ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

「トリトン 晴れた海のオーケストラ」第11回演奏会@第一生命ホール

221001 昨年の第10回の衝撃(第九を指揮者なしで演奏)もあり、今年も早くからチケット購入していた。

10月というのに、凄い暑さの中、会場を目指すのですが、途中、動く歩道が故障。ふと前を見ると豹柄の取手の白い楽器ケースを背負っている女性が。形状からしてヴァイオリンではないけど、ややそれに似た形で、いろいろ考えを巡らして、オーボエって結論。舞台で確認したら、ピンポーン。池田昭子さんでした。

席は前から6列目、やや左寄りでしたが、小林愛実さんの演奏ぶりはばっちりと拝見しました。

この楽団ですが、首席の矢部達哉さんの下に結集した粒ぞろいの楽団員、全部で28人です。矢部さん始め、皆さん、それぞれの楽団、N響、東響、都響などの首席奏者やそれに準ずる方々ばかりという華麗な楽団なんです。

だからこそ、指揮者なしの演奏なんかができちゃう訳でして、昨年、第九演奏が話題になったので、テレビでも特集が放映されました。それでどんな練習スタイルなのかが、多少垣間見えたのですが、もちろん矢部さんが主に指示を出すのは当然として、他の団員も気づいたことを遠慮なく矢部さんにぶつけ、それを受けて、仲間同士で侃侃諤諤とやりながら、音作りを進めていくようです。いや、今回も実に見事な演奏で唸りましたね。

イムリーにショパン国際コンクール4位入賞という快挙で一気に人気沸騰の小林愛実さんとの共演が実現、公演に見事な花を添えた形となりました。

今日の編成ですが、オーボエファゴット共2管なのに、常連のフルート、クラリネットがゼロというのは、かなり意外に感じました。たまたまそういう曲だったのかどうか。解説を読む限りでは、「リンツ」はそういう指定らしいけど、他の2曲はどうだったのか、気になります。

奏者たちの配置表です。珍しいので、貼り付けます。

終演後、聴衆に向かってのお辞儀は全員というのも、普段見られない光景で、この晴れオケでは全員が主役だという意味なのでしょうね。最後に、矢部さんが4人ほど個人を指差して喝采を浴びさせていたのは、今回初参加の奏者たちだったのでしょうか、よく分かりません。

読響 X 鈴木優人 X アレクサンドラ・ドヴガン@ミューザ川崎

220928

今日は2階の2CA5列12番という席でした。悪くないポジションですが、どちら側の通路からも一番遠く、開演10分前に行ったら、ほとんど着席していて、自席にたどり着くのに一苦労。休憩時間も出る気にはなれません。次回から気をつけないと。

今日はバッハ、モーツァルト、ベートーベンと、これから自分が参加する合唱団が本番を迎える演目の作曲家ばかりと嬉しいラインアップでした。

この曲を弾いたドヴガンさん、まだ15歳らしいけど、写真ではけっこう存在感のある顔立ちのロシア人。でも登場した姿はほっそりとして、たおやかな印象。弾き始めると、さすがに堂々としていました。鳴り止まぬ拍手に応えてアンコールを。ラフマニノフの練習曲32番の12でした。

マサトはパパ譲りでバロックが得意ですが、今やあらゆるジャンルを振っていて、少しづつ風格も出てきました。舞台上のマナーはさすが品格があります。「運命」終演後、カーテンコール3回でしたが、主要プレイヤーに喝采を促すスタイルはなし。あるいはこの楽曲が特定のパートが強く印象を与えることなく全楽器等分に鳴らしたということかな?

読響って、今日の出演者は女性がごく少数で、最近では、むしろ珍しい光景でした。失礼ながら、おじさん、おばさんばかり!いやいや、お上手なんすけどね!

「歌の大饗宴 Vol.2」@所沢市民文化センター

220925

以前からファンでもあり、数年前の椿姫(@アプリコ大ホール)では練習時にお世話になったピアニストの赤星さんからお声がけをいただき、地元での合唱練習のあと所沢へ急ぎました。

前回同様、今回もこれだけ多数の歌手や器楽奏者が勢揃い、大変中身の濃いコンサートでした。

単なる伴奏にとどまらず、企画・構成・選曲まで諸々アイディアを出され、これだけの規模の演奏会を開催しちゃうんですから、大したものです。

今回、特に目立ったのは第三部、ミュージカルでした。これまでもこうした演目は合間合間に挟むことはあったようですが、今回はミュージカル歌手を大幅に増やした観があります。とりわけ中西勝之さんが目立っていました。日本にもここまで見事に本場の味が出せる歌手は稀だと思いました。

また、ミュージカル部門が全体として目立っていたのは、この部門のみマイクを使用したため、前半に比べると、広い会場全体にうまく音が響いてたこともあったように思われました。

このホール、天井も高く舞台上は大空間で、反響板もありませんから、基本的にマイクなしで歌うオペラ歌手は結構大変だったと思います。これは器楽演奏も同様で、せっかくの名演奏も、たとえばチェロのような音色は空間に吸収されがち。どこまで後部まで届いたのか。(私の席は中央より少し前でしたから、まだ聴こえた方でしょう)

そういう意味で、レッジェーロ系の歌手にはちょっと気の毒かなと思いました。特にオペラ系の演目でない場合は、後部座席までは響かなかったのではないでしょうか。

歌手の中では、郷家暁子さん、以前から聴いてますが、さすがの貫禄で、レパートリーも広いことがよく分かります。高橋広奈さんは多分、初めてお聞きする方と思いますが、日本の歌よりジャンニ・スキッキの方が聞き応えがあったように。オペラと日本歌曲では歌い方、違いますから、向き不向きが出ることはありますね。

器楽では今回チェリストが登場されました。お上手なのですが、前述の様に舞台がこれだけ大きいと、ちょっともったいないかな、という感じで聴いてました。それとチェロを立ったままで弾くというのは初めて拝見しました。コントラバスは立ってますから、多少位置を上げれば、チェロでもおかしくはないのでしょうが・・・。

シャンソン愛の讃歌」のフルート・ソロは、「ウーン」って感じかな。こうした演目は歌詞が付いてナンボってかんじなんでね、ま、それなりに編曲はされて独自性を前面には出しておられたけど・・・。

沖縄出身の照屋博史さん、オペラより沖縄民謡などの方が聞き応え、ありました。そして、前回、「愛燦燦」で絶賛を浴びた古橋郷平さん、今回も美空ひばりに挑戦!「川の流れのように」、前回ほどではないにしろ、やはり古橋節健在で、私には素晴らしく心に残りました。終盤の転調が効いてました。

ミュージカル歌手では、前出の中西さんを除くと、余り・・・て感じですかね。まずは英語で歌うなら、もう少し発音を勉強して欲しいって思ったりしました。太田 翔さんもいいお声だけに、ちょっと惜しい!

伴奏は前回は確か赤星さん1人でやっていたのかな?今回は名手、石井里乃さんがオペラ、日本歌曲の伴奏を半分はやっておられて、非常に安定感溢れる伴奏で、Brava!!!

アンコールは全員で「花は咲く」。左から3人目の赤星さんも一緒に歌われました。

ちなみに昨年の様子はこちら➡︎「歌の大饗宴 Vol.1」

「マタイ受難曲」合唱練習開始@杉並公会堂グランドサロン

220912

以前から関心はあれど、なかなかその機会がなかったのですが、先日、ある方からお誘いを受けて恐る恐る参加してみました。指導のハイルマンさんは上のチラシにあるように輝かしい歌手歴を誇るドイツ人ですが、日本在住が長く、日本語は流暢です。

62になられたばかりのようですが、ご覧のようにチャーミングな風貌であり、話し方もとても惹きつけられます。冒頭、ご自分の略歴と今回の企画に賭ける思いをたっぷりと吐露されました。

その後、さっそく練習開始となるわけですが・・・当方の想定外の段取りでした。型通りの発声をやったり、パート別の音取りをするものと勝手に決め込んでいたのですが、豈図らんや、いきなり、「それでは、まずみなさんで歌ってみましょう」と!!!

いや、参りましたね。まさかのいきなり全員で歌い出しですよ。しかも、経験者が相当いるらしく、特に女声陣はもう普通に歌っちゃっています。男性陣は、それに比べればたどたどしくはありますが、周囲の人たち、結構歌えているので、すっかり焦りましたね。これ、ついていけるのかと。

とは言え、これってどっかで経験があると思ったのは何年か前のヴェルディのレクイエム、それから、マーラーの復活の時とよく似た図式なんです。しかし、復活の場合はすでに歌いこんでいる合唱団に追加募集でもぐりこませてもらった形でしたから、周囲が歌えるのは、まあ当然。

これに対して、ヴェルレクの場合が、今回とまったく同じ構図で、焦り具合もよく似ています。ま、それでも練習を繰り返したおかげでまずまず満足に歌えるレベルには最終的に到達したので、多分、今回もそんなプロセスを辿るかなと我が身を慰めています。

練習会場は杉並公会堂地下2階にあるグランド・サロンがメインで、我が家から1時間余り。その後、30分ほどで行ける中目黒GTホールやミューザ川崎市民交流室が加わるので、その時が楽しみです。

その名の通り、かなり広い空間です。

 

「フクシマ50」@Netflix

220911

これはほぼ説明不要の作品でしょう。よく出来ています。CGも当然駆使しているし、ほぼ実物大の建屋や内部が極めて精巧に再現されていることで、本作のリアルさが追求できたのだと思います。

吉田昌郎率いる現場と、東電本部、官邸本部との迫真のやりとりには息を呑みます。この所長が2年後に食道癌で亡くなるのは実に痛ましいです。

出演陣も熱演していて、なんどかウルっときました。最後の字幕がなければもっと高評価できたでしょう。米軍のトモダチ作戦にダニエル・カールが出ていたのが笑えました。

それにしても、渡辺 謙という俳優は、やはり存在感が違いますねぇ、その辺の人たちとは。行かずもがなの現地入りをして、さんざん顰蹙を買った当時の総理大臣役で、佐野史郎が登場しますが、損な役回りでした。お気の毒!

あらためて、ほんとうに奇跡としか思えない、いまだに解明できていないなにかで、首都圏を含む東日本の壊滅を阻止できたんだと思うと、この方々にはまことに頭が下がります。