読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

「イニシュマン島のビリー」@世田谷パブリックシアター

演劇・落語

160405 久しぶりに芝居を見に出かけた。

f:id:grappatei:20160407102805j:plain

f:id:grappatei:20160407102835j:plain

4年前に旅行したアイルランドのアラン諸島の印象が強烈で、イニシュマンはこの諸島のひとつ。このタイトルにまず興味が行き、原作、演出、それにキャスティングを見て、販売開始と同時に予約した。ちなみにアラン諸島は、⬇︎赤い印のところ。

f:id:grappatei:20160405194457p:plain

原題がもろ、「イニシュマン島のクリップル(かたわ)」となっているが、さすがに邦題は、そこまでの露骨さは避けて、こういうタイトルに。だが、セリフには放送禁止用語のオンパレード。

役者が皆さん、まことにお上手で、存分に楽しませてもらった。セリフのやり取りが小気味良いテンポで、引き込まれる。特に鈴木杏の台詞回しは際立っていた。

舞台が何しろ絶海の孤島風に暗いところであり、話の内容も同様に救いがたいほど暗いのだが、随所にユーモアを散りばめたところが素晴らしい。

ところで、藤木 孝が出ていたのは、後で気づいた。誰だろう、この小柄な老人は?と思っていたが・・・。1940年生まれだから、現在76。60年代、にやけたツイスト男として、毎日のようにテレビに出ていた、あの藤木 孝だったとは!内容は以下のYouTubeの通り。 

いやあ、やはり舞台の醍醐味はまた格別だ。