読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

二期会デイズ最終日「ドン・ジョヴァンニ」

オペラ

160703

f:id:grappatei:20160704114642p:plain

このシリーズで、かくも素晴らしいドン・ジョヴァンニが楽しめようとは!!オケもないし、舞台装置もないから、いわゆる”演奏会形式”となるのだろうが、コスチュームは本格的だし、簡素ながらもちょっとした装置があり、演技もしっかりされていたから、ほぼ本公演に近いものと言える。でも、オケがなきゃあなぁ〜、と言われれば、それまでだが、石野真穂さんの見事なピアノ伴奏が素晴らしいばかりに盛り上げてくれて、3日目のお客さんは大ハッピーだろう。

正味2時間40分ということは、ほとんど本公演並みの内容と言える。(後で聞いたところでは、3曲がカットされたとか。)それにしても、改めて感じ入ったことは、登場人物が比較的多いのだが、見事なまでにほぼ満遍なく全員に美しいアリアや重唱を割り当てていることだ。この辺りのモーツァルトの凄さがまざまざ。

特筆すべきは、やはり企画も担当した宮本益光さんの多芸ぶりだろう。歌唱も、以前聞いていたのとは明らかに異なる、何かこう、生き生きとした輝かしい歌いっぷりに、まずは打ちのめされた。この人の本髄を見る思い。

f:id:grappatei:20160704120706j:plain

⬆︎ものすごく照れて「いや〜、一人で写るのは勘弁してくださいよ〜」と、ファンと一緒の写真には気軽に応じていたのに、かなり抵抗されて、やっと撮れた一枚。この直後、ファンが列を作る人気ぶり。無理もない。

主要キャスト陣は、ベテラン揃いで言うことなし!そんな中で、初々しい演唱で観衆を魅了したのは、ツェルリーナとマゼットのお二人。

f:id:grappatei:20160704121003j:plain

三井清夏さんは、昨年の二期会公演「ウィーン気質」でデビューした、文字どおり新星だ。美しい響きの発声も、舞台映えする姿も、将来大物になる予感。マゼットを演じた近藤圭さんも、あの国立音大の大学院を首席で卒業したという、これまた有望株。ご覧のようなイケメンだし、歌唱は折り紙付き。まさに似合いのカップリング。この辺り、さすが二期会、考え抜いたキャスティングだろう。

(上の写真、後方に写り込んでいるのは、ピアノの石野真穂さん、奥にドン・オッターヴィオ役の望月哲也さん)