読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

「オレはどこへ行く?」

160430 原題:QUO VADO (無論、QUO VADISから)ちなみに邦題は仮題で、もし正式に輸入することになれば、違った邦題になるかもしれない。

今、イタリアでもっとも人気のある喜劇俳優、Checco Zaloneケッコ・ザローネ)の原案及び主演。映画の中でもケッコ・ザローネで通している。

f:id:grappatei:20160501102733p:plain

f:id:grappatei:20160501102938p:plain

現代日本にも共通する内容だが、もちろんそこはイタリア式だから、どぎつい笑いを含ませながら、痛烈にお上のやり方を批判している。イタリア人に受けるわけだ。ただ、笑いの種類が少しばかり違うから、おそらくイタリアの映画館なら、大笑いの連続になったに違いない。イタリア映画に限らないが、こういうお笑い作品の字幕の作り方は、一番大変だろう。

f:id:grappatei:20160501104441j:plain

終演後、本来であればケッコ自身が登場するはずだったのだが、都合で来日は取りやめ、代理で、プロデューサーのPietro Valsecchiなる人物が登場、撮影の苦労話などを披露したが、白けるね。このことだけでも、イタリアが日本での映画祭への情熱など、とっくに失っている証しだろう。

ちなみに、間もなく開催予定のフランス映画祭は、毎年大物を団長格で送ってくるが、今年はあのイザベル・ユペールの来日が決まっている。少しはフランスを見習って欲しいと、思わざるを得ない。

今年のイタリア映画祭は新作12本、旧作2本(「若者のすべて」、「特別な一日」)という構成。事前に厳選して4本に絞ってチケットを買ったのだが、残念ながら、前半の2本はどちらも凡作。残る2本に期待するしかない。

#33