ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

「ラ・ボエーム」@日生劇場

210612 久しぶりに生オペラを聴きに日比谷へ。

f:id:grappatei:20210612202613p:plain

f:id:grappatei:20210612202631p:plain

日本語上演は、最近は特段珍しくもありません。オペラファン底辺拡大策の一つだと思います。特に若い層に気軽にオペラに親しんでもらおうという趣向でしょうか。でも、出演者はすでにイタリア語の歌詞やセリフが身体に入っちゃっていますから、改めて日本語を入れなきゃいけないのは、難行苦行だろうと思われます。(コッリーネ役は日本人ではないですから、その苦労がしのばれます。)

日本語上演でも、日本語字幕を出してくれるのはいいことです。歌になると、何を言っているかわからないことの方が多いですから。おそらくですが、本場イタリアでイタリア人がイタリア語オペラを見る場合も、やはり同様だろうと思います。イタリア人でも、歌われれれば何を言っているのか定かでないはず。

今日は、しかしそこではなかったのです。驚いたのは演出の斬新さ!思わず「えっ!」と仰け反りますが、演出は演出家がいかにクリエイトするかということですから、まあ、なんでもありでしょう。受け入れられるかどうかは聴衆が判断すればいいことですからね。個人的にはあまりに奇をてらった、例えば舞台を現代に置き換えて、コスチュームもなにも現代風にしてしまうような演出は好きではありません。その点、今日の舞台は判断が微妙でした。

まず幕が開くと、そこにミミがいるんですよ。暗い照明の下、青灰色の衣装で、青白い無表情の顔でソファに横になって。な、なんで!!??が正直なリアクションです。本来いるはずのない主役の一人がそこにいるんですから。これはなにか霊的なものとでも言うんですかね。だから、ロドルフォやマルチェッロには見えないのです。

後からショナールやコッリーネが加わって大騒ぎする場面ですよね。今日はクリスマスイブだから、そろそろ街に繰り出そうぜって、ロドルフォ以外は出て行っちゃうんですが、彼だけ、まだちょっと詩作の続きをとか言って残ると、そこへ外からドアがノックされミミが登場という運び、ですよ、普通なら。

ところがギッチョンチョン、あとから訪ねてくるはずのミミがもともとそこにいるという演出ですよ!!!どうなるんですかぁ。不思議としかいいようがない演出です。ま、つっこみはその程度にしたいのですが・・・。ともあれ、例の「冷たい手」の場面に。最初の低い音が鳴った瞬間にもうウルウルですよ、こっちは。「ああ、こうなって、ああなって・・・かわいそうなミミ」って。

ここは宮里直樹くん、すごかったです。以前より確実に進化しています。短躯で太り気味、なんとなくパヴァを彷彿とさせちゃうような雰囲気にやられましたね。しっかり拍手が。そして、そうSi, mi chiamano Mimiです。ここは安藤赴美子さんがしっとり聞かせてくれて、もちろん大拍手。Brava!と叫びたいのをグッとこらえて。

それで、窓の外で、「おおい、まだかよぉ〜、なにやってんだよぉ〜?」って仲間の声が。だって、5分て言ってたのが、もう延々20分以上経ってますから。んで、例のアモール、アモールって、二人で最高音だして出ていく場面。日本語ですから「愛よ、愛よ」はいいんですが、な、なんと階下に降りて行くのは、ロドルフォだけ!ミミは踊り場にいて、1幕が終了。

これって、どうなっちゃうんだろうって、気になりながら、はい、第2幕。本来なら、賑やかな音がガーンて鳴って、クリスマスイブで賑わうカフェ・モミュス付近で、子供も若者もみんなワイワイガヤガヤですよ。ところが、場面はそのまんま。つまり、彼らの住む屋根裏部屋なんですが、背景に外の冬景色なんかが窓越しに見えたりちょっと変化はあります。でもまぎれもなく室内!ところが、これがカフェ・モミュスということらしいんです。かなり強引です。

確かに色々小道具を並べ立ててそんな雰囲気にしようとはしていますが、腰をぬかさんばかりに驚いたのは、ムゼッタがアルチンドロを従えて、な、なんと屋根裏部屋の窓(の筈)から侵入してきたことです。もう、この辺はなんでもありーなってな感じですよね。こちらも観念しました。もうちょっとやそっとでは驚かないぞとね。

第3幕、ここはパリ14区ダンフェールロシュロー近くにあったとされるパリへの出入り口で、毎日、早朝に郊外から物売りやら職人やらがどやどやと入ってくるところです。しかし、ここはやはり室内。税関事務所と思えば室内でも構やしないですけど。まあ、そこは置いておくとして、ここで、ミミ・ロドルフォvs.ムゼッタ・マルチェッロの歌合戦となります。全然違う歌を2組でやるわけで、こう言う時は字幕の出番で、おかげでよく状況がわかります。ちょっとおかしくて、哀しい場面です。ここも涙なしには見られません。

いよいよ終幕。今度は最初の場面、つまり連中の住まいになっている屋根裏部屋。やはり中央のソファに相変わらずミミさま、しっかりおられます。でも、他の連中からは一応見えないことになっています。見えないのだけど、演技には途中から参加しちゃうんですね、これが。

そしていよいよ別れの時がきます。1幕からウルウルしていますから、もうどうにもなりません。涙滂沱ですよ。ミミの安藤さんがうまいです。この方、以前から存じ上げていますが、舞台姿も歌唱も抜群ですからね。今回は衣装はずーっと同じ、ちょっとくすんだお針子の衣装のままで、そこはちょっと気の毒でしたが。

ということで、ソリスト陣、すばらしかったです。合唱はまったく表に出ず、すべて裏側でちょっとかわいそうでした。カーテンコールで初めて姿を現し、やんやの喝采を浴びていました。ほんとにご苦労さまでした。

実に変わった演出のラ・ボエームでしたが、終わってみれば大感激でした。主役二人を含め出演者、バランスが取れたうまさでしたね。童顔ながら、すでに中堅どころのマエストロ園田隆一郎が振った新日フィルも言うことなし。

また装置デザインもすこぶる優れていました。METの牙城に迫りそうなすばらしいもので、もうこういうレベルが普通に日本の舞台で見られるようになったのも嬉しいですね。おそらく予算的な事情もあったのでしょう、屋外シーンをすべてカットしたことで、装置も少なくてすんだでしょうし、子供たちや鼓笛隊を出せば、コロナ禍での練習が大変で、そうした裏の状況を考えて必死で考え出したプランなのだと理解しています。

幕間に、久しぶりに会った、やはりオペラ好きの先輩と話していたら、会話はご遠慮くださいとなんども注意書きを持ったスタッフが回ってくるので、さすがに諦めました。その代わりというか、終演後、ミッドタウンまで歩きながらしばし近況報告とオペラ情報交換をしました。

ミッドタウン前に日比谷公園までの遊歩道ができていて驚きました。1年半ぶりなんで、無理もないですが、東宝ツインタワービルも消滅していて、さらに驚いた次第。いやぁ、東京はすごいですね。まだまだ変貌中。

「泣いたり笑ったり」@イタリア映画祭

210611 CROCE E DELIZIA(直訳すれば、十字架と快楽だが、)、2019年、100分、監督:シモーネ・ゴダーノ(43歳、ローマ生まれ)

f:id:grappatei:20210612181803p:plain

主演陣では、かろうじてアレッサンドロ・ガスマンだけは知っていたが、かの名優、ヴィットリオ・ガスマンの息子ということで。

LGBTQものです。ちょっと意表をつく組み合わせで、最初はかなり居心地の悪いを思いをしました。映画が進むに連れて、落ち着いてはきましたが。

富裕層のトニ(ファブリーツィオ・ベンティヴォッリオ)一家と、労働者階級のカルロ(アレッサンドロ・ガスマン)一家が一夏、ローマ郊外で過ごす話です。同じ敷地内(トニの別荘の一部)であることから、互いに干渉は避けられません。

そうこうするうちに、実はトニとカルロが特殊な関係にあることが徐々に双方の家族内で知れることになります。当然、家族、とくにカルロの息子、サンドロ(フィリッポ・シッキターノ)やトニの娘、ペネローペ "ペニー”(ヤスミーネ・トリンカ)に与える衝撃がはんぱないのは大いにうなずけます。

f:id:grappatei:20210612183702p:plain

左からトニ、その娘ペニー、サンドロ、その父親カルロ

「なんでわざわざ今更、男同士で結構しなきゃなんないの!?」っていうのが子供達に共通する感情でしょう。それでもモヤモヤした、ぶつけようのない怒りが、日を経るにしたがい、徐々に変化していきます。やがて諦めに似たような感覚に、そして最後は・・・。まあ、ハッピー・エンドでよかったですが。

撮影はローマ近郊のガエータという海辺の町で行われたようです。イタリア人の感覚って、愚亭も学生時代にイタリア人家族と過ごした経験があるので、多少はわかりますが、感情の起伏をそのままぶつけ合うようなところがありますし、とくにローマを含む南部にその傾向が強いようで、怒りを露骨にぶつけ、そうかと思うとすぐ泣くし、しばらくすれば笑い合うという、およそわれわれ日本人には理解できないところが少なくないです。

この作品はまさにそうしたイタリア人独特の雰囲気がとてもよく出ていて、「ああ、やはりこうくるか、こうなるよな!」と自分の中では結構納得でした。サンドロだけがめいっぱいローマ方言なのが面白かったです。サンドロは身重のかみさんと一緒にきていますが、子供の名前をあろうことか、サシミにしようと話していて、笑ってしまいました。やめといた方がいいですね。

それと、トニが長女のペニーに、自分の感情を吐露する場面でなぜかフランス語なのです。ペニーがきょとんとして、妹じゃないから、フランス語で言われても、ってなって、親父が、ああそうだった、じゃ今のをイタリア語で言い直すよ。なぜかこういう内面的なことはフランス語の方がうまく説明できると思ってさ、という場面がまたおかしかったです。

また、二人の結婚式のパーティーと共に進行するエンドロールがすこぶるよかったです。

「活きる」@Amazon Prime

210610 活着 香港 1994年(日本公開は2002年) 131分 監督:チャン・イーモウ

f:id:grappatei:20210610225159p:plain

f:id:grappatei:20210610215007p:plain

1960年初頭から、文化大革命までのある中国人一家のたどった盛衰を描きます。

f:id:grappatei:20210610224741p:plain

毎晩のように賭け事に熱中、ご帰還にはタクシー代わりをするこうした女性が活躍。

羽振りがよかったフークイ(グォ・ヨウ)、博打で失敗し、家屋敷をカタに取られ、たちまち路頭に迷うことに。呆れた妻チアチェン(コン・リー)は幼児を連れて実家に帰ってしまいます。さすがに打ちひしがれたフークイ、心を入れ替えて、腕に覚えのある影絵職人として再起を期します。やがて妻子もそんなまじめなフークイの元に戻り、貧しいながらも楽しい我が家ということになります。

ところがこの後、次々と不幸が一家を襲います。時あたかも文化大革命の嵐が吹きすさび、そんな中、大事な一人娘を出産時の処置を若い紅衛兵たちがしきっていたことが原因で亡くします。それでも生まれた男の子、つまり孫のマントウはすくすく育ち、孫の成長を楽しみにしながら、気を取り直して生きていくのでした。

いかにもチャン・イーモウらしい美しい映像が次々に登場し、深く心に沁みます。

f:id:grappatei:20210610220448p:plain

こうした佇まい、今でも見ることができるのでしょうか。

f:id:grappatei:20210610220537p:plain

日本のそれとはまた違った趣の影絵。細部にわたってよくできています。

舞台裏では中国古典楽器奏者、ストーリーを伝える弁士、人形の操り師、など5, 6人の熱演が見られます。フークイの弁じ方が冴えます。

f:id:grappatei:20210610220924p:plain

これは怖いシーンです。いきなり銃剣がぶすりと!

f:id:grappatei:20210610221026p:plain

やがて一人娘が結婚することに。毛沢東の旗の前で晴れやかな記念撮影。

f:id:grappatei:20210610224416p:plain

長男が交通事故で亡くなります。しかも犯人は一緒に戦った同志でした。

f:id:grappatei:20210610224526p:plain

毛沢東の掛け声で、家庭でも鉄の製造に励みます。鍋釜類を集めて炉に。でも炉の温度が上がらないから、ろくな製品ができず、この計画は見事に挫折します。

f:id:grappatei:20210610224856p:plain

後天的な病で口の利けない一人娘をもらってくれた足の悪い男と出発の日

f:id:grappatei:20210610225013p:plain

難産の果てに・・・。ここは涙なくしては見られません。

文化大革命中に出産を迎えたことが悲劇でした。病院には紅衛兵しかいないんですから。えらい専門医はみんな紅衛兵の血祭りに挙げられていたのです。

ここで一計を案じた夫は、仲間たちとその先生を探し、首に例の反省文を書いたボードをぶら下げて、大声で罵倒しながら、病院へ連れてきます。ところが三日三晩なにも食べていない先生はフラフラ。とても患者を診られる状態ではありません。そこでマントウを買ってくるのですが、なんと7つも!

それを一気喰いしたもんだから、先生、とたんに具合が悪くなります。喉につまらせたと思った仲間がお湯を飲ませたら、先生の症状はさらに悪化。どうにもなりません。

出血が激しく、死相すら漂わせる娘と、こちらも死にそうな先生の間を激しく行き来する両親と夫、ハラハラドキドキなんですが、不謹慎ながら、ちょっとおかしくなったりもするシーンです。

f:id:grappatei:20210610225117p:plain

撮影中のチャン・イーモウ監督

フークイを演じたグォ・ヨウが美男でないところが本作の成功の一因だろうと見ています。対する妻、チアチェンのコン・リー、きれいだし、さすがの演技力です。

f:id:grappatei:20210610225404p:plain

 

あじさい

210608 相変わらず1日おおむね5000歩を目指し、ひたすら周辺を散歩しまくっています。幸い近所には池上本門寺呑川、それに連なる用水跡の遊歩道など、まあまあ退屈しない程度のものがあります。

f:id:grappatei:20210609172750j:plain

ところで、今はアジサイが咲き誇っていて、散歩道でよく見かけます。感じでは紫陽花となっていますが、ちょっと調べると、以下のような説明がありました。

「紫陽花」と書いて「あじさい」と読むのは、中国語表記を和名に当てた日本語独自の当て字です。紫陽花は、別名「八仙花(はっせんか)」とも呼ばれるため、八仙花と書いてあじさいと読ませる事もあります。

唐の詩人「白居易」がある寺を訪れた時、そこにあった紫色の花を「紫陽花」と名付けました。しかし、その紫色の花は非常によい香りだったと言うことから、実際のあじさいとは違う花(おそらくライラック)だったと言われています。

白居易の「紫陽花詩」の漢字の読みを日本で「あじさい」と訳して広まったのが「紫陽花(あじさい)」の漢字の由来とされています。

紫陽花の原種は日本に自生するガクアジサイで、ヨーロッパへ持ち込まれて品種改良されたものはセイヨウアジサイと呼ばれます。 紫陽花は日本原産だったんですね。

ということで、普段多く見かけるさまざまな色調な大輪のアジサイはセイヨウアジサイということになるようです。ちなみに、愚亭はガクアジサイの方が好きです。

「ブラックリスト」@Netflix

210608 THE BLACLIST こりゃまたとんでもない作品に出会ってしまいました。でも、全部で175話という、ちょっと考えられない長さで、とりあえずシーズン1の全22話を見終わったところで、一旦、離れて他の作品を見ることにしました。飽きたということではないのですが、あまりにどのエピソードもスリリングで、疲れてしまうからです。

f:id:grappatei:20210608180733p:plain

上の二人が主人公です。ジェームス・スペイダー扮するレッドことレイモンド・レディントンとメーガン・ブーン扮するリジーとことエリザベス・キーンFBI捜査官です。

このレッドが持っている世界の凶悪犯をリストアップしたものがブラックリストということで、分かりやすいです。ただ、この男、とんでもない曲者で、自らどっぷりと闇社会と繋がっていて、金回りがよく、豪勢な生活を送っています。また教養の深さも半端なく、グルメでもあり、巧みな会話力で相手を魅了します。たらしこみテクニックは超一流というところです。凶悪犯たちとつかずはなれずの関係を結んでおり、常に自分に最も有利なように立ち回り凶悪犯たちも、それを追うFBIもどちらも手玉にとります。

そしてこの二人、実は父と娘ではないかと思わせるシーンがなんども出てきますが、実際はどうなのでしょう。シーズン1ぐらいでは、まだまだ分かりません。またリジーの恋愛相手でその後結婚までするトムという男の素性がよくわからず、レッドはたびたびリジーに気をつけるように忠告します。

1話1話で一応完結するような作り方になっていますが、それでも全体で巧みにつながるような構成です。LAW&ORDER 性犯罪特別捜査班にも一脈通じるような作品です。

今まで見た多数の海外ドラマの中では、ちょっと前まで見ていた「ホームランド」、それよりかなり前に見たLINE OF DUTY(英国刑事物)、ずーっと以前に見た「野望の階段」(HOUSE OF CARDS)に勝るとも劣らない見事な出来栄えです。

ただ、ひとつだけ難を言えば、メーガン・ブーンがいまいち存在感が薄いということでしょうかね。それだけに惜しいです。