読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

「しあわせの雨傘」@博品館劇場(銀座八丁目)

160519 久しぶりに博品館へ。もう見慣れた光景だが、相変わらず中国からの観光客で周辺が溢れかえっている。

f:id:grappatei:20160521111928j:plain

何年か前にカトリーヌ・ドヌーヴ主演、フランソワ・オゾン監督の映画を見ている。さて、これを舞台で、鵜山仁がどのように見せてくれるのか、興味津々。主演の賀来千香子がどんな演技を見せてくれるかも。

f:id:grappatei:20160520101245p:plain

フランスの地方都市で、雨傘工場経営夫妻に起きる騒動を描いた喜劇。前半は、割に真面目な展開で、少々ダレるが、後半は、かなり笑える展開となる。やはり賀来千香子ファンが多い。冒頭、彼女が全身赤づくめのスポーツウェアで登場すると、拍手とため息が。

彼女については、時々裏がえる特徴ある声の女優ぐらいの認識しかなかったが、見直した。まずはスタイル抜群、特に美脚につい目が行く。お顔もなかなかで、時折十朱幸代に似ていると思う。発声もごく普通で、裏がえるようなことは、ほとんどなかった。

脇役陣では、永島敏行がいい演技をする。それにしても随分太った。井上純一、懐かしい名前だ。元ジャニーズで、一時はポストひろみと言われるほどの人気者。さすがに老けた。(まだ60前だが)

鵜山仁はオペラの演出で見る機会が多い。軽妙で手堅い演出ぶり。舞台セットは、居間とオフィスという屋内だけだが、労働争議の場面などでは、客席側を労働者集結の場に見立てるなど意外な場面転換はさすがである。

f:id:grappatei:20160520100744j:plain

⬆︎このカトリーヌ・ドヌーヴの姿はもはや気の毒としか言いようがない。そこへ行くと、賀来千香子のスリムでバランスの良い姿は・・・。

いつもと違って、客席は若い女性の姿が圧倒的。高齢者はさすがに少なかった。