読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

「インフェルノ」

映画

161109 原題もINFERNO(イタリア語で地獄のこと)米 121分 原作:ダン・ブラウン、製作・監督:ロン・ハワード、「ダ・ヴィンチ・コード」、「天使と悪魔」に続く三部作の最後の作品。いずれも大学教授ロバート・ラングドントム・ハンクス)が主役で、謎解きに挑戦する趣向。謎解きに同行する女性が、第1作では、フランス人、2作目、イタリア人(扮する女優はイスラエル人だが)、そして3作目はイギリス人という設定。

f:id:grappatei:20161110113826j:plain

こうして準主演の女優とやたら名所を駆け回るシーンのなんと多いことよ。今回も舞台はめまぐるしく変わる。フィレンツェヴェネツィア、そして最後はイスタンブール。途中、イタリア国内を失踪する特急列車「ITALO」内でのアクションシーンなども取り入れ、観光的には大サービスしてくれていて、それだけでも楽しい。

f:id:grappatei:20161110114109j:plain

これは、ウッフィーツィ美術館の中で、ここから「ヴァザーリの回廊」(IL CORRIDOIO VASARIANO)へ通って、ボボリ宮へと逃走する二人。実際に、現地で撮影しているから、撮影の苦労が察せられる。

前半は登場人物も多く、相関関係が画面を見ていても、なかなか判然とせず、分かりにくい。ある程度、事前知識を得てから見るべし。2/3を過ぎたあたりからテンポが俄然上がり、イスタンブールの終幕になだれ込んでいくのだが、畳み掛けるリズムがすこぶる心地よい。

人類を完全な破滅から救うための特殊なウィルスを発見した科学者、それを阻止しようとする組織、さらに間に介入するWHOと、三すくみで入れ乱れるので、かなり混乱する。覚悟しておいた方がいい。

f:id:grappatei:20161110115607j:plain

博士と彼女のセオリー」などの作品で、最近台頭中のフェリシティー・ジョーンズは可もなく不可もなし。特に目立つ女優ではない。

#83 画像はIMdb, およびALLCINEMA on lineから