ぐらっぱ亭の遊々素敵

2004年から、主に映画、音楽会、美術展、グルメなどをテーマに書いています。

映画

「ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男」

180409 DARKEST HOUR イギリス 125分 監督:ジョー・ライト チャーチルほど毀誉褒貶がはっきりしていた人物も珍しい。この作品では、彼の最も輝かしい一瞬に光を当てた感じがする。実際、5月のほぼ1ヶ月間の出来事だけを紹介している。そこがこの作品が大成…

「ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書」

180402 THE POST(ワシントン・ポスト紙のこと)米 116分 製作・監督:スティーブン・スピルバーグ こういう作品を観ると、日本社会のアナクロニズムが大いに身につまされる。 堅忍不抜の精神で権力に立ち向かう勇気ある人々がいるアメリカは、やはり健全な…

「レッド・スパロー」

180330 THE RED SPARROW 米 140分 監督:フランシス・ローレンス 怪我で夢破れたボリショイバレーのプリンシパル、ドミニカ・エゴロワ(ジェニファー・ローレンス)が、病気の母親との暮らしを続けるために選んだ道は、ワーニャ叔父(マティアス・スーナルツ…

「去年の冬、きみと別れ」

180326 監督:瀧本智行 原作 久しぶりの邦画鑑賞。原作未読だが、映画としてなかなかよくできていて、展開もテンポよく、見せ場もうまく配分されていて、飽きる場面はなかった。 こういう作品なら、邦画もこれからもっと鑑賞したいと思う。出演者では、北村…

「ハッピーエンド」

180319 HAPPY END 108分 仏・独・墺合作 脚本・監督:ミヒャエル・ハネケ 上はラストシーン付近の映像だが、画面がスマホ仕様になっている点に注意。つまり、誰かが、ここを撮影しているということだ。冒頭も、やはり縦長のスマホ動画でバスルームで寝支度の…

「人類遺産」

180312 HOMO SAPIENS 独・澳・瑞合作。94分 製作・撮影・監督:ニコラス・ゲイハルター 冒頭、地中海沿岸のどこかの遺跡なのか、水に覆われたビザンチン風のモザイクの床絵が出てくるから、世界中あちこちの廃墟が登場するかと思ったのだが、日本がメインだ…

「息の跡」

180312 93分 撮影・編集・監督:小森はるか 小森はるか(29)は、同級生である、画家で作家の瀬尾夏美に誘われるまま、大震災の3週間後に被災地へ。何かの役に立てればいいぐらいの軽い気持ちで撮影を始め、次第に映画にしたいという創意を得たらしい。 主人…

「シェイプ・オブ・ウォーター」

180308 THE SHAPE OF WATER 米 124分 原案・製作・脚本・監督:ギレルモ・デル・トロ そう、何から何までデル・トロが一人で作ったと言っていい作品。 あえて1962年という米ソ冷戦下で、なんかもやっとした空気感の漂う時代設定、こういう時代だからこそデル…

「欲望の翼」

180306 香港 1990 DAYS OF BEING WILD 97分 脚本・監督:ウォン・カーウァイ 28年前の作品をデジタル・リマスター版で見た。香港映画ファンでもないので、知らなかったが、当時大評判になった作品らしい。出演者が、みなその後、大物になり(主役のレスリー…

「15時17分、パリ行き」

180305 THE 15:17 TO PARIS (時間の前にTHEが入っているが、これは15時17分発列車ということだからだろう)94分 米 製作・監督:クリント・イーストウッド 予告編であまりに面白そうで、封切ったらすぐ見に行こうと決めていた作品だったが・・・今回はちょ…

「ザ・シークレットマン」

180227 MARK FELT: THE MAN WHO BROUGHT DOWN THE WHITEHOUSE (マーク・フェルト、ホワイトハウスを倒した男)米 103分 製作:リドリー・スコット、ピーター・ランズマン、脚本・監督:ピーター・ランデスマン(「パークランド ケネディー暗殺の4日間」201…

「バーフバリ 伝説誕生」

180226 インド 138分、BAAHUBALI THE BEGINNING 2015年作品、脚本・監督:S.S.ラージャマウリ 伝説の戦士を扱った壮大なスケールで撮った記念碑的作品。インドで過去最大の観客動員を記録。撮影時間も投入したエキストラ人数など、あらゆる分野で記録を達成…

「ハートストーン」

180224 HJARTASTEINN(アイスランド語でハートストーンのことらしい)アイスランド/デンマーク 129分 監督:グズムンドゥル・アルナル・グズムンドソン(いかにもアイスランドらしい名前!) アイスランド映画を見るのは「馬馬と人間たち」以来だから、5年ぶ…

「サーミの血」

180224 SAMEBLOD (英語ではSAMI BLOOD) スェーデン/ノールウェイ/デンマーク 108分、脚本・監督:アマンダ・シェーネル 昨年の第29回東京国際映画祭出品作。 こういうあからさまな人種差別が起きていたこと、日本はおろか世界でも多分ほとんど知られてない…

「グレイテスト・ショーマン」

180223 米 104分 監督:マイケル・グレイシー(初監督作品)「ラ・ラ・ランド」の作詞・作曲チームと組んで、実在したP.T.バーナムという型破りな男をミュージカルとして取り上げた作品。 なんども予告編で見てたが、それほど食指を動かされなかった。単なる…

「ロープ/戦場の生命線」

180221 A PERFECT DAY(完璧な1日)2015 スペイン106分 製作・脚本・監督:フェルナンド・レオン・デ・アラノア(これが2本目というスペイン人) 監督より、出演者の顔ぶれを見て行くことにした作品。これだけのビッグネームが揃うんだから、いい作品だろう…

激動の昭和史 沖縄決戦

180217 149分 脚本:新藤兼人、監督:岡本喜八 1971年7月17日公開作品。公開後すぐに日比谷劇場で見ている。在外支店へ転勤が決まり、ヴィザ発給を延々待つ日々。とうとう挨拶に行くところもなくなり、今だからこそ明かせるが、勤務時間中に見に行った作品。…

「羊の木」

180216 監督:吉田大作 なかなか巧妙に作り込まれた脚本で、それなりに面白く見たが、設定自体に無理がある。いくら過疎地とは言え、国家プロジェクトとして、仮釈放中の受刑者、それも全員殺人犯を住民には一切極秘で一定期間住まわせ、刑務所側ではコスト…

「嘘を愛する女」

180215 予告編を何度かみているうちに、見たくなった作品。脚本・監督の中江和仁には初の長編作品というから、なかなかのもの。 5年も同棲し、愛した男が、外出先でくも膜下出血で倒れ、⬇︎警察から実は素性知れずの男と知らされた女。だまされていた悔しさ…

「スリー・ビルボード」

180209 THREE BILLBOARDS OUTSIDE EBBING, MISSOURI 米・英 116分 製作・脚本・監督:マーティン・マクドナー 自分の娘をレイプされた上、焼き殺され、しかも最後に娘に浴びせた心ない自分の言葉を絶対に許せない母親、ミルドレッド(フランシス・マクドーマ…

「デトロイト」

180206 DETROIT 米 142分 製作・監督:キャスリン・ビグロー そう、あのイラクの自爆テロを扱った「ハートロッカー」やオサマ・ビンラーディン確保・殺害の「ゼロ・ダーク・サーティー」を撮った女流監督!この2本とも大変な話題作であったし、男より男っぽ…

「ベロニカとの記憶」

180202 体調がかなり戻ったので、久しぶりにカミさんと映画を見に行った。 THE SENSE OF ENDING(「終わりの感覚」)英、108分、監督:リテーシュ・バトラ(インド人) 40年前の学生時代と現代とが交互に描かれる手法で構成されている。ロンドン北部、ハイ…

「ジオストーム」

180123 GEOSTORM 米 109分 監督:ディーン・デヴリン(55, 米、出演から始まり、製作総指揮、脚本、原案などを経て、今回初の長編監督作品に挑戦) 典型的なSFディザースター・ムーヴィー。映像が楽しめれば、それでOKという娯楽大作。気象異変が多発する地球…

「はじめてのおもてなし」

180116 独 WILLKOMMEN BEI DEN HARTMANNS(ハルトマン家にようこそ)116分 脚本・監督:ジーモン・ファーフーフェン ドイスが現在抱える難民問題と、今の普通の人たちの日常の家庭環境、ついでに社会問題などを皮肉りながらも、笑いに包まれたヒューマン社会…

「ネイビーシールズ ナチスの金塊を奪還せよ」

180112 仏独合作 RENEGADES(反逆者)105分 製作・脚本:リュック・ベッソン (59 仏)、監督:スティーヴン・クエイル(年齢不詳、米、「イントゥ・ザ・ストーム」) 邦題通り、ナチスが第2次大戦末期にユーゴ(現ボスニア・ヘルツェゴビナ)の山間の村に大…

「キングスマン:ゴールデン・サークル」

180109 英 140分 原題:KINGSMAN:THE GOLDEN CIRCLE 製作・脚本・監督:マシュー・ヴォーン(46, 英国) 冒頭のBGM、アレッと思ったら、ジョン・デンヴァーの歌うカントリーロードの旋律が流れ、これが全体の伏線になっていて、純粋な英国映画でこの出だしは…

「ダンシング・ベートーベン」

180104 DANCING BEETHOVEN スイス/スペイン83分 ベートーベンの第九交響曲をバレエで表現するという、伝説の振付師モーリス・ベジャール(2007没)の斬新な試みが2014年に東京で再現されたが、本番までのバレエ、オケがそれぞれ悪戦苦闘しながら、実現に至る…

「ヒトラーに屈しなかった国王」

171226 原題:KONGENS NEI(国王のノー、ノルウェイ語) こういう立派な元首をいただいた国民は幸せだ。本作を見ていて、日本と共通する部分もあるのだが、決定的に違うところが、国王が敢然とナチスにも、また政府に対しても自分の意思を伝えて、その通りに…

「否定と肯定」

171222 原題:DENIAL(否定)英米合作 110分 監督:ミック・ジャクソン(74歳、英国人「ボディガード」1992)原作:デボラ・リップシュタット 久しぶりに観た重厚な法廷ドラマ!ホロコーストが実際に起きたことを証明しないと敗訴?そんなバカな!!と思うが…

「J:ビヨンド・フラメンコ」

171221 スペインが大好きだったHI君の追悼会の前に、渋谷の映画館で見た作品。けったいなタイトルだが、Jはスペイン語ではホタと発音する。つまり、ホタはフラメンコを越えて存在すると言いたいようだ。尤も、原題はJOTA DE SAURA(サウラのホタとごくシンプ…