ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

「シチリアの晩鐘」by アーリドラーテ歌劇団@新国立劇場中劇場

240622

これは愚亭の中高時代の後輩にあたるMo.山島がライフワークとして取り組んでいるヴェルディ・シリーズの記念すべき第10回の公演です。愚亭は6回目の「ナブッコ」から観に行っています。彼は弁護士との二足の草鞋を履いていて、公演収支の赤字を自ら補填しながら続けていて、頭が下がります。

昨日の公演は見る限り客席は9割がた埋まっていましたが、どうなんでしょうか。赤字幅が縮小することを祈るばかりです。

いつものように、開幕前にマエストロが出てきて挨拶かたがた、演目の解説をしてくれます。さらに今回は、わかりにくい人物相関関係に加え当時のシチリアの情勢をすこしでも理解してもらうために、プログラムに以下のような工夫をされていました。

幕ごとにアニメで内容が紹介されていました。これはアイディアですね。

さて、このオペラ、初見です。YouTube等でも観たこと、ありません。アリアも、ほぼ聞いたことはないと思います。上演回数の少ない作品なので、無理からぬことです。そもそも13世紀末の実際に起きたシチリアでの騒乱を扱っているので、暗い内容ですし、ヴェルディの全28のオペラの中で20番目という、ラ・トラヴィアータの後、シモン・ボッカネーグラの前に作られた作品にしては、かなり地味という印象です。

しかし、それでも後半、にわかに主要キャストの名アリアや重唱が続々と出てまいります。ただ、こうしたアリアや重唱がコンサートで単独で取り上げられる機会がほとんどないのは、いかがなもんでしょうか、自問してしまいます。

他に合唱の出番が多いのも本作の特徴でしょうか。全ソリストと合唱が一体になっての歌唱など、聞き応えたっぷりでした。ただ、長すぎます。優に3時間を超えるのに加えて30分ほどのバレエも挿入されているので、バレエ好きには堪えられないでしょうけど、そうでないとちょっとねぇ。

ソリストも合唱もよくこれだけ長い楽曲を暗譜したものと感嘆いたします。練習も大変だったことでしょう。

ソリスト陣、みなさん、大熱演でしたが、中でもエレナ役の石上朋美さんの卓抜せる演唱は特筆に値いします。一番館内狭しと響き渡っていましたし、それも最後まで持続させた技は見事としか言えません。

舞台デザインは、いつもながらの低予算でよく工夫されていました。今回は大きな雲の塊をいくつも上から吊るして自在に位置を調整しながら、それらに場面場面でさまざまな色を照明して雰囲気を盛り上げていました。

また終幕は、なんの変哲もない幕が一気に取り去られると、シチリア人が一斉に手前にいるフランス兵その他を殺傷する展開で、すばらしい幕切れでした。

 

「マダム・バタフライ」@METライブビューイング

240621 このシリーズの映画館上映は1週間だけなので、過去何度も見過ごしています。それで、今回は大事を取って早めに予定表に記入し、予約もして用意万端。

とりあえず、タイトルロール役のアスミック・グレゴリアンを聴きたさに大いに期待して109シネマズ川崎へ。この方、両親共にオペラ歌手で二人ともMETの舞台を踏んだそうですから、まさにMETの申し子的存在です。

期待に違わずこのリトアニア出身のソプラノは文句なしに素晴らしかった。どんな音域でも同じように楽々と響かせる技術の高さはやはり超一級と言うのでしょう。あとは好き嫌いの問題。愚亭にはイタリアのソプラノ、バルバラ・フリットリに似た歌い方だなという印象でした。

しかし、全体の印象から言うと、愚亭にはNGです。主因は衣装、どう見ても中国風でしかありません。担当したのはやはり中国人で、オペラの衣装は初めての方。演出をやったアンソニー・ミンゲラという映画監督に見出されたようです。

ミンゲラも初めてのオペラの演出で、いろいろ迷ったようですが、うまくできていた気がします。彼は2008年に亡くなっているので、その演出を20年近く継承していることになるのでしょうか。

他にもヘアメイクもめちゃくちゃで、愚亭には噴飯物にしか映りませんでした。そう言えば、マエストロも中国人ですから、なにもかもが中国風になるのも仕方ないのかも。日本人からすれば、落胆は隠せません。

歌手では、スズキ役のアメリカ人、エリザベス・ドゥショングが圧巻の演唱でした。ピンカートンはチリ人のジョナサン・テテルマという大型新人、まあ発声はなかなかでしたが、愚亭好みの歌手ではありませんでした。声の質が気になって仕方ありませんでした。ついでに顔も、なんかすけべったらしくて、ま、でもその方がピンカートンの実像に近いかも、などと妙に納得しましたが、

できるだけカラフルにしたと衣装担当はおっしゃるが・・・これじゃねぇ。

第1幕の結婚初夜の場面、ミンゲラの演出は冴えていました。

まるで関取風のスズキの衣装には驚きました。これは、二人で庭の花をとってきて部屋中に撒くシーン、同じ花ばかりで、それを撒くのではなく、椅子に置いたりするだけ。

文楽の要素を取り入れた人形は効果的でした。坊やの顔も中国人風。

ハミング・コーラスの場面など、大変幻想的で、ミンゲラの演出が光っていたと思いました。見せ場の一つでした。

画像は松竹のMETライブビューイングHPからお借りしました。

「トスカーナの幸せレシピ」@AmazonPrime

240619  Quanto Basta(ほどほどに)2018 イタリア 1h32m 監督:フランチェスコ・ファラスキ

ただ単にイタリア映画ということで見ました。見事ハズレでした。あまりにも内容が凡庸。ひねりもなにもなく感動的でもないし、そもそも出演者、失礼ながらどなたも魅力なし。

刑務所で刑期を終えた男、アルトゥーロが一人、出所します。誰も迎えなどおりません。この人、結構なの売れたシェフなんです。つまらないことでけんかした挙句、ぶちこまれたようです。過去、なんどか同じ目にあった、まあ札付きの懲りない男なんです。

刑期を早めてもらったので、社会奉仕が必要です。アスペルガー症候群のいる施設に派遣され、そこで料理を教えることに。中に一人だけ、天才的に料理のひらめきを持ったグイードという男がいます。

ひょうんなことから、若手シェフのコンクールにこのグイードが出場することになります。付き添いに施設の所長、アンナが選んだのがアルトゥーロ。コンクール会場まで障害児と札付きシェフの珍道中となります。

そして臨んだコンクール、ま、予想通り、グイードは勝ち進み、決勝へと。このあたり、いかにも安直です。さらに、グイードが宿舎から夜の街を彷徨ったり、心配して会場まできたアンナとアルトゥーロが妙な関係になったり、????。

まあ、すべて予想通りの顛末でした。実に凡庸な作品。時間の無駄でした。

「ヒトラーのための虐殺会議」@AmazonPrime

240618 DIE WANNSEEKONFERENZ(ヴァンゼー会議)この衝撃的タイトルに惹かれて見ることにしました。全編、ドイツ語による会議の模様が淡々と描写されていくので、途中、なんどか睡魔に。でも、後半、尻上がりに面白くなりました。

英語タイトルはご覧のように単に「会議」のみ。邦題のみセンセーショナルなものにしていますが、ちとやりすぎでしょう。

1942年1月20日、ドイツ南西部の保養地ヴァンゼー湖畔の豪華な屋敷に次々と高級車が乗り付けられます。ナチスの高官が国家保安峰部長官であるラインハルト・ハイドリッヒの召集に応じて参集します。

会議の議題はなんと「ユダヤ人問題の最終解決」という恐ろしいもの。ヨーロッパのユダヤ人根絶はもはや共通の前提で、もっとも効率的に抹殺する方法論まで論じられていきますので、かなり胸糞が悪くなります。つい最近見た「関心領域」のまさしく裏側の実情が事細かに語られます。

「ある閉ざされた雪の山荘で」@AmazonPrime

240618 あまり好みの分野ではありませんが、またまた娘のおすすめで見ることに。東野圭吾の同名作品の映画化で、うまくできているとは思いますが、そもそも設定にかなり無理があるようで、感情移入はほぼ不可でした。