読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

「陥没」@シアターコクーン(渋谷)

170216

f:id:grappatei:20170217121713j:plain

54歳だから、もはや若手ではないだろうが、鬼才ケラリーノ・サンドロビッチの舞台で、設定が昔の東京オリンピック前というところと、出演俳優の多さにも興味を持って渋谷に出かけたのだが、シアターコクーンはほとんど若い、それも女性ばかりで、少しばかり居心地が悪かった。

f:id:grappatei:20170217122433j:plain

言ってみれば、なんともバカバカしい内容ながら、笑わせるツボを心得た演出で、面白く見たのだが、取れた席がABC順でO列だったこともあり、ところどころ聞き取れないセリフがあったのが残念!やはり舞台は奮発してでも、前方で見ないと興味が半減してしまう。

f:id:grappatei:20170217124448p:plain

f:id:grappatei:20170217124110p:plain

生瀬勝久、最近舞台、TV、映画と大忙しだが、この人の存在感はやはり大したもの。小池栄子も、大柄だけに舞台映えのすること!他の出演者も皆個性を大いに発揮して、トンデモの舞台になっていたのは確かだ。

かなり小柄で舞台上での見栄えはイマイチだが、水谷豊と伊藤蘭の娘、趣里(変わった芸名だ)がそこそこの存在感を示していた。そこへ行くと松岡茉優は、最近、テレビでは頑張っているが、顔といい声といい、没個性で、テレビほど目立ってないのが残念だった。まあ役柄もあるけどね。