ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

「タンホイザー」@東京文化会館

240229  バイロイトの常連、アクセル・コーバーと、今やひっぱりだこのヘルデン・テノールの1人、NZ出身のサイモン・オニール、2大スター登場で前評判上々の公演です。

幼少時から耳馴染みのあるメロディーが頻出するオペラですが、生の舞台は初めてなんです。なにしろオペラを見始めて以来のスーパー・イタオペファンだもんで。どうしても暗くて超長いワグナーは敬遠指向が強くて。

でも、今回はコロナ明けでオペラに飢えている時期継続中で、弾みで高額指定券を購入、前から5列目左セクション右端という、私にはベスト・ポジションでの鑑賞となりました。

上のチラシのトップにも表示されていますが、ストラスブールにあるラン(ちなみにランとはライン川を指すフランス語)歌劇場提携ということで、そこのプロダクションをそっくり再現した上演で、コロナ真っ最中の2021年にこの東京文化会館でやっていて、今回はそれの再現。スタッフ・キャストもほぼかぶります。

やはり本場の舞台は違います。舞台デザイン、衣装、照明、すべてラン・オペラ座のものを使用していますし、もちろん演出もオリジナルのままのはずです。たまにはこうした本格的なオペラ公演は見ないといけませんね。

25分ずつの2回の休憩を挟んで3幕ですから、正味3時間という長丁場。覚悟はしていましたが、豪華でスタイリッシュな舞台装置や多数のソリスト陣、合唱団などによる絢爛たる演唱と群舞に我を忘れました。

とは言え、2幕冒頭のバンダによる演奏で一気に盛り上がりましたが、その後に続く歌合戦の場面はやはりワグナーらしく、愚亭にはいささか冗長で眠くなったことは白状しておきます。

パリ版とかドレスデン版とか何種類かあるようで、初めて見る者にはそれらの違いがよく分かりません。ただ、1幕に延々とバレエシーンを入れたのはパリ版のようではあります。

長い冒頭の演奏が終わってからバレエ・シーンとなります。これもまた見せ場の一つでしょう。舞台正面奥にもう一つ小さな舞台(タブローというようです)とでもいうのでしょうか、仕掛けがどうもよく分かりませんが、古典派の名画に見せていて、裸体(に見える肌色のレオタード)の男女が静止画から突然踊り出す演出には驚きました。

そのあとも、このタブローを極めて効果的に多用していましたし、終幕、タンホイザーが犠牲として亡くなったエリーザベトの遺骸に向かって昇天していくところで、暗転して幕となります。いやまあすごい演出でした。

イタオペと違って、第3幕の超有名な「夕星の歌」以外には独立したアリアという歌わせ方をあまりしないので、途中で喝采やブラーヴォがまったく出ないのと、やはり全体にカチッとして、いかにもドイツらしいところがふんだんに出てくる楽劇でした。

ところで、タイトルではタンホイザーですが、劇中、一度もタンホイザーと呼ばれることはなく、ハインリッヒに終始しているのは、どうやらタンホイザーはトロばトーレ(吟遊詩人)のごとく一般名詞的に用いられているからでしょうか。

 

チャイ5を聞きにミューザ川崎へ

240225 今日は氷雨の中、川崎まで。

知り合いのフルート奏者が乗るというので、行ってきました。

初めて聞くアマチュア・オケですが、これがまた見事な演奏で、千円で聞かせてもらうのはもったいないと思いました。弦と管のバランスが心地よく、それがメインのチャイ5如実に現れていました。この曲はいつ聞いてもぞくっとするほど素晴らしいのですが、今日の演奏はなぜかとりわけ心に沁みました。

各楽章とも聞かせどころたっぷりで、何度聞いてもどきどきします。

隣の隣のじいさんがアンコール曲の冒頭で口ずさんでしまい、不快でした。幸い、すぐにやめてくれたので注意するには至りませんで、幸いでした。

楽団の成り立ちを見て、今の楽団名に落ち着いたのにはナットクでした。

「エリアス」@東京オペラシティー コンサートホール

240224 オラトリオといえば、ヘンデルの「メサイア」、ハイドンの「天地創造」、そしてこの「エリアス」が三大オラトリオということになっているらしいです。他に、バッハのクリスマス・オラトリオなどもあります。

ちなみに受難曲とは一応一線を画するようです。確かにキリストの受難にだけ的を絞っているのとはかなり趣が異なりますし、編成がオラトリオの方が大掛かりと言えるでしょうか。

初めて生で聞く「エリアス」です。地元の合唱仲間が2人出演しました。このような立派な演奏会に出演できるとは、羨ましき限りです。

ソリストの多さも特徴的です。メインは上でも大きく書かれている4人で、その下に記載がある5名の方々は出番に応じて合唱団に近い位置から静々と前に移動したり、天使たちは下手後方に位置どりしたりします。中でもソプラノが歌う「少年」役はエリアスから「上に登り、海の方を見なさい」と言われることもあり、わざわざ2階正面下手に移動して歌い、効果を上げています。

4人のメイン・キャスト、どなたも冴えていましたが、中でもエリアスを歌われた大沼 徹さん、お見事の一言。彼の聖域(やや高め)にはぴったりの役どころと思いました。

1部2部それぞれ1時間づつと聞いていたのですが、実際はそれよりずっと長く、休憩15分を含めて3時間を超える今日の演奏でした。新日フィルもさすがの精緻な響きでしたし、合唱も想像以上にきびきびとメリハリ満点の出来栄えでした。

また、後方特設スクリーンに字幕が表示されるので、初めて視聴する聴衆にも大変分かりやすい手法が取られていました。

メンデルズゾーンといえば、もっと軽めの曲で馴染んでいただけに、こんなすごい宗教曲を作曲していたと、今更ながら彼に対する評価を改めた次第。(今頃!?)

「復活」(マーラー)、マエストロ練習@Aura Hall 聖蹟桜ヶ丘

240223 氷雨となった天皇誕生日、一度も下車したことのない聖蹟桜ヶ丘まで片道1時間半かけて行ってきました。3/10本番のコバケン復活のオケ合わせでした。合唱団200名強がオケと一緒に練習するので、広めの会場もいっぱいいっぱい。合唱団の後列は立ったままの練習で気の毒でした。

合唱練習は冒頭部分を繰り返し念入りに。歌詞抜きでハミングでいいぐらいの感じでとなんどもダメ出しが。

逆に、終楽部は前面に位置するオケの大音量に合唱がかき消される不安があるからと、全員にオケに負けない声を出すよう、ここも繰り返しやりました。ただ、fffなんで、各自が持てる最大の音を出し続けるにしても、ヘタをすると喉をやられかねないので、ほどほどにしつつ、マエストロの指示のもと、ほっぺに手の平を押し当てての発声をやりました。さて、本番で、客席ではどのように聞いてもらえるでしょうか。

エストロ練習はいよいよあと2回だけとなりました。

「沈黙の艦隊」@AmazonPrime

240220 人気コミックの実写版。昨秋、劇場公開。今回配信版(全8話)を視聴。

近未来というより、無理筋の、かなり荒唐無稽のストーリーですが、東京湾でのアメリカ第7艦隊と日本の原潜の戦いシーンは、結構な見せ場でした。なかなかスリリングで緊張して見ていました。続編があるような終わり方でした。他にはとりたててのコメントはありません。