回は、ゲストに佐藤優子さんを迎えてのコンサートということのようだ。ただ、チラシにも、当日配布のプログラムの表紙にも佐藤優さんの文字が見えないので、不思議だったが、ご本人が敢えてそうして欲しいと強くリクエストしたらしい。

f:id:grappatei:20151228150601j:plain

演目は、あまり詳しく書いていなくて、一体何を歌うんだろうと思ったら、主宰の隠岐さんがメインにその都度説明を加えるという方式。冒頭は、ごく軽めの演目が並び、まずは隠岐さんがベサメムーチョ。いきなりなので、少し硬くなったのか、特に低音部は声が出ていなかったので、アレっという印象。その後、テノールが1曲ずつ歌って、リゴレットから3曲で、ここからオペラ編。

この辺りから、皆さん、絶好調、それぞれの持ち味をたっぷり堪能させてもらった。後半は、ランメルモールでゲストの佐藤さんが、素晴らしいルチアを聴かせてくれて、大ブラーヴァ!!!。

f:id:grappatei:20151228152142j:plain

思い出せば、5年ほども前になるのか、満員の東京文化会館小ホールで、二期会の新人達のコンサートがあり、その時にやはりルチーアの狂乱の場を演じられたのだが、それはそれは新人離れした演唱で呆気にとられた。以来、機会あるごとに聴かせてもらっているが、いよいよ年明けには五島育英財団の留学生として、1年ヴェローナへ行くことが決まっている。どんな佐藤優子になって帰国されるか、今から大変楽しみだ。

さて主役の3人だが、どちらかというと、やや軽めの声の持ち主で、オペラもさることながら、カンツォーネがどれも素晴らしかった。アンコールの「忘れな草」は、しみじみ心に響いた。

上のチラシは、よくできている。この似顔絵が素晴らしい。イタリア人が描いたものとか。よく特徴を捉えているが、制作の段階でヒゲを伸ばしていた人が剃っていて、ヒゲのなかった人が逆に伸ばしているので、かなり混乱した。

f:id:grappatei:20151228152955j:plain

終演後、フォアイエで挨拶される古橋郷平さんと佐藤優子さん。

#68