読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

「私と彼女」(仮題)@イタリア映画祭

160501 108分

f:id:grappatei:20160502093707p:plain

f:id:grappatei:20160502093723p:plain

最近も「母へ、」で改めてたっぷりその魅力を堪能したマルゲリータ・ブイと、依然本国イタリアでは絶大な人気を誇るサブリーナ・フェリッリが共演するというだけでも、垂涎の作品!迷わずチケットを買っていた。

やや変わったテーマだが、期待通り、十分楽しめるオシャレな作品。マリーナがストレートにレズビアンなのに対して、フェデリーカの方は息子(これがまたえらく物分かりのいい息子で、彼女にはなくてはならぬ相談相手でもある)もいるし、ふと男と親しくなったりもするから、5年も一緒に暮らしていながら、関係が突如ギクシャクする。

二人の心に隙間風が吹くのだが、修復しようとする精神状態が、微妙にずれてしまい、見ている側は時にじれったくなったり・・・ま、結局収まるべきところへ収まるのだが、二人の大女優の絶妙の間合いが観る者を引きつけてやまない。

監督のマリア・ソーレ・トニャッツィは、1990年、68歳で没した偉大な喜劇俳優、ウーゴ・トニャッツィと、ピエトロ・ジェルミ監督の「わらの男」(1957)に出演した女優フランカ・ベットーヤを両親に持つ根っからの映画人。

父ウーゴが出演した傑作「Mr. レディ、Mr.マダム」(LA CAGE AU FOLLES)はホモの夫婦を扱ったのに対し、喜劇ではないが、娘のマリアはその女性版に挑戦した形だ。彼女の中では常にこの作品を意識していたと、⬇︎終映後のトークセッションで話していた。

f:id:grappatei:20160502093646j:plain

#34